D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

6/4最近のニュースから(アニメ関係など)

2005-06-04 07:49:52 | テレビ等
◆昨夜6/3,面白いテレビ番組がなかったので
(チラッと宜保愛子細木数子の番組やってるのを
 目撃しましたが,保護観察制度について「法律をつくるだけじゃ
 だめで実行する人が必要」と,至極あたりまえのことを曰ってました。
 神妙な顔で拝聴していたトクさんら,内心どんな気持ちなんだろう?)
 5/22(日)に録画しておいた「アニメ主題歌大全集」(公式HPはありません。残念)
 をつけてました。

 ささきいさお御大,水木一郎アニキ,すごいパワフルヴォイスですね。
 電波を通じてもビンビンくるのですから,NHKホールにつめかけた観客は
 感電ものですね。ラス前の「銀河鉄道999」,背景に空飛ぶSLも出て
 全然関係ないけれど「歌のトップテン」を思い出してしまいました。
 ※ちなみに同番組で歌われたアニメソングは初代ガンダムの映画版主題歌「めぐりあい宇宙(そら)」と
  特別枠でドラえもんの「まる顔のうた」くらいですよね。


 女性陣はアニソン女王堀江美都子・「キューティーハニー」「魔女っメグちゃん」の
 前川陽子さんらがおなじみの声そのままで熱唱。本当に年とりませんね。
 水森亜土タン…実年齢はもうおばあちゃんなのに永遠の「亜土ちゃん」ですね。
 マイクとの相性が悪かった?それともコンディションがよくなかった?
 声のパンチが弱くてコテコテの亜土臭がちょっと弱い感じがしました。

 みなさん本当にノリノリで,会場と一体となってすごい盛り上がりと
 なっていましたが,あまりかわいいフリフリの衣装で出てこられた
 一部女性陣には少し引きました(ポケモンの松本梨香さんがボーイッシュに
 出てこられたのは正解。時間的ギャップもあまりないし)。あと,
 全ラメのノースリーブで出てきた「キン肉マン」串田アキラ氏にもちょっと(○○っぽい)w。
 あと「あしたのジョー」の尾藤イサオ先生,変な若作りスタイルで,
 一人だけなんか週刊ヤングマガジンみたいなテイストでした。

 「ドラえもん」「サザエさん」「踊るポンポコリン」などが
 オリジナルでなく集まった歌手の方々の合唱で賄ったのはまあしかたないですか。
 ※「ハイ,タケコプター!」の声は松本嬢が担当。
 エンディングの「踊る~」で背景の幕が上がったときにはBBクイーンズが出てくるかと
 一瞬期待しましたが,前半で登場したアンパンマン一族の着ぐるみだったw。

 「タッチ」(岩崎良美)などのアイドル主題歌は森口博子が担当。
 彼女自身の持ち歌はZガンダム、ガンダムF91の主題歌で記憶や記録に残るものでは
 なかったですけれどNHKとしては起用しやすいユティリティシンガーといった
 ところでしょうか。彼女が最初に「キューティーハニーで~す!」と言って出てきた
 ときには,私「キューティーハニーはサトエリだろ!」と瞬速で内心ツッコミ。
 台本通りとはいえ大変だなと思っていましたが,親子連れ中心の観客には
 その違いなどどおでもいい事らしく暖かい拍手が。売れて食っていくために
 バラドルやってましたけど,歌いたくてアイドルになっただけに嬉しい仕事だった
 でしょうね。

◆若貴の確執問題とひっくるめて一緒に書こうと思っていたのに
 うっかり書き漏らしたのが,名探偵コナンの作者と声優がケコーン!の話。
 高山みなみ嬢,すごいですねぇ。41歳の玉の輿!
 青山豪商剛昌先生,なんといっても不動の高額納税者ですから。

◆週刊少年チャンピオンにヤマケン版BJ黒い医師が登場。
 私,これまで再三ボロクソに書いてきましたが徐々にトーンダウン。
 まぁ慣れてきたっつーか,どうでもよくなったというか。
 まして今回は今のアニメシリーズでは絶対やらないであろう
 『人間鳥』。
 筋肉少女帯の歌のメロディーで
 「トーリトリトリ鳥人間♪」と脳内BGMを流しながら開いてみましたよ。
 で,

 あいかわらずツッコミが浅い!!!

・薬害で足が不自由。その他の体の部分も不自由で
 寂しく空を見つめていた少女に鳥の翼をつけてあげた。
 無茶すぎ!
 彼女が手術を希望した動機として弱すぎるから,
 その熱意に動かされたというBJの言葉も「してみたかったから」
 の付け足しにしか思えない。“黒い医師”だから興味本位に
 少女の体を弄んだマッド・サージャンっていうのなら
 もっとそれらしく描け。中途半端ぢゃ。

・体が不自由な人間に翼を付けても筋肉不足で飛べない。
 オリジナルでは特に気にならなかったけれど
 リメイクするなら放置するな。
 プロペラ付き自転車で人間は空を飛べることを考えると
 鍛えた下半身並みの筋肉をつければなんとかなるか。
 ベン・ジョンソンみたいにドーピングくらいはさせとけよ。
 人間が地力で空を飛ぶのなら外見が変わるほかにそれくらいの
 リスクは負わないと。

・(ネタバレ)最初鳥人間だった美少女が最終的に人間鳥になってしまうという
 衝撃の結末。
 怪奇マンガと称されていた初期のBJにはありの設定だったわけだけど
 これもまたヤマケン版では動機の薄さが浮き彫りになってしまう。
 登場人物,皆おまえら頭おかしいだろ?!
 好奇の目にさらされて,見せ物にしようと追いかけられるのが嫌なら,
 再手術でもっと状況は悪くなるじゃないの!
 あれだと戸籍も失うだろうし,何されても人権を主張できないぞ。
 
・で,いつもの通り,前半で大ゴマ使いすぎでページを浪費し
 バタバタの最終ページ。
 読者が登場人物のその後に思いを巡らせるよう,
 余韻をもたせる締め方をすることはできんのか?! 

 というわけで,まぁがんばって。


********************
※この駄文をお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 参考にするというかた→ここをクリック!
 何を今さら…というかた→ここをクリック(ーへー)
 (人気ブログランキングにジャンプします。
よろしくおねがいしマス。^o^)ノ

********************

キューティーハニー SONG COLLECTION SPECIAL
アニメ主題歌, 前川陽子, les 5-4-3-2-1, 根谷美智子, 高乃麗
コロムビアミュージックエンタテインメント
このアイテムの詳細を見る

サトエリ・倖田來未版サントラはこちら。


SF&スペースアニメ大全集1
子門真人, コロムビアゆりかご会, ささきいさお, 十田敬三, ボーカル・ショップ
コロムビアミュージックエンタテインメント
決定版!ロボット・アニメ・ベスト・コレクション
テレビ主題歌, 水木一郎, こおろぎ’73, コロムビアゆりかご会, ささきいさお, 東京荒川少年少女合唱団, ブレッスンフォー
コロムビアミュージックエンタテインメント
スーパーロボット魂 ザ・ベスト Vol.1~スパロボ編~
テレビ主題歌, 水木一郎, 影山ヒロノブ, 佐々木功
ソニーミュージックエンタテインメント
続々・テレビまんが主題歌のあゆみ
テレビ主題歌, 堀江美都子, コロムビアゆりかご会, 若林一郎, 菊池俊輔, 木島始, あかのたちお, 水木一郎, こおろぎ’73, 林春生
コロムビアミュージックエンタテインメント


CD-BOX Isao Sasaki
佐々木功, コロムビアゆりかご会
コロムビアミュージックエンタテインメント
歌のあゆみ 4
堀江美都子
コロムビアミュージックエンタテインメント
ぼくがいる
伊織, 高山みなみ
ポリドール
OTAKEBI 2
水木一郎, 山本一郎
コロムビアミュージックエンタテインメント


過去のブラック・ジャックエントリー

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安田記念展望~混戦模様だか... | トップ | 安田記念予想…やっぱ格と経験... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ等」カテゴリの最新記事