中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

80歳の縫製工。

2017-09-13 19:07:54 | Weblog
夕方猟友の所へ行ひげを剃ってやっていると、隣のTさんの奥方が来ていてわしの事を猟友の息子と思って話しかけてくる。
友人だと言うと驚いていた。
それより奥方は80歳なのに未だに縫製工場で働いているそうです。
それにはわしの方が脱帽です、ぶらぶらしているわしが恥ずかしい。
工場にはベトナムからの研修生が3年くらいの交代で多く来ているようで美人が多いと話してくれる。
車も運転するようでしばらくいて帰って行きました、わしも介助を終えて帰宅。
朝車に乗ったデブ子は寝たまま動かず、肉とイモ天を横に置いて山へ行く。
東の詰めでイノシシに激しく吠え付いていた、それもかなり長い間、どうもイノシシが逃げずに動かなかった様です。
所が少し離れると興奮したクマ子とトラ子が大喧嘩を始めた、姫がすぐにトラ子に加勢してクマ子は下敷きになる。
犬達を叱り別れさせて車まで帰り帰宅、デブ子は全部食べていたので内臓は良いようだ。
珍しく大量点なので今日は心配ないだろう?。
コメント

近くの人。

2017-09-13 14:56:55 | Weblog
一昨日猟友の隣に入院して来たTさんは8月末まで隣のベットで寝ていたYさんの知人で仲良くしていたとの事です。
そして今日見舞いに来ていた女性もYさんの近くでわしの集落にも同級生と友達が居ると話してくれる、その2人共わしが良く知り気安い人です。
世間は広くても小さい市の病院の病室でこの様な出会いが有るとは・・・・・・・・、奇妙な出会いでした。
昼食の介助の後で帰宅、夕方までに壺で焼き芋をしよう。
コメント

4日ぶりに。

2017-09-13 08:08:19 | Weblog

(急坂を先に歩くデブ子)
今朝燃えないゴミを出しデブ子のために豚肉とうどんを炊いた物を食器に入れて小屋へ行き犬達を出すとデブ子も車まで行き前足を掛けて山へ行く気です。
抱えて乗せて西の山へ行くと急な坂道をわしより先に歩くので以前並みに回復したように見えた。
イノシシと栗の巡回道を伐採している間に犬達は近くの獣を探していたが会わなかった様で時々傍まで寄って来た。
大汗をかいたがどうにか人が通れる道?ができた、長手鎌を振っていたので左腕をスリ剝いて痛かった。
車の横でトラ子が見えなかったのだがすぐに戻り帰宅。
今朝近所の裏山のほうから野犬のオスが出て来た、どうもトラ子の匂いを探していたようだ。
小屋へ入れて用意したエサをデブ子に与えると姫とトラ子も来て3匹が鼻を突き合わせて食べる。
所がクマ子だけは小屋へ入り仲間外れである?、これはクマ子自身の正確が悪く生まれてから母親の姫と同胎子のトラ子にも攻撃的で仲が良くない為です。
同じように飼育しても全部が全部和気あいあいとはいかないのも人間?とよく似ています。
頭からシャワーを浴びて髭も剃りさっぱりした昼前に病院へ行こう。

(今朝は草で濡れてしまう)

(姫とトラ子とデブ子が仲良く餌を食べる)

(性格の悪いクマ子は檻の小屋の中で3匹を見ているだけで仲間外れ?)

コメント