中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

迷う。

2014-01-29 12:32:44 | Weblog
午後、自由時間になる。
猟友の奥方は手術の承諾書の関係で息子が会社を休み送るようなので安心して帰宅。
罠を一時撤去してきた。
午後から新しく罠を設置に行こうと思うもこんなに良い天気なので犬達とヤマドリを追いに行くことにする。
鳥猟の期間が後半月ほどなので1羽くらいは手にしてみたいので・・・・・・。(難しそう)
ところで近所の山を巡回中に山の地主さんが作業をしていてイノシシの足跡が有ると声をかけてくれる。
そこへ行くと中形が昨夜来ていた形跡がある。
地主さんが「イノシシ獲れるで?」と言うので「あんまり獲れんのでよ」と答えると「中島って言う人がようけとんりょるて言よるでよ」と言う。
地主さんわしの顔は知っていても名前を知らないので本人を前にして他人の話のようである。
で、「わしが中島です」と言うと話が弾む。
勿論何年も前に山へ入る許可は貰って時々は山で会っていたのだが名前と顔が一致せず。
山の筍はもう何年も収穫できていないと嘆いていた。
再度これからも山へ入る了解をもらう。
地主さんイノシシの肉はいろんなところからくれるそうでした。
猟をしない他町の山の地主さんにまで知られている様で面はゆい感じだった。
昼に帰宅後ダイキへ走り格子状の鉄網(イノシシ防護柵)を購入してきた、花子のバカがすぐに車に乗らず道路まで出ることが有るので去年の様に犬が道路に出ていると警察まで苦情が行っては困るので確実に乗せるように車の後ろドアまでの間を柵で囲むようにしていのを長く伸ばしてより確実に犬が乗り込むように細工する。近所には色々と気を使います。
さあ、午後の部に出かけようか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 順を変えて。 | トップ | ヤマドリを獲る?。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事