介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

介護保険での利用限度額は20万・・・

2017-11-14 15:10:31 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護福祉士の資格持ってるだけで偉そうになるのですか? 長文です。真剣に相談した...
介護福祉士の資格持ってるだけで偉そうになるのですか? 長文です。真剣に相談したいので中傷等はやめてください。 25歳女性です。 短期大学で保育士と幼稚園教諭を取得。 その後、同じ大学の専攻科に入って介護福祉士と 社会福祉主事任用資格を取得しました。 短大卒業後、実家を出て、老健に就職しました。しかし、同じフロアの34歳の男性にストーカーされ、自宅へ待ち伏せ。休みの日があると夜勤前、早番後に家まで来てジュースの差し入れ、遊びに誘われる。外出しようとすると電話があり、『どこに出かけるの?』と。一度、無理やり家の中に入ろうとし、入らなかったら着信と呼び鈴の嵐でした。 警察に通報し、警察が来る前には相手は帰ってしまいましたが近づかないようにという忠告はしたそうです。 そのあと、その時のストレスからか、否定型うつ病と診断され、職場からは自主退職を薦められ退職しました。 その後、好きな人が出来、同棲し、1年の通院を経て、全く別の会社に2年勤務。 彼氏の配属先が変わり、別の市に引っ越して来たのを機に、今の老健に就職しました。 なぜ、否定型うつ病にまでなったのに、また介護の道を選んだのか疑問に思う人がいると思います。私は介護の仕事に就きたくて保育科の短大に通っていたので、楽しく以前は介護の仕事に就いていて、ストーカーで体調を崩してはいましたが、いずれはまた、介護へ。と思っていました。 前置きが長くて申し訳ありませんが、ここからが本題です。 今の状態は先月に腰椎椎間板と診断され、いま休職中です。 4月中旬に今の老健に就職しました。 やる事なす事、『出来てるね大丈夫』と言われ、前の老健のやり方でいいのか不安があり、質問していましたが、出来てるよと何も教えてもらえませんでした。 1カ月経って面談があり、副施設長と介護部長からは『真面目に勤務してくれてるし、出来てる。資格持ちだから期待してるよ』と言われました。 仕事はとても楽しく、他の職員…介護職、看護職含めとても親切で仲良くして頂いてると感じていました。 今度こそ、介護でちゃんとやっていきたいと思っていました。 ですが、2カ月経った頃、再び副施設長、介護部長、そしてフロアの主任から呼び出しを受けて面談。 第一声に副施設長が言った言葉が『ふざけた態度で勤務してるらしいな』でした。 ずっと同じ勤務態度でいたつもりですし、身に覚えもなかったので、『すみません。改めたいので、具体的にどのようなところか教えて頂けますか?』と尋ねました。 すると、『そういうところだ』と言われ。介護部長からは『生意気だ』『先輩や上司から言われたことは、はい。すみません。って言っておけばいいの』『セクハラだって主任に言ったらしいけど、常識がなさすぎる』『●●さんの勤務態度を聞いたらこれだけ、同じフロアの職員から悪い話を聞いた』とA4用紙にパソコンでびっしり打ち込まれてました。 セクハラというのは、その主任が体操や歌の最中に『おっぱい』と言って自分の服をまくしあげ自分の胸を職員や利用者の前で晒した際に、パートさんが『それ、セクハラになりますよー笑 ね、●●さん』と冗談で話していたのに『ちょっと危ないかもしれないですね笑』と私も冗談で返しただけです。 そんな態度で勤務してたらこの職場にいてもらうわけにはいかないと言われ、そのまま1カ月が経ち、夜勤も4回ほど入りました。 その夜勤の明けの後の休みの日に、家でウォーターサーバーの水が入った段ボール3ℓ×4個分を持ち上げた際に腰を痛めました。 2日間仕事を休み、3日目に勤務したのですが、その際また移乗をするときに再び腰を痛めました。 整形外科では1カ月間の安静通院が必要と書かれた診断書をもらい提出したら、1カ月の休職になりました。 休職の間、一度介護部長から電話があり、『腰を痛めたら介護なんて無理だからね』『うちは重介護の人ばかりだから腰を痛められたら困る』『続けるかやめるかを決めてください』と言われました。 今月初めから、まだ安静通院の1カ月の期間には満たないのですが、自分の腰の調子がいいため、復職を希望しました。 しかし、前日に介護部長から電話があり、『他の人と同じように完璧に仕事はできるんですか?お風呂は無料ですとか重い人はまだ…とかそんなのはあり得ません。断言できますか?』と言われました。 どう答えていいかわからず『…まだ復職していないので断言は出来ませんが、やらせてください。』と頼みましたが、『それだと困る。使えない人材をいつまでも持ってるわけにはいかない』と言われました。 そのまま、休むように言われ、今週末で診断書の1カ月が過ぎようとしてます。 職場の副施設長や介護部長は辞める方向に持って行きたいんだなぁと思います。 あんなに楽しかった職場なのに、いまは復職が怖くなっています。 辞めるか続けるか悩んでいます…。(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


介護保険での利用限度額は20万円までとなっている他、

一割は自己負担となります。


実際に工事が終了した後で申請者が全額を払い後日改めて市町村へ払い戻しの手続きをする償還払いの方法と申請者が一割だけを自己負担があります。


リフォームはまず、

自分が対象になっているかどうかわからない場合はケアマネージャーに問合せるか市町村の福祉課に相談してみましょう。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




コメント

利用者への口調や対応などは大き・・・

2017-11-14 11:52:35 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護福祉士の資格が卒業すれば取れる専門学校って今後、無くなってしまいますか?...
介護福祉士の資格が卒業すれば取れる専門学校って今後、無くなってしまいますか?人気無さすぎですね。介護福祉士の資格があっても給料安いの?(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


利用者への口調や対応などは大きく参考になるはずです。


忙しそうにしている施設は基本的にオススメできません。


人材が不足している証拠であり、

利用者に寄り添ったあたたかい介護は期待できないでしょう。


施設の飾りつけなどが雑な施設もその様な傾向があります。


利用者と職員が一緒になって楽しそうにしている施設がオススメです。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




コメント

自立した高齢者が入る施設と、身・・・

2017-11-14 08:01:26 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護用品アドバイザーの求人があり興味をもちました。その求人は四種から選ぶこと...
介護用品アドバイザーの求人があり興味をもちました。その求人は四種から選ぶことができ 1.介護用品アドバイザー 2.配送スタッフ 3.施工スタッフ 4.事務という内容です ちなみに介護用品ア ドバイザーに興味があります。 どんな仕事か調べると介護用品アドバイザーはこの4つの全部してるみたいな感じで本当に分けられているのか疑問に感じました、、 この業種で働かれている方おられましたら教えていただきたいです。(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


自立した高齢者が入る施設と、

身の回りのことぐらいは出来る人が入る施設、

日常的な動作にも介護が必要な人が入る施設の3つです。


将来的なことまで考えて施設を選ぶことは非常に重要ですが、

過剰なサービスがある施設を利用すると自分で行なうことが少なくなる。


過剰なサービスがある施設は、

身体機能が低下し介護量が増えていく場合があります。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




コメント

事前にインターネットなどを使っ・・・

2017-11-14 00:19:05 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護施設で働いているものです、テレッサに毎日虚偽記載をさせられています。それ...
介護施設で働いているものです、テレッサに毎日虚偽記載をさせられています。それが辛いです。仕事を辞めたらよいだけなんですが、このままでは介護保険をそこの施設に利用されているのみで、我々の介護保険が嘘つき の施設社長のものになるのが腹が立ちます。何処に不正をリークしたらよいか?わかりません何方か教えてください(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


事前にインターネットなどを使って調べた内容であっても、

改めて質問してみましょう。


質問内容に丁寧に答えてくれる、

内容について解釈に間違いがあれば訂正、

分かりやすく説明してくれる人であれば信頼できるマネージャーだ。


質問されたことを淡々と答えるだけだったり、

こちらの反応を無視して一方的に説明するだけという場合は、

ケアプランの作成を任せることは避ける。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




コメント