D.D Blog

Dって、ドラマティックのDなんです ファブリックに恋する物語 心に残るインテリアを求めて奮闘する日々のあれこれ・・・

マリウス柄

2019年07月30日 | 北欧インテリア
ノルウェーの続きです。



私は マリウス柄のマグカップを買ったのですが、お土産物屋さんには 夏でも伝統的なアリウス柄のセーターや毛糸の手袋がいっぱい。

赤、紺 白の幾何学模様があふれています。

このたびの旅の目的のひとつ ノーベル平和賞の授賞式が行われるオスロ市庁舎へ見学に行った時も、



ホールの巨大な壁画前の、長い長いベンチに 置かれているクッションは



幾何学模様。



結婚式を挙げるための部屋でも 幾何学模様のカーテン。



アンティークなシャンデリアも ギザギザなデザインで、



そういえば ノルウェーの伝統的な建築様式の スターブ教会も 尖がっていますね。

  
 先週、スウェーデンハウスのお宅のカーテンを 掛け替えさせていただきました。

大人っぽい ノルディックなイメージで、



カーテンは デニムのような色の綿の無地。



シェードは 紺、白 赤の 幾何学っぽい織物(villanova)

とても素敵です。













コメント   この記事についてブログを書く
« キャッシュレス | トップ | 17年目のジャスミン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北欧インテリア」カテゴリの最新記事