D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

JR福知山線事故(2)…マスコミ,おかしくないか?

2005-05-05 12:37:45 | 尼崎福知山線脱線事故
25日のJR福知山線塚口・尼崎間の脱線・衝突事故から10日。
JR西日本が抱えてきた闇の部分が次々とあらわになってなってきていますが,
連休中の今朝のテレビ各局の報道を見ていると,
報道する側も感情的・扇情的な方向に偏ってきているように見え,
逆に醒めてしまうところがありました。

◆今,この事故で“旬”な話題は次の3つ。
(1) 衝突電車に乗り合わせたJR職員が救援活動をせず出勤した件
(2) 事故当日,天王寺管区の車掌区長ら43人がボウリング大会に興じていた件
(3) 遺族の1人・藤崎光子さんがJR西に,被害者名簿を求めたところ拒否された件

(1)については,27歳若手と59歳ベテランの2運転手がともに現場に居合わせて
 惨状を目の当たりにしながら,現場を離れてのこのこ出勤したということで
 当事者(JR西日本)の関係者だというのに,そこに居合わせた赤の他人でも
 とるであろう行動をとらなかった意識の低さが問題となりました。

(2)については,新聞掲載のコメントで漫画家やくみつる氏が述べていたように
「ルーティンだけ無難にこなし,オフはオフとして与えられた福利はすべて
 謳歌しようというサラリーマン気質を感じる。鉄道事業というのは
 もっと何かを意気に感じてやっているものかと思っていた。
 (中略)今回の事故では,労務管理の厳しさや懲罰的な再教育など
 問題が労働の側から語られすぎている気がしていたが,
 結局労使ともに体質は同じなのかとがっかりした」


すなわち,労使ともに緩みきっていたという一言に尽きると思いますが,
活字メディアはまだ(いろいろな声を含めて)事実を伝えるという姿勢を
保っていますが,テレビはどうも主観的・感情的な意見も
被害者や視聴者の代弁だといわんばかりに織り交ぜて垂れ流している
傾向が目につくようになってきました。

ワイドショーはいつもこうなのでしょう(お茶の間の視聴者も
はっきりした論調を求めているのでしょう)が,
問題を起こした当事者を叩いておけばいいという姿勢は
見ていて不快すら感じるものがあります。

(1)について
「情報ツウ」の女性コメンテーターは
事故車両に乗っていた運転手が上司に携帯で連絡したこと自体を
非常識だと非難していました。
その会話の内容を非難していたのかもしれませんが,
「救援もせずに上司に電話していたのは信じられない」という口調でしたから
そのコメントははっきり言って理解に苦しみます。
出勤途中で異常事態が起こったのだから報告は当然の話だし,
それが単なる遅刻の報告に終わってしまったから問題なのであって
会社への状況報告なり救援活動なり,上司の指示を仰ぐのは当然でしょう。
結果的にJR西日本のやった事は最悪の選択だから
根本から否定しておけという態度には眉をひそめます。

(2)について
社長だか安全対策本部長だかが記者会見でこのことを
責められていました。
その会見での,当時の経緯を問う記者たちの態度といったら…
ボウリング大会の参加者である区長らがいったん出社したのは
何時で,大会の現地に何時に集まり,何時に始まったか,
その詳細を聞くのに,異様にいらだった口調で問い詰めていたのです。
「だから何時だったかと聞いてるんです!」
「Q&A,メールで送っただろうが!」

これまで,JR西日本側の発表や報告は嘘が多く,
後で二転三転することが多かったとはいえ,
その発表をそのまま流したからといってマスコミの誤報になるわけでは
ないし,それほど詳細なことが大事なのでしょうか?
少なくともこの件については。

雪印乳業の食中毒事件で社長が「私は寝てないんだ!」
逆ギレして,墓穴を掘ったことがありましたが,
その時,「私だって寝てないんだ!」と言い返したバカ記者もいました。
どうも,その時と同じような臭いを感じるのです。

そりゃ,JR西側としては
「有休とってたんだからボウリングやろうが何しようが勝手だろ」
とは口が裂けても言えませんが,取材する側も
「我々マスコミが,大事件の一報で大変な状態だった時間帯に
 のうのうとボウリング大会なんかしてやがって。
 事の重大さがわからないはずないだろう」
と,自分たちの立場と比較してけしからんとか非常識だとか
だから批判しよう世間に訴えようとしているふしが見受けられます。

乗客の命を預かる自分の会社が大事故を起こしたとなったら
気持ちとして,親睦会なんかやってる暇はないだろうと,
それなのに半分の20人くらいはボウリングの後の飲み会まで参加してたと,
どういう神経をしているんだ という感情は誰でも持つでしょうが,
ことさら報道する側がどうこう言う問題じゃないでしょう。
それが同じJR西でも中国地方の遠く離れた県の職員だったらどうなのか,
火事や水害,地震,ハイジャックなどの事件だったらどうなのか,
立場やトラブルの内容によって妥当か不当か,考え方は変わってくると
思います。報道する側は,ことさら善し悪しに言及しなくとも
事実をきちんと市民に伝えさえすればそれでよいのではないでしょうか。

気持ちとしては,鉄道マンなら休暇返上で職場に駆けつけてほしい
という期待を持ちたいところですが,正直なところ,僕がその立場だったら
誰かが「中止して会社へ行こう」と声を挙げてくれないかぎり,
ダラダラとその場に居続けただろうと思います。
JR西日本社員27200人(本体)のうち40人余が休日を切り上げて
職場へ駆けつけることが常識なのか正義なのか規則に沿って正しいのか,
規則を超えたところでしなければならないことなのか,
JR西日本の体質を象徴する出来事の1つではありますが,
この件1つを取り上げて,
さも当然であるかのごとくバッシングに同調する気にはなれません。
(ていうか,他にももっと調べて報道すべきことがあるでしょう)


(3)については,TBSの朝の顔となったみのもんた氏。
事故で亡くなった藤崎道子さんの母・光子さんが被害者のネットワークをつくるべく
JR西日本に被害者の名簿を求めたところ,拒否された。
藤崎さんが手紙を書いて,JR西が各遺族や被害者に配るというのならできるというので
書いたら,一部書き直させられたと。
書き直させられた文面では,真意が伝わらないからと,現場の献花台に訪れる遺族らに
再度真意が伝わる文面に書き直した手紙を直接渡そうと,藤崎さんは現場に赴くと。

J西も,なまじ検閲などするから反感を買うんで,
封をした手紙の形で受け取って右から左へ届けておけばよかったのですが,
被害者の名簿を渡さないのは今どき当然のことでしょう。
プライバシーの保護のため学校の卒業アルバムにも名簿が載らない,
町内会の名簿を各住民に配ったり公開することもできないこの御時世に,
遺族とはいえ,名簿を見せたり渡すことはできるわけがありません。

藤崎さんも,(他にも数々の非礼な対応に直面してきたかとは思いますが)
名簿を見せないことを「冷たい対応」と決めつけた書面を遺族らにばらまくのは
いかがなものか。
J西としても,他の遺族にまちがって予断や変な感情を煽りかねない文書を
自らの手で配るなどかんべんしてほしい,また,誤解して書いてあるようなものを
配って逆に藤崎さん自身に迷惑がかからないようにと(余計な)配慮で
書き直しをさせたのかもしれません。

マスコミとしては「個人情報保護法もありますし,プライバシーの問題も
ありますから,確かに名簿の公開というのは難しいんですけど」
と一言断った上で話を進めればいいのに,
それをすると「遺族の顔」である藤崎さんにケチを付けることになる
とでも考えたのでしょうか,プライバシーの問題にはまったく触れず,
一方的にJ西の非人情ぶりを訴える報道。

TBSの朝番組では,
J西のコメント「誤解を生じる点があるので書き直しを求めた」
女性アナ「名簿を出さないのは遺族のプライバシーを守るためであって,
 対応が冷たいというわけではない,ということだそうです」
みの氏
「名簿が見たいと言ってどこが悪いんですか!
 JR西日本,くだらない言い訳を言ってるんじゃないよ!

 藤崎さん,してほしいことがあったら何でも言って下さい。
 テレビを通じて遺族の皆様に伝えますから」


みの氏,名簿を渡せないの,当然わかっています。
名簿を見たいのは当然ですけど,名簿を見せないのも当然なんです。
だから,当然TBSだって取材で(または系列のMBSを通じて)
遺族の名簿は持っているはずですけど,
みの氏は「TBSが見せてあげます」とは言わないんです。

泥棒にも三分の理といいますが,
「絶対的正義」である被害者や遺族の人でも,
誤解や間違いがあれば誰かが正すべきです。

テレビの場合,全体の1%にもみたないほんの一言だけが耳に入って
「J西を擁護するとはけしからん」などと抗議するバカ視聴者が
多くて,それに合わせて,「“正義”はとことん持ち上げる,
加害者=“悪”は問答無用で叩く」
というのが処世術なのかもしれませんけど
そんな程度の低い現状,ホリエモンに参入でもしてもらわないと
打破できないんでしょうかね?
(彼が入ったら,「視聴者の求むもの第一主義」でもっと程度の低いメディアができそうですけど)

そんなこと言っている私ですが,
同じTBS,みのさんの『サタデーずばッと』の年金食い潰しシリーズを
見ていて,社会保険庁には一分の理も見いだすことができません。
小泉さん,あの組織は早急に解体して下さい。

前回のエントリー「JR福知山線事故・遺族の憤懣に思う」

※コメント欄に書きましたやしきたかじん番組について→「福知山線事故(3)…マスコミにもの申した?番組」
 福知山線事故(4)…勘違い連中を茶化し斬りさせていただきます

みのもんた十八番勝負―おもいッきり対談集

日本テレビ放送網

このアイテムの詳細を見る


※JR西日本のダイヤ編成の問題を分析
 ダイヤは過密ではない(たなか@さくらインターネット)

********************
※この駄文をお読みいただいて
 面白かったというかた→ここをクリック♪
 参考にするというかた→ここをクリック!
 くだらん!お前のblogはいつもくだらん!…というかた→ここをクリック(ーへー)
 (人気ブログランキングにジャンプします)
********************

最強ブログ
テンプレートを作ろう
FC2ブログ>>>


5色から選べる!レポート機能つきのシンプルで使いやすい無料カウンター


定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?

新潮社

このアイテムの詳細を見る

続・事故の鉄道史日本経済評論社

JR東日本を変える「CS」運動―“攻めのアンゼン”への全員チャレンジ 岩井 正和  ダイヤモンド社

鉄道事故と法
佐藤 潤太 (著)
文芸社 2005/03刊
鉄道重大事故の歴史
久保田 博 (著)
グランプリ出版 2000/06刊



コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKマイルカップ 2005展望 ... | トップ | anego第3話&ヒルズに恋して... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブライト)
2005-05-05 17:11:24
凄い同感です。。。

JR西日本の対応は、呆れかえるんですが

それに対し怒鳴りつける記者もどうかと思います。

ましてや、ボウリングのことでですからね。



ボウリングをしていることは能天気だなとは思いますが、

酒を半分以上の人が飲んでいたと強調して報道していたのも…

ボウリングして騒いだら酒くらい飲むだろうっていう感じです。

問題は酒とかじゃなくて、

事故のさなかにそんなことをしていることが問題なんだろと。

つまり飲酒を報道する意味が全くもってないです。



朝の、みのもんた氏はなんていうかミスマッチという印象です。

西日本の社員が普通に出勤していたのを怒る横で

女アナは噛みまくりですからね。

こりゃ視聴率悪そうだな・・・なんて思ったり(汗
納得です。 (basil_taste)
2005-05-05 17:39:09
マスコミに対するご叱責、誠に同感です。

JR西日本の対応も確かに良くないものですが、その誠意を一生懸命出そうとする中、裏を返すように叩き上げるマスコミの攻撃力には「マスコミとはそれほどに偉いのか?」と首を傾げるばかりです。

わたしも「朝スバ」は毎朝のように見ておりますが、同様にこの発言には呆れてしまいました。

個人情報保護法が施行されたということもありますが、みのもんた氏のやろうとしていることは、その法律を侵害するおそれもあります。

やはりマスコミは悪いと思った標的を打ち砕くことで快楽を得るとでも言っても過言ではないでしょう。
はじめまして (みさき)
2005-05-05 18:36:52
はじめましてみさきです。私はパソコンを始めたばかりなのでブログを

書くのも初めてなので皆さんに教えてもらおうと思い皆さんのブログを見に

遊びに来ました。これからヨロシクお願いします。

みさきのブログは昔の体験やこれからの生活を書いて行こうと思います。

また遊びにきます。
Unknown (人生芸無)
2005-05-05 20:14:51
TBありがとうございます。



マスコミは他人の悪いところだけを徹底的に叩き、自らの非があっても話題に取り上げず、うやむやにしているというのが現状だと思います。

私は小さい頃両親に『人のフリ見て我がフリ直せ』と言われました。マスコミはそろそろ自らの非も直すべきではないでしょうか。

私も同感です (もんまっち)
2005-05-05 20:53:08
はじめまして。

私も今回のマスコミの報道姿勢に疑問を感じています。

マスコミ側で自らの姿勢にブレーキをかけるコメントが

見られないのが残念です。
マスコミの論調はおかしいよ (タリカス)
2005-05-05 22:02:28
トラックバックありがとうございます。

マスコミの論調は



遺族はかわいそうな人

JR西日本は悪党



というカラーに終始しています。亡くなった方の人となりを連日のように報道していますがこういうのってプライバシーの侵害や個人情報保護に抵触しないのだろうか?
すこし、ほっとしました。 (30歳男)
2005-05-06 12:55:53
私も、このところの脱線関連のニュースを見ていて、「マスコミが、いったい何を伝えたいのかわからない」と感じておりました。事故当時、車掌が救助活動をしなかったという報道のあたりからでしょうか?

 JRの対応もニュースを見る限りよくないと思いますが、マスコミの報道の信念が感じられない、つまり、信用できないので、逆に、本当によくないのか?もしかしたら、大事故というパニックになる要素を考慮すれば本当はそれほど落ち度はないんじゃないのか?とすら感じてしまいます。もちろん、実際のところはわかりませんが。こんなことをいうのは人でなしといわれそうな気がしてしまいますが、このように、マスコミのあり方に疑問を持つ方がいて、少しほっとしました。

 TVのマスコミに志(こころざし)が感じられないんです。

事故の件について (22歳大学生)
2005-05-06 13:37:48
トラックバックありがとうございます。



事故の件について、コメンテーターの話を丁寧に

分析されていて、共感いたします。

コメンテーターが、こんなに無責任な発言をしているとは

思いませんでした。

これをきっかけに、ほかの事件の見方も自分自身変わって

きました。

何が、悪で何が正なのか。

それを決めるのはマスコミなのでしょうか。



ニュースを鵜呑みに受け取って、会社不信だけが

社会に蔓延してしまうの事態だけにはならないで

ほしいと心から願います。

TBありがとうございました (スナッチャー)
2005-05-06 17:53:36
はじめまして、TBありがとうございました。

TVコメンテイターの分析、凄いですね。

報道が、ワイドショー向きになってるのでは?

本質から逸れて延々と流すのはヤメテほしいです。

それでは、失礼いたします。

他の記事もまた、ゆっくり拝見したいと思います。
TB返し、ありがとうございました (マイルス)
2005-05-06 21:49:54
切れ味鋭く、また綿密な事例のUP参考になりました。極力、冷静に書きましたが、機会があればご意見アドバイスをお願いいたします。ホリエモン騒動の際にマスコミの中には「ジャーナリズム」というビジネスでははかれない尺度を持ち出したところも多かったはずです。なのに・・・・。より良くするにはどうしたらよいか私も考え続けたいと思います。

コメントを投稿

尼崎福知山線脱線事故」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事