Pro house keeper

アメリカのローカルフードを中心に、世界各国の料理レシピを自宅で気軽につくる料理日誌。

ジュレ・ベジタワー。

2011-08-01 08:41:47 | お試し商品
旅行から戻り、またモニター活動再開です。

今週は盛りだくさんで4品課題を抱えています。
先ずは1品目、レシピブログさんの「ハウスのっけてジュレ」から。

この調味料は一風変わっていて、ゼリー状ドレッシング。
液状でも固体でもないので、素材にしみ込まず、絡みやすい半固形状。

水気を嫌うものや崩れやすい形の素材の味付けには使いやすいかも。
また冷製サラダなど

ということで、ゼリー状の涼しげな見た目も活用して、タワー型サラダを作ってみることに。

<材料>(2人分)

きゅうり   1本
赤玉ねぎ   (中)1/4個
パン粉    大さじ2
豆腐     200g
パプリカ(黄)  1個
アルファアルファ 大さじ2




きゅうり、赤玉ねぎ、パプリカは、それぞれ細かくみじん切りにしておきます。
それぞれ軽く塩をまぶして、水気を切っておくとベスト。
生で食べられる野菜なら他で代用してもO.K.。

豆腐はフードプロセッサーかすり鉢で滑らかになるまですりつぶします。

お皿にセルクルを積み重ねてのせて、パン粉を大さじ1ずつ入れて、スプーンの背などで抑えて敷き詰めます。野菜から染み出る水分を受け止め、旨みと栄養の流出も防ぎます。

その上に赤玉ねぎ、パプリカ、きゅうりのみじん切りを順番に積み重ねて入れて層状みにしていきます。

最後に豆腐のすりつぶしを載せて、ラップで軽く包んでから型ごと冷蔵庫にいれて1時間程度冷やします。

食べる直前にアルファアルファを飾ってから、型を取り外し、「のっけてジュレ」をタワーサラダの周りにかけて完成。

液状のドレッシングではないので、お皿が水っぽくならず、ノンオイルなので、べたつくこともなくて、非常に便利。見た目も涼しげでちょっとレストラン風。
ドレッシングをかけても色移りしないもいいですね。

味も今回2種類頂いたので、まずはちょっとピリ辛な"柚子こしょうポン酢"を使ってみました。
洋風な見た目の皿ですが、豆腐のあっさりとした味に柚子コショウがアクセントとなり、ポン酢で沢や屋かにさっぱりと食べられます。

濃厚な豆腐を使えば、テリーヌ風にもなり、食べ応えもあります。

水っぽくならずに素材に味を絡めることができるので、巻き寿司などにも応用してみたいですね。

レシピブログのハウスのっけてジュレぽん酢アイデアレシピコンテスト参加中

cotta プレミアムメンバー


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ベイクド・ズッキーニドーナツ。 | トップ | サントネージュ・リラ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お試し商品」カテゴリの最新記事