カラダよろこぶろぐ

山の記録と日々の話

谷川岳へ

2020-07-01 | ヤマのこと

2020.6.27(土)

山に咲くお花が見れて短時間で行ける場所は・・・と久しぶりに谷川岳へ



朝の天神平からは正面に朝日岳がよく見えてました



濃い緑が気持ちいい中を登ります



ただ、お花の時期にはちょっと遅くて標高の低いところはほとんど咲いてない
登山道脇で見られたのはマイヅルソウ・ツクバネソウ・ユキザサ・コイワカガミ・ギンリョウソウくらい



この日は気温が低くて爽やかでしたが、時折陽が差すと肌に痛いくらい
久しぶりだなぁ、自然を全身で受け止めるこの感覚



なんてのんきなことを言えたのは途中までで、
とにかく情けないほど足が上がらなくて、山登りはじめての人デスカ?
いったい何年山やってたんだね君は?



天狗の留まり場からはダンナ様にいつものように置いて行かれ
首から下げたカメラも重くて(重く感じて)ザックにしまう
ザンゲ岩もなにも・・・ただ無心で足を上げるのみでここから先はスマホカメラ

足を膝の高さから上にあげるという動作がやけにつらい
考えてみたら自粛続きで去年の11月以降、そんな山登りしてないんだ
最近は自分の弱点を暑さかシャリバテか時々膝、程度で想定してたのが
歩くこと自体に支障がでるなんて思っていなかった
岩ゴロの上り下り、ロープを掴む、湿った木道、ぬかるんだ道、階段・・・
何も意識せず行えてた動作なのに こんなにギクシャク動けなくなってた自分に驚く
半年間の衰えって・・・コワイ



あ~もう、こんな自分いやになっちゃうよ
ぜーはーしながら山頂へ



曇ってしまったので遠望は利かないけど、久しぶりの高いお山の爽快感は格別



いつもほどは混んでいなかったけど
みんな楽しそう



お目当ての花はオキの耳方面でしか咲いてなくて
ホソバヒナウスユキソウ・ハクサンイチゲ・ヨツバシオガマ



ハクサンチドリ・アカモノ・ムシトリスミレ



ハクサンコザクラ・ツマトリソウ・キバナノコマノツメ



ウラジロヨウラク・コイワカガミ白・つぼみはオノエランかしら




肩の小屋の脇でミヤマキンポウゲを見ながら遅いランチタイム
すっかりガスに包まれたけどガスに包まれること自体、山でしか経験できないから
いつもの風景がなんだかとても懐かしく嬉しくて

熱い日差しを遮ってくれる優しいミストと涼しい風が心地よいね~
この気持ちよさは下界では味わえないから山に来るのに
今年は猛暑から逃れるにはどこへ行けばよいのかしら



帰り道、西黒尾根方面に向かってひらく色の濃いシラネアオイ発見
斜面なので正面からは撮れそうもなく諦め、
ゴゼンタチバナやナナカマドを見ながら来た道を戻る



下界の憂鬱さを一瞬だけ忘れさせてくれてありがとうね



苦手な下り、転びはしなかったけど、カラダ固っ!なにこれ"(-""-)"
悲しくなるほど歩けなくなってた、自分に不満がいっぱい残る
久しぶりの高いお山歩きでした、あ~ぁ。



バイバイ、またね谷川岳
天神平の登山口に一輪のニッコウキスゲ
時が止まったような5ヶ月が過ぎ、気が付けば今年も半分終わっちゃったね


---------------------------------------------


下山後には前回行きそびれた町営の”ふれあい交流館”へ
こじんまりとした施設ですがキレイ。休憩所&ビール自販機もあり。
小さいので密を避け人数を制限して案内してくれていました。
水上温泉BSから徒歩3分 @600円

またバスに乗って上毛高原駅へ


上毛高原駅の中になにやら山っぽいオブジェができていました
駅のニューデイズも観光センターも18時過ぎに開いてる店はない
そんな気がしてたので日帰り施設で飲み物買っておいてよかった
(通過した水上駅前の土産物店もすべて閉まっていました)
行きも帰りも新幹線はガラガラで、一車両に5人程度 経済がyabai(*´Д`)

さてこの日一番の「密」は朝の上毛高原からロープウエイ行きのバス
1台で乗り切れないほど詰まったので増発出るものだと思いきや・・・出ない!
混雑嫌だなぁと思ったけど、ここまできてバスが嫌だってタクシー代はちと高すぎる
身動き取れない状態で立ったまま45分 
車内のあちこちに消毒してます、密避けて、って表記されてても。。。

谷川ロープウエイは1台に4人しか乗せませんでした(下りはなぜか10人)
ロープウエイ駅の売店も縮小営業のようでした

いつもなら湘南新宿ラインでのんびり飲みながら帰ってくるのですが
車内で飲食しながらってこの時期どうなの?とか
出来るだけ密閉時間を減らしたいなetc で、帰りも新幹線
群馬では夕飯が手に入らなかったので東京駅で買って帰ろうと思いきや
閉店時間が19時と早くなってて結局ここでも買えず地元に戻りました。

以前なら山の帰りはふらっとどこの店でも入れたけど、今は外食も敬遠中
(だいたい東京在住というだけで敬遠されそうな不穏な空気)
新しい生活様式での電車バス派登山は、まだ手探りではありますが難しいですね・・・


【行程】東京6:36⇒新幹線⇒上毛高原7:53 BS8:04⇒谷川ロープウエイ8:49
天神平9:30⇒山頂12:15~13:30⇒天神平15:00
谷川ロープウエイBS15:50⇒水上温泉BS 入浴 水上温泉BS17:49(最終)⇒上毛高原18:22⇒東京19:36




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村



コメント (14)

雨上がりの森

2020-06-08 | ヤマのこと


2020.6.7(日)早朝、雨上がりの森へ



前日の蒸し暑さから一転 気温が下がった朝の空気は
ひんやりと気持ちよく ぐんぐん登っていく




(ウリノキ・ガクウツギ・アジサイ)
先週の山ではお花が見れなかったので、やっぱり花が見たい!と来てみたら



お目当ての花たちにもまだ間に合った



梅雨の季節といえば・・・サイハイラン
あっちにもこっちにもニョキニョキ 



そしたら、もう間に合わないだろうと思っていたムヨウランが



まだ咲き残っていて



ひとつのエリア 右にも左にも上にも下にも!
こんなにたくさん咲いているのに出会ったことなかったから大興奮♪
今年はもしかして緊急事態宣言で山に入る人が少なかったから
ニンゲンに邪魔されることがなかったから? のびのびと開花できたのかな
 


イナモリソウも


ウメガサソウも

過去に私が見た中では今日が一番の豊作で
早起きして来てよかった~
気分すっきり♬



マルバウツギや


ナルコユリ


セッコク
やっぱり自然に咲く花たちは魅力的



短時間しかいられなかったけど花たちにも会えたし
ひんやりとした森の空気を胸いっぱい吸い込んだ
今日はそれで十分




我慢の連続で新しいことは何もできないまま6月になってしまったけど
2020年の夏はもうすぐそこまで来ている

Tokyoを脱出してまだ見ぬ景色に会いに行きたい
胸を張って山を歩ける日が待ち遠しいよ






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村





コメント (10)

withC時代の山歩き

2020-06-02 | ヤマのこと

2020.5.30(土)緊急事態宣言解除後、約2か月半ぶりに山へ


今はまだ県をまたいでの移動は出来ないので、訪れる先の市町村HPを確認してOKな場所
バスに乗らず駅から駅まで歩けて、久しぶりなので軽く歩けるところ・・
を考えたら東京都青梅市の高水三山になった



混雑が怖いので始発で家を出たところ、電車は思ったより人が少なく
立っている人がいない程度
いつもこのくらいなら嬉しいんだけどね

7時過ぎ、軍畑駅で数人下車 駅前のお店は開いていてなんだかほっとしたけど
地元の人にとってはどうなんだろ?そもそも感染者がほぼいない地域なのだから
ほかの地域から人がやってくるのは複雑な思いなんじゃないかしら?
民家の脇を通る時や、山のふもとのエリアを歩くときは
そこに住む人々のこと最優先に考え、慎んだ行動が必要と思いました。

道標の隅には5/27付での登山注意点が張られていた



ほとんどの登山者が平溝通りから登山口へ向かう
私が出発した時間帯では10組程度だったかな

駅から車道歩きの際にすでにマスクを外している登山者が半数以上

背中に朝日を受けながら高源寺へ着くとすでに暑いが マスクをしたまま登ります
私は涼感タオルを布地にしてマスクにしたものを使用
5月にジョギングをしていたら通常の布マスクでは暑くて耐え難くなったので
どうにかしないと、と応急的に作ったもの
見た目は悪いけど、快適なのですコレ(自画自賛)ネックゲーターみたいに下がってこないし首も涼しい

今までいろいろ試してきたマスク素材・私なりの息苦しさランクは(表裏生地)
不織布>WガーゼW>木綿+Sガーゼor晒>麻+晒>晒&晒(手ぬぐい)≧涼感タオルシングル
何かの参考になれば・笑


さて登り開始、と歩き始めるも予想通り足が上がらない
+簡易ザックにしたので重さが肩に食い込む
+久しぶりすぎてカメラの重さが首にくる
+山登りってこんなしんどかったっけ状態で息があがる
=登りでのマスク装着はかなり辛い

幸い、後から来る方にどんどん抜いてもらった(だんなにもおいてかれた)ので
山の中に私ひとり~みたいに誰もいなくなったので、アゴマスクにして登り
常福院の東屋でひとやすみしてやっと通常の呼吸ペースになれた
マスクって自分の吐いた息が外に逃げないのが苦しいんですよね、こもるから



(高水山から見える大岳山)

たった2ヶ月半でも、週2でジョギングしてても山登りで使う筋力は確実に落ちていた



ここからは気持ちの良い尾根歩き
久しぶりの足裏の感じ、緑のにおい、風の冷たさ
あたりまえだったことが あたりまえじゃなくなった今
自分の中でいろんなことが変わった



いつもならここは春、すみれを探す道
今は花はほとんどなくて コアジサイがつぼみを付けていた程度

あ~ 山の花たちに会いたい!
出来ないことを考えると悲しくなるからと、山に関すること見ないようにして過ごしたこの3ヶ月、
抑えていた想いが込み上げてきてしまった



急な登りを終えると、目の前に広がるこの解放感



あっちに繋がる棒の峰も行きたかったけど埼玉県だからなぁ
木陰に腰掛け川苔山や蕎麦粒山、連なる山々を眺め



ただぼーっとつめたい風に揺れる木々をみつめていたら
この数か月間感じていた嫌なものが この瞬間だけぜーーんぶ消えた
気持ちよさ、従来比300%



ずっとここにいたくなるくらい気持ちがよかったけど
電車がこまないうちに帰りましょう
大規模に伐採された登山道を通り、惣岳山で昼食をとって御嶽駅へ下山しました

その後はいつもなら日帰り入浴とか寄っていくのですが、
まだ閉館中なところが多いのと
三密が気になる飲食店内を利用するのは自分はまだ解禁していないので まっすぐ帰宅
以前のように温泉入って一杯、ができるようになる日は来るのかなぁ・・・


-------------------------------------
この日、私が歩いた時間帯山の中で会った人は感覚として4~50人ほどでしょうか。
そのうちのマスクや何らかで覆っている人は10%程度。
ソロの方のマスク装着率は高かった。
複数名でマスクなしですれ違いも気にせず大声でおしゃべりするグループ2組。
マスクなしの方ですれ違う時に口元を隠した人は一人。
ほかの山ではどうだったんでしょうね?
-------------------------------------

*おまけ*


2020.5月29日(金)

”埼玉県内の入間基地を離陸したブルーインパルスは、6機編隊で板橋区方面から都心に入り、東京スカイツリーや東京駅、防衛省、都庁などの上空を飛行した。自衛隊中央病院や都立墨東病院など、感染者の治療に従事する病院上空も通過する飛行ルートが設定され、高度4000フィート(約1219メートル)前後を白いスモークで線を描きながら午後0時40分ごろから約20分ほど飛行した”
(Aviation Wireより引用)

直前までまったく知らなかったこの飛行、
たまたまその瞬間を会社の屋上から見ることができました。
初めて見たけどとにかくかっこよかった、整列して飛ぶ姿に見入ってしまった

最近は誰かが何かをする度に否定ばかり言う人たちに辟易
ただ青空を見上げ、滅多に見れないものを見せてもらって、
2月から緊張と我慢の毎日だったところに
久しぶりに心弾む機会を作ってくれてありがとう、
使命感だけで辛い日々を過ごしてきた医療従事者の方々、本当にありがとう、
私は単純に笑顔になれた。

 



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村




コメント (6)

週末は家飲みで

2020-04-26 | タベルこと

三密を避け、外食をしなくなってからはや2ヶ月が経った

毎日毎日お弁当&夕ご飯、自分で作るご飯はさすがに飽きるし
そんなにレパートリーもない
2月末まではほぼ毎週土曜日は外飲みの我が家だったので
いい加減誰かが作ってくれたものが食べたくなる

会社と家から徒歩圏内以外はどこにも出かけないので時間はできた
私より料理が得意な旦那様に
「何が出てくるかわからない、そんなご飯が食べたい!
土曜日の夕飯は旦那さん担当っていうのはどうかな?」
と提案してみたところ引き受けてくれた(^^♪


私が天気や気分に合わせて飲みたいもの言うシステム
明日はビール&酎ハイ、今日は日本酒、明日はワインかな?
と伝えると、お酒に合わせた料理を作ってくれる
毎週末の家飲みが今一番の楽しみになりました


・・・早くジョッキで生ビール飲める日が来ますように☆





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村



コメント (8)

働き方カイカク

2020-04-24 | ヒビのこと

我が社もようやく先週末から交代勤務になり、ほぼ一日おきに在宅勤務となった。

初日はうまくできなかったけど、翌日からは出勤しないと出来ないこと、
在宅でできることを考えて持ち帰り、効率的にできるようになった。
我ながら早いぞ、順応


(いつものジョギングコース今朝の風景)

在宅勤務で何より嬉しいのが、通勤時間を朝ジョギングにあてられること
始業時間の9時にはPCの前に座り、テレ朝礼(?)
それまでに帰ってくればよいのでとても有効な時間の使い方ができる
毎日デスクワークで凝り固まった身体で30年ずっと働いてきたから
週の半分通勤しないで済むってこんなに体に優しいんだ!
朝日を浴びて気持ち良く汗を流した後に仕事するっていいもんだな、
と初めて感じるヨロコビもあったりして。

もちろん一日も早く普通の日々に戻りたいけれど、
こんな働き方でもやれるなら、このほうがずっといい。
通常に戻るときに今回の教訓を生かして
働き方を見直すには絶好の機会だと思う。

・・・ただ、出勤の日は今までの倍忙しいから早朝出勤しないと仕事終わんない
眼精疲労&首凝りも倍になった気もするけどね( ;∀;)





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村



コメント