D.D Blog

Dって、ドラマティックのDなんです ファブリックに恋する物語 心に残るインテリアを求めて奮闘する日々のあれこれ・・・

秋の趣

2012年10月26日 | 神楽岡日誌
今年も ハロウィンのかぼちゃランタンを頂きました~!  3つ!

 一番大きいのは 死神だよ~ 

黒猫も こっちを見てる・・・

日が暮れる頃 ロウソクに火をいれて 8時の閉店まで店頭で灯しています。

週末のハロウィンまでに 毎回ひとつずつ ブログでご紹介したいと思います。

小野寺さん、上手に彫るもんだなぁ~って いつも出来上がりに感心するのだけれど、

思えば、生のかぼちゃを掘るのだから、 秋になって かぼちゃが実ってから、 しかもハロウィンの時期に合わせての・・・・1年に一度の貴重なアートなんですよね。

今週、ありがたく 存分に楽しませていただきます~!

夕方 店の前を通りかかったら 足を止めて見てね!

ロウソクを消す時に プ~ンとかぼちゃの焼けた甘い香りがして 急にお腹がすいたりしています。

そして 昨日は 手打ちの新蕎麦 まさしく秋の趣を頂いちゃいました!

  ご自分で蕎麦を育てて 収穫して 打つ!

趣味・・・の域を超えてますね。

早めに帰って茹でました~

 私が茹でたにもかかわらず 美しく茹で上がり・・・

蕎麦って 爽やかなものなんだ~って 思う 口当たりと香り。

名人だわ。

畑仕事から 季節が変わって いよいよ蕎麦を打って 食した時は 喜びがどれほどなのかしら。 
新蕎麦を季語にして 粋な一句をよんでみたい気分になりました。

かぼちゃの灯りと 蕎麦の香り 

味わい深い秋です。

                
人気ブログランキングへ また見てくださいね!
       











  




コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の夜 | トップ | トーンオントーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神楽岡日誌」カテゴリの最新記事