中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

さぞや苦笑い?。

2013-12-31 11:06:29 | Weblog
若い頃散々親不孝をして来ていながら年に数えるほどしか墓参りをしていない。(反省)
今日はゆっくりと故郷の山にある我が家の墓に行って来た。
道路から100m程細い道が付いているので其処を登って行く。
勾配が有るので年を取れば(もう少し)歩いて上るのもきつく感じるように成るだろう。
山を歩く時の癖?で猪道を見たり堀跡を探しながら上る。
直にイノシシが掘り返した跡が幾つも見つかる。
足跡がはっきり付いたのは1ヶ所だが30kg弱のコビンチャである。
小さい堀跡は集落のお墓の中を通りながら餌を漁っている。
イノシシの跡に気を取られていたがわしは墓参りに来たのだった。
急いでお墓の掃除を済ませ花を活けてみかん等のお供えをする。
ところが左上の方で猿の威嚇する声が聞こえる。
猿の奴年末年始にはお墓の近辺で待っていると楽に食べ物に有り付ける事を学習しているようでわしが坂道を登っているときから目を付けていたようです。
まあ、何時も殺生?をしているので多少の施しは良いだろう。
お袋も親父も墓参りに来てイノシシの痕跡を探す息子に苦笑いをしている事だろう。
ただ、呆れてはいない筈だ、二人とも猟には理解?が有ったので・・・・・・。
どうにか墓参を済ませて帰宅。
やはり、ここ2,3日の冷え込みで風邪気味のミズバナが出る。
午後はそれでも一応今年最後の猟に出かけよう。

(お墓の横に有る小形の足跡)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1年は長いのか短いのか?。 | トップ | 今年最後の猟。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥獣供養。 (猟師になった若者)
2013-12-31 12:11:09
今日は今年最後の猟。正月は殺生せずに過ごしますので、罠を踏まないように掛かっていないところには板を置いてくる。

新しい谷でイノシシが掛かりました。
最後にデカイやつでした。脂はいまいちの雄でした。100キロ。1人で搬出、川に浸けて今年の猟は終わりました。
午後から鳥獣供養塔におじいちゃんと参ります。
有終の美。 (鳥山)
2013-12-31 17:06:25
君は何時も限の良い時には必ず獲っているね。
そう言う猟運(勿論腕が伴っての)の基に生まれているのでしょう。
若くても100kgはきつかったでしょう。
また、年明けの報告を楽しみにしています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事