中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

腰を痛める。

2019-01-10 12:41:44 | Weblog
曇り空の下巡回に走る。
近所の罠は見切り時かも知れない、まるで気配なし。
遠くへ走る。
手前の一昨日捕獲した場所はもういない様だ気配なし。
柿畑を見るとまためくられている、ここも撤去した。
大池の横もワイヤーを出されている、これは修正して、奥へ走る。
谷の向こうの罠を見るも何もいない様だったので一番奥まで行く。
イノシシも狸の気配もなかったのに今朝はワイヤーをいじられていたので修正。
引き返すときに谷向こうの罠を確認に行く。
すると何かが動く「えっ、掛っとるんか?」
弾を入れて近寄ると丸々したお尻が見える、写真を撮ろうと思うもその間にもしもワイヤーが切れたら後悔するので止めを差す。
結果的に良い所を括り安全では有ったのだが用心をした、その代わり迫力のある写真は諦めた。
80kg程度の大きな雄でした。
昨日ワイヤーを悪戯されていたのだが少しの修正で直せた、昨夜前足で思い切り踏み込んでいました。
気配が無かった場所だったのだがほぼ毎年獲れる谷越えの渡り場所でした、結果オーライです。
すぐに処理をして下の谷に引きずり下ろし流れに浸けて冷やして置く。
後は帰るだけだが重くて動かせない、水の深い場所へ引っ張った時に体をひねり腰に痛みを感じた、大したことは無い様だが無理をしたくないので胴体を半分に割り頭も掘った穴へ埋める。
そしてしばらく流れに浸けて置きどうにか対岸の道路際まで2回往復して引き上げた。
車を回して来て積み込み帰宅。
途中でYさんの別荘に寄りコーヒーを頂き帰りに無農薬の白菜もくれた、わしは秋に貰ったはちみつのお礼に肉を少し上げて来た。
12時に帰宅、犬達を軽く散歩させて来たので午後早速解体をしよう。
昼飯抜きの作業になるが頑張ろう?。

(重くて運べず)

(谷に浸けて冷やす、この後で2分割)

(散歩時に竹藪の奥を覗うトラ子)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 猪道分からず?。 | トップ | 夜なべ?。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事