中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

ウサギ狩り。

2015-01-31 17:39:05 | Weblog

(早いのは色づき始めた山グミ)
4時前から夕方の散歩に裏山北へ出かける。
山グミが多くなっている、渋くて人が食べられたものではないのだがヒヨドリは全部食べてしまう。
里のグミは5月中旬なのだが山グミは2月が食べごろ?のようです。
わしがグミを見ている間に犬達3匹(チビ以外)は高速道北の山へ入って降りてこない。
待つこと1時間、やっと帰ってきたら姫がウサギを咥えている。
そのまま車に乗り犬小屋まで運び子犬たちに与えている。
これぞ野生本能でしょう。
まあ、ヤマドリ猟犬として育てたのにいつの間にかウリ坊からウサギ、タヌキ、ヤマドリと万能犬になっています。
元々甲斐犬は五目猟に使えるのでその証拠が姫でしょう。
朝のめまいは一過性のようで酷くならなくてよかったが当分無理は控えよう?。
さあ、今夜は餃子でも食べようか。

(ウサギを咥えて戻った姫とほしそうなトラ子の母子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 急なめまいが。 | トップ | 手つかずの場所。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
獲れる時には…。 (猟師になった若者)
2015-01-31 19:13:59
目まいがしたとのこと。酷くならずよかったです。ご無理なさらずに…。

今日は急用で巡回にでる時間が遅れました。
昨日はデカイのが獲れたので、正直いらないのが本音です。しかし、そんな時にかぎってイノシシは獲れるのです。まず、東の谷の枝谷で40キロほどのが掛かる。川で冷やしておき、西の谷を覗くと70キロほどのが爪に掛かった状態で暴れているので、すぐ銃で処理。
2頭を積んで南の谷へ行くが、掛かっていませんでした。2頭とも雄でした。
70キロのほうは旅館行きがきまったので、解体の手間がはぶけました。
明日、おじいちゃんとデカイ猪を解体します。

獲れる時には獲れるんですね。
腕だよ。 (鳥山)
2015-01-31 20:51:36
確かに獲れるときは続く事が有りますがそれも実力に裏打ちされた結果だと思う。
明日の解体は大変ですね。
また大きいのを獲った報告を楽しみにしています。
わしのめまいは心配なし。
時々有るので・・・・。
まあ、無理をせずに頑張ります。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事