Pro house keeper

アメリカのローカルフードを中心に、世界各国の料理レシピを自宅で気軽につくる料理日誌。

フィラデルフィア風トマトパイ。

2020-08-09 07:09:23 | 料理
今週の課題は、トマト。
レシピブログさんの岐阜県産夏秋トマトモニターです。

トマトは夏の代表的な野菜。今年は大雨の影響で野菜がとても高いので、トマトも貴重品です。
そんな中でのうれしいモニターで、贅沢に夏秋トマトを使ってアメリカ・フィラデルフィアの地元フード「トマトパイ」を作ってみました。
トマトパイと言ってもパイ生地ではなく、イースト発酵のパン生地。生トマトからシンプルなトマトソースを作り、トッピングしたチーズのないトマトピザみたいなものですね。
シンプルなだけにトマトの味で勝負です。

《材料》(16cm角型1個分)
岐阜県産夏秋トマト (中)2個
砂糖     大さじ2
塩(ソース用) 小さじ1
強力粉    80g
薄力粉    70g
ドライイースト 小さじ1/2
水      100㏄
オリーブ油  大さじ1
塩(パン生地用)小さじ1/2
ニンニク(粉) 適宜
オレガノ(乾) 小さじ1/2
赤唐辛子(粉) 適宜

《作り方》

1. パン生地をつくる。ボウルに強力粉、薄力粉、ドライイーストを加え、かき混ぜる。
常温の水をとオリーブ油を加え、菜箸でボロボロの生地になるまでかき混ぜる。

手でさらに粉気がなくなるまで捏ねて、ボール状にまとめる。

2. 蓋をして、10分ほど置いてから、塩小さじ1/2を加え、全体をさらに数分捏ねて、丸めてボウルに入れて、蓋をして30℃程度の場所で1時間ほど寝かせて2倍になるまで発酵させる。(2倍になる時間は温度により変わるので、加減してください。)

3. 生地を発酵させている間にトマトソースをつくる。
フライパンにざく切りにしたトマトを加え、塩小さじ1と砂糖を加え、中火にかけ、ヘラでトマトをつぶしながら炒め煮にする。
焦げそうであれば、少し水を足す。

水分が出てきて、とろとろになったら、皮を菜箸で取り除く。少し煮詰めてトロリとしたら、器に取り出し、冷ます。
お好みで砂糖や塩の量は増減してください。

4. 15cm角型にオーブン紙を敷き込み、2倍になったパン生地を入れて、油を塗った手で型に押し広げる。ソースが載せられるよう中央部分をへこませ、淵を作っておくとよい。
蓋をして、再度2倍になるまで室温で1時間寝かせる。

5.膨らんだ生地にトマトソースを塗り広げる。ニンニク粉とオレガノ、唐辛子をお好みの量振りかけ、180℃に予熱したオーブンで15分間焼く。

6. 4等分にしてアツアツを食べるのがおすすめ。

やはりパンなので、焼き立てがおいしい。カリッとして、厚みのあるパン生地にトマトのうまみと酸味がとても合う。ニンニクや唐辛子の代わりに砂糖や蜂蜜を増量して、デザート風にしてもおいしいですよ。
チーズを載せればパンピザになりますが、チーズを載せず、トマトのうまみをしっかり味わえる一品です。
香辛料の量を調整できるので、現地で食べるよりあっさりとして食べやすいです。

     
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« とろとろ卵の甘辛焼きうどん。 | トップ | 台湾カステラ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

料理」カテゴリの最新記事