中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

朝はひんやり。

2019-04-20 08:23:35 | Weblog

(甲斐犬の舌には黒い舌斑が有ります)
ゆっくり起きて7時前から西の谷へ走る。
空気がひんやりして草には夜露が付いている。
犬達は元気に農道の左右を見ながら奥へ進む、わしは腰が痛くて背中が延ばせず前かがみで歩いて行く。
しばらく歩くとようやく背筋が伸ばせるように成るが長く歩くと痛くなる。
気が付くと犬達が居ない、ま、罠も無く人も居ないのでわしだけ奥へ歩いて行く。
腰は痛いが山は気持ちが良い、コジュケイが飛んだ、犬達はここまで来ていない様でどこか枝谷へでも入っている様です。
かなり奥まで来た時にクマ子が追い付いて来た、口に何か咥えている、「クマ子,来い」と呼ぶと嫌々傍まで来る、見て見るとイノシシの皮の切れ端です、どこかで見つけたのでしょう、臭くも無いのでそのまま好きにさせると咥えたまま奥へ走って行った。
腰の具合も考えて引き返す。
途中で下流からこちらへ来る姫とトラ子に合う、わが家の犬達はわしの匂いを覚えているので先にどこへ行っても必ず付いて来る、干し芋をやる、トラ子が谷へ降りて水を飲む。
かなり走った様なので散歩を終了して引き返す。
姫とトラ子はゆっくりと付いて来る、車近くまで帰った時に奥へ走っていたクマ子が帰って来たイノシシの皮は咥えて居なかった、どこかへ捨てて来たのでしょう。
天気も良いし気持ちの良いので何時までも山に居たいのだが帰宅。
昨日から本格的に罠の製作を仕出したのだが材料が足らないのが判明する、と言うのもパイプを新品にしたのはワイヤーもすべて新品にしたいのだが再用も考えていたため新品のワイヤーが100m足らず、300m購入して置けば良かったのだが見込違いでした。
バネも10本ほど足らないなあ、再用でも機能的には劣らないのだが・・・・・・・。
ま、考えよう。
今日は少しだけ作業をしよう。

(谷で水を飲むトラ子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 順調に?出来上がる。 | トップ | 休み休み。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事