中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

今度はグユミ。

2019-05-25 18:53:25 | Weblog

(今度は大粒のグミが熟れ出した)
会う人に挨拶するのは「暑いな」です。
夕方5時過ぎでも部屋は27度です。
日が落ちてから散歩に出るが暑い。
クマ子だけが30分ほど山から出てこなかったが姫とトラ子は傍に居てくれた。
クマ子が帰り揃って帰宅。
明日も暑そうです、Gは菅野がこけたら皆こけた、期待できず。
足にむくみが出ていた本調子では無い様だが食欲も有るし元気である。
さあ、明日も海へ行こうか?。

(クマ子が行った先を見るトラ子)

(姫も気にしている)
コメント

釣り師誕生>

2019-05-25 12:28:31 | Weblog
5月で真夏日が多くの県で出ています。
今日も暑かった。
犬達の散歩の後で海へ行く。
今日は土用なので割と人は多かったがグレ釣り師は先端で籠釣りをしていた人のみでした。
昨日と同じ場所で釣り始める。
7時半に大きいのが来て手前のワカメやヒジキの中へ持ち込まれる、我慢したがついに逃げられる。
出だしから最悪です。
オセンの大群の下で煮付けサイズが沢山見えだしました。
コグレの動きは悪いのだが左右へ振って拾い釣りする。
ボチボチ釣れ出して10時前になる、すると後ろから「横でグレ釣らしてもらっても構いませんか?」と声がした、振り返るとわし以上の年寄りです。
「どうぞどうぞ全部釣って下さい」と返事をする。
しばらくして横へ来たがテトラの上でもたつき仕掛けを作るのに30分以上かかっています。
年を聞くと、81歳との事、若いころは北泊等でコグレを沢山釣ったと話をしてくれる。
もたつくが経験は豊富な様でした。
10cm程のコグレを釣りから揚げにしたら美味いと持ち帰っていた、わしは10時過ぎで仕舞い釣っていたコグレを10数引き上げると「こんな大きい奴かんまんの?」というので毎日来れるので上げて来た。
すると内側で家族ずれがチヌ狙いで来ていて小学生の兄ちゃんが45cmの大物を釣っていた、父親が自慢していました、これで新たに釣り師誕生です。
わしは25・27・29・30cmの4匹だけ持ち帰る。
途中でアカアミ10個等を購入、ついでに犬達の肉やジャーキーも買ってきた。
午後は休息としよう?。


(掬うような奴も来る9

(御年81歳足場の悪いテトラでコグレを釣る)


(内側で大きいのを釣った小学生と45cmのチヌ)


コメント