中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

親は掛からず。

2014-01-28 13:57:05 | Weblog
西ノ谷の奥に子連れの雌が居ていつも林道を歩いて罠のある横道に来ないので農家の人が捨ててある芋クズを罠の猪道に置いてみた。
今日で3日目になる。
一番奥へ行くと木が揺れている。
「いかん、猿?か」
近づくと猿でなくてコビンチャが掛かっている、親を狙っていたのに親は用心深くて子が掛かった様だ。
時間を掛ければ逃がしてやれる状態だったが見ればオスだったので年寄り向きに上げようと思い処分する。
20kgは有るので良い肉を取れば1軒には十分である。
一旦持ち帰り遠方へ行く。
思い切って罠を4個撤去した。
歩いていると猿が20匹程で木を揺らしたり山道を闊歩していた。
猿と野犬が多すぎるので少ないイノシシより多く掛かる場所だ。
帰りに猟友宅へより奥方と明日の入院で話をする。
行く便が無ければ送る約束をして帰宅。
途中でなぜだか眠くてたまらず、どうにか戻れて遅い昼を食べている。
夕方少し調査を兼ねて北方面へ行こうか?。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« たまにはコース変更を。 | トップ | 中形が居る。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事