D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

M-1グランプリ2004感想

2004-12-27 00:53:00 | テレビ等
今年も『M-1グランプリ』の季節なんですね。
見逃さずに最初から見ることができました。
毎回,うまいこと生放送で時間ピッタリにおさまって大したものです。
(去年は「時間オーバーした組がいたのに
 罰則がないのはおかしい」なんて論議がBBSで
 わき起こったものでしたが)

冒頭,のっけから審査員の小朝氏が
「このメンバーならアンタッチャブルは負けるわけにいかないから
 他の組がどう潰しにいくか楽しみ」
とぶち上げ,不穏な空気(出場者へのプレッシャー)を
巻き起こしてくれましたが,結果は…

2005年の感想はこちら。

千鳥(吉本興業 大阪)
中世の妄想芝居ネタ。趣向は面白かったけど,
これ一本で時間いっぱい引っ張るには密度が低かった。
ABCお笑い新人グランプリ受賞は,結局,
「荒削りだしこれからもっと面白くなるだろう」という
期待料だったのでしょう(友近のほうがずっと上手かった)。

タカアンドトシ(吉本興業 東京) 615点
あまり覚えていないんですが,たしか,
「世間に顔を覚えてほしい」というネタでしたか。
顔をこねくりまわされて「俺の顔はツボか?!」
「俺は鑑定士か?!」
うまくまとまっていて,けっこういいところまで3位圏内に。

東京ダイナマイト(オフィス北野)
いきなり(RAGFAIRの1人を大げさにしたような)変化球っぽい
衣装で登場。タクシーネタ,普通に面白かったけど,
賞を獲りにいくパワーにはイマイチ。
小朝氏に「もっと面白いネタがあるのになんでこれにしたの?」
「教えて下さいよ!」
司会・今田氏「自分で気付けよ!」

トータルテンボス(吉本興業 東京)
やたら相方を生理用品呼ばわりするテンポのいいネタ。
商品名がやたら出てくるのでNHKでは無理なネタと思いますが
本格派でもっと他のネタも見たいと期待させるコンビでした。

南海キャンディーズ(吉本興業 大阪) 639点
う~ん,山里氏のツッコミがすごく上手いのは間違いないんですが,
僕としては,しずちゃんの素人くささ・ぎこちなさ・
ボソボソした聞き取りにくいセリフが許せないというか
好感がもてないです。したがって,それほど笑えませんでした。
3位に入ったということもそうですが,
7人中,6人が90点を与えたのには驚きです。

POISON GIRL BAND(吉本興業 東京) 603点
中日(の帽子)のネタで高得点を獲得したのは嬉しかったですが,
それほど会場でウケていなかったように思われた
(ていうか,僕が聞いてて退屈した)ので,高得点は意外。
新感覚ってやつでしょうかね。
小朝氏「いつもより1秒速かった。ゆっくりやってれば
 もっと面白かったはず」

笑い飯(吉本興業 大阪) 615点
前半は指の呼び名ネタ,後半はいつもの交代連発ボケ
パターンの二宮金次郎ネタという構成。
前半をいつもの機関銃のような怒濤の笑い飯流テンポで
運ぶ形にできていたら最終決戦に残れたと思いますが…
上方お笑い大賞に続き,不発に終わってしまいました。

残り2組を残して2位タイ。しかも,タカアンドトシとの間で
高得点をつけた審査員の数が1人対2人(残り4人は同点)で
負けていたという理由で,アンタッチャブルが
終わった時点で敗退が決定。
「(落として)いいんですか?!
 2本目に用意したネタ,すっごく面白いですよ」

往生際の悪さが,なんか彼ららしくてw。

アンタッチャブル(人力舎) 673点
人をなめたボケと絶叫ツッコミが炸裂!
結婚の申し込みネタで貫禄のトップ通過。

麒麟[敗者復活] 634点
上方お笑い大賞新人賞を受賞したばかりの麒麟,
「いい声」を活かした癒し心理療法ネタ。
比較的淡々と始まりましたが,グイグイと盛り上がり,
クマさんとの相撲でクライマックスに。
「ハアハア,君,何かスポーツしてた?」
オヤジがよく言うセリフ!w

最終決戦は,くじ引きの結果,
(1)アンタッチャブル,(2)麒麟,(3)南海キャンディーズ
の順でネタ披露。

で,7人の審査員の投票結果は,
アンタッチャブル6,南海キャンディーズ1 となり,
皆さん,報道等でご存じのとおり,
アンタッチャブルが優勝したわけです。

まあ,『上方お笑い大賞』の回でも書きましたが,
アンタッチャブルは去年のM-1でも一番面白かったですから
今回も,2回のネタ,どちらもトップの出来で,
1000万円の行き先として順当だったと思います。

しかし…麒麟に,最後1票も入らなかったのはどうなんでしょうか。
第1回のM-1から存在を知られている麒麟でさえ
南海キャンディーズを下回るというのは,
敗者復活組には投票しない(間違っても優勝させない)
というのが暗黙の了解になってるのでしょうか。

<color=darkgreen>■最終決戦のネタは,
アンタッチャブルが,万引きで捕まった高校生のネタ,
麒麟が,100キロマラソンの実況のネタ,
南海キャンディーズが,司会の井上和香に対して
 「私の方が勝ってる」と話を振ったり
 「赤ちゃんに顔を見せてゲロ吐かれた」
 「写メールで風景撮ってるだけでワイセツ容疑で捕まった」
 などの自虐ネタ

でした。
アンタッチャブルは,以前このネタは見たことが
あります(たぶん『エンタの神様』)が,その時よりさらに
パワーアップしてました。

麒麟は上方お笑い大賞を獲ったネタで,
完璧なネタ運びだったと思います。

南海キャンディーズは…スカッと笑えないんですよね。
これは個人的好みなのでご容赦ください。
慣れてくれば好きになるかもしれませんし。
いまどきのバラエティで芸能人を大勢集める番組なんかだと
いじりやすくていいと思うんですけど。

■今回,島田紳助氏が芸能活動無期限自粛ということもあって
松本人志氏の姿も審査員席にありませんでしたね。
そして島田氏のかわりに西川きよし師匠が審査員席に。

今年のきよし師匠は,なんか年寄りくさい事をいう
うるさいおじさんというキャラで売っているようで,
ピント外れというか勘の悪い喋りを連発。
「去年と同じく敗者復活組が最終の3組に残った」
というコメントがうまく言葉で表現できなかったり。

まわりが待遇に困っている様子がそこはかと漂ってきます
(関西ローカルですと,もっとはっきり「黙ってて」
「こっちの席にきてそのまま消えていった奴,なんぼでも
 知ってるんや。(だから見捨てんといて)」
 などとやりとりしてるんですけどね)

南原氏は,今回も「(初出場組など)ネタを殆ど見たことない」
と公言,若手の舞台もしっかり勉強している小朝氏との
差を隠しもしませんでした。
千鳥のネタに対し「メルボルンはオーストラリアなんで,ローマと話が
合わないんじゃないか,ってところで話に入り込めなかった」
などと些末な点にコメントしたり。ただ,この点については
「そんなん最初からデタラメな話なんだからボケみたいな
 もんだろう」と思いつつも,確かにそこでフッと
冷めたかなという気はします。あのあたりはもともと笑える
ポイントの少ない時間帯だったのですが。

それにしても…昨年に引き続き司会を務めた今田耕司氏の
そつのない進行ぶりもさることながら,
井上和香氏の司会ぶり,すごくよかった。
声もいいし,そこらの局アナよりよっぼどいい!
どこで勉強するんでしょうか。
去年,週刊誌のグラビア4大巨頭2003
(井上和香・小野真弓・インリン・“新体操の女王”小森未来。
 僕が勝手に名付けました)だった頃は
「なんでこんなに売れているんだろう」と思いましたが,
会って話をすると好感度がすごくアップする人なんですね。
プロミスのCMも,あの声吹き替えかと思うくらい
いい声だし。

ともあれ,今回は本当に楽しめたし,納得のM-1でした。
今田氏に「妙にバラエティ慣れしてるところが気になります」
などと揶揄されてましたがw
アンタッチャブルの以後のますますの飛躍を期待します。

●オートバックス『M-1』グランプリ公式HP
※12/26深夜現在,大変回線がつながりにくくなっております。

ほぼ日刊チロリ通信さんが詳細実況。
辛口コメントが多いですが,番組の出来事はよくわかります。


※このエントリーをお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 役に立ったというかた→ここをクリック!
 (人気ブログランキングです。12/19現在テレビ・ラジオ部門10位!ありがとうゴザイマス ^o^)/

コメント (15)   この記事についてブログを書く
« 有馬記念2004回顧 | トップ | かってに大奥~第二章~配役... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チロリ)
2004-12-27 08:40:46
ようやくまともなM-1レビューサイトにたどり着きました。TBありがとうございました。

決戦で麒麟1票なかった件については、どれか1組という選び方でアンタッチャブルが抜けていたので、これは仕方ないのでは、と思いました。むしろ、カウスの南海1票の方が変な感じがしたくらいで。
次郎三郎 (次郎三郎)
2004-12-27 12:29:49
ものすごく詳細なレビューですね。自分の考えをまとめるのに役に立ちました。

今年も熱い戦いでしたね。来年も楽しみです。
ネタ二つやっちゃってる (favorite_son)
2004-12-27 12:47:12
 TBありがとうございました。



 笑い飯は残念な結果に終わって個人的にも不完全燃焼です。千鳥も同様。



 チロリさんのおっしゃるように、南海キャンディーズにカウスさんが1票っていうのは変な感じがしました(笑)。
笑い飯残念です (ちー)
2004-12-27 13:01:18
トラックバックありがとうございます。

大変的を得ていて詳しく書いていらっしゃいますね。



私は笑い飯に最終決戦に残って欲しかったので、タカアンドトシと同点という時点でもう気が気でなく、アンタッチャブルのネタのとき、すべれ、すべれ、と願っていました(笑



南海キャンディーズは私も笑えませんでした。









Unknown (マサキ)
2004-12-27 16:08:47
トラバありがとうございました。



かなり笑いのツボが違うようで(笑)、

レビュー読みながら、なるほど~とかなり感心させていただきました。

笑い飯は実力があるだけに残念でしたね。

Unknown (イニヘイロ)
2004-12-27 18:07:27
トラックバックありがとうございました。



M-1はなんというか、年々、漫才の一番を決める大会から

一番面白いコンビを決める大会になっていってる気がします。

それがいいか悪いかはまぁ別として。
Unknown (huu)
2004-12-27 18:54:46
トラバありがとうございます

  

笑い飯非常に残念でした

南海より笑い飯のほうが面白かったような気がしたんですがねー

麒麟に一票も入らなかったのは非常に不満に残る

今年のM-1でした
Unknown (ひろ)
2004-12-27 19:39:44
トラバありがとうございます



今までのM-1王者は最近テレビで全然ネタをしていないのでアンタッチャブルにはぜひずっとネタを続けて欲しいですね。

でも、アンタッチャブルが優勝した事で何が漫才で何がコンとなのかわからなくなってきた(-_-;)
Unknown (ay-lucky)
2004-12-27 22:03:42
トラックバックありがとうございます。



とても詳しいレポートで、最後の方しか見れなかったわたしにも分かりやすいです。

笑い飯が最終決戦に残っていなかったことが意外でショックですが、やっぱりテンポが悪かったのですね。残念です。

最終決戦の中ではわたしは麒麟が一番おもしろいと思ったので、一票も入らなかったのが不思議でした。

南海キャンディーズはわたし的に笑うところが分からなかったです。
Unknown (rare)
2004-12-27 22:37:44
TBありがとうございますっ。

すばらしい評論!?ですね!見習いたいです。

私のブログでは書かなかったんですが笑い飯が最終決戦に残らなかったことが残念でした!(こういう方多いみたいですが)

ネタは前半やっぱりいまいちだったけど本人達が自分でいっちゃうくらい面白いネタを見たかったです><

ちなみに私も南海キャンディーズわからなかった。。。

裏でなんか動いてたのか!?とも思っちゃいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事