中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

繁殖期になる。

2014-04-27 17:38:20 | Weblog
4時過ぎに西の谷へ行くと車が道路をふさいでいたのでもう一つ西へ変更する。
畑際の草が刈れている、除草剤をする場所は犬達特に子犬には危険なので要注意である。
コジュケイが鳴いていたのでそこへ行こうと山を歩く。
子犬たちは自主的に気になる匂いを探す事が有る。
クマ子が何かに固執して咥えようとする。
猿の糞だ、初めて声を出して軽く尻を叩くが止めない、まだ咥えようとする。
三度目くらいにようやく怒られている事に気付いたようで止める。
降りかけると萱場で姫がポイントしている。
傍へ寄った途端に飛び込む、羽音がして鳥がバタバタしながら逃げる。
それを姫にチビに子犬たちが追い笹薮の中へ消える。
キジは絶滅?している谷なのだがコジュケイにしては羽音が大きかったような気がする。
何気なく足元を見ると小さな雛が1羽じっとしている。
「いかん、雛を抱いていたんか」
写真を撮るがコジュケイの雛より大きいし色が浅い、コジュケイの雛は少し小ぶりで色も茶色ぽいのだが。
孵化した時期で見間違うかもしれない。
親のバタバタは擬態だったようです。
雛が茅の中へ逃げ込んだので下へ移動して姫を呼ぶが興奮して出てこない。
3分後にチビが出て来て子犬たちも続いて笹薮から出て来た。
姫を呼びながら農道へ出る。
しばらくして姫が戻ってきたが未練たらたらで又萱場へ走り込もうとする。
子犬用のリードで姫を繋ぎ車まで強制的に連れて帰る。
まだ周りも明るいので親が戻るはずだ、しばらく今日の場所へ行くのは止めよう。

(キジの雛の様に見えるのだが?)

コメント   この記事についてブログを書く
« 反応。 | トップ | 落ち込む。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事