中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

霧に煙る山。

2019-04-25 08:44:24 | Weblog

(濡れる前のトラ子)
雨の心配は無さそうだが山には霧がかかって上は見えず。
西の谷を奥へ歩く、運動量が少ないのでつま先立ちで歩いてみるが300m程歩くとかかとを着けたくなってくる、我慢して歩くと足に堪えて来る、良い運動に成る様だ。
ま、腰の事を考えて無理をせず。
途中で犬達にほって行かれる、中間ぐらいまで行くも犬達は居らず。
下流の西の山で犬の吠える声がした。
これはしばらくかかるなあと持ったとうりハクビシンかキツネなのか鹿なのか追って遠くへ行ってしまう。
一旦車へ帰り奥まで乗り込んで来て待つ事30分、クマ子が戻り声をかけて来る。
姫とトラ子はそれから40分後にびしょ濡れで帰って来た、十分朝の運動には成ったでしょう。
8時過ぎに帰宅。
今日は罠の踏み込み筒を作ろうか?。

(一番先に帰って来たクマ子、濡れています)

(遅れた姫とトラ子も全身びしょこです)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大体できた。 | トップ | 肺に悪い。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事