決めた! やりたいことをやる


くだらなくてもいい どんなものにもチャレンジし たのしむ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お気に入りの音楽、たむらぱんさん。

2017-09-28 21:16:25 | 音楽
クラシックが大好きだけど、ホントいろんなジャンルを聴いている。


今はゴアトランス。


散歩中なんかはほとんどこれ。


ずっと繰り返す電子音楽。


結構うるさいのだが、妙に落ち着く。


先日、月山の姥が岳稜線を歩いた時、休息中ヘッドフォンを付けたら、鳴っていた曲がその景色にベストマッチ。






ゴアトランスではなく、たむらぱんさんのベスト。


この中の『回転木馬』って曲が、雄大な草紅葉の中でものすごく響いた。


『あてもなく、さまよっている空はどれくらい自由ですか?』


『色づいた花でもいつかは枯れ落ちるでしょ』


ピアノと彼女の声だけど、高温が伸びて景色にピッタリ。



シチュエーションと音楽が一致すると、何十年も忘れない。


今日もその曲を聴きながら、美しい草原を歩く夢を見ている。


コメント

やっぱり楽しい栗駒山。

2017-09-27 20:53:35 | トレッキング 登山
紅葉時期の楽しみは栗駒山。


昨年は宮城側から登った。


東栗駒山から見る栗駒山の紅葉は素晴らしかった。


今年は岩手側から登る。


須川温泉では足元に温泉が流れている。


湯の華いっぱいの素晴らしい泉質だ。


その温泉の川を越えて登山道がある。


まず絶景は名残が原。

正面が栗駒山だ。


そして昭和湖。

真っ白い湖。


ここにベンチがあり、一休み。


そして一気に頂上を目指す。






横になってしまった写真。


で、お約束のカップ麺。


今回は、うどん&魚肉ソーセージ&プリン。





ゆっくり流れる時間。


幸せなひと時だ。


コメント

さあ頂上へ 秋田駒

2017-09-26 17:19:38 | トレッキング 登山
男女岳を上る。


エッサ、ホイサ・・・


月山の山頂直下の坂に慣れているので、そこまで苦じゃない。


以前は疲れたら座り込んで休んでいたけど、今では立ったまま小休止。


個人的に、こちらの方が坂道に合っているようだ。




















阿弥陀池があんなに小さい。


木道には次々に人が歩いてくる。


頂上のこの瞬間がとても好きだ。


さあ、次はどこに行こうか?
コメント

美しい秋田駒ヶ岳

2017-09-24 09:34:44 | トレッキング 登山
さあ、がんばって登ろう。


初めての山って、距離感がつかめない。


今、どのあたりで、頂上までどれくらいか?


途中、視界が少ない木々に覆われた山道を歩いていると、いつもそんなことを考えてしまう。


慣れた山だったら、『あと数分で開けた地点につくので休憩しよう』なんて思えるのだが。


そんなことを考えていたら、いきなり開けたビューポイントに出る。



大好きな田沢湖が一望できる。


そうそう、わたしが湧き水マニアになったのは、初めて田沢湖を通ったときにあった『茶立の清水』に出会ってから。


水はコンビニで買うものだと思っていたが、道路沿いに人が多く集まりペットボトルに水を入れていた。


何だろうと思って近づいてみたら、昔のお殿様がこの水でお茶をたてたという『茶立の清水』。


真夏、早速わたしもいただいたのだが、その冷たさとおいしさに驚いてしまった。


以来、いろいろな湧き水を探すようになってしまった。



山々が美しい。



今年の夏はとにかく天気が悪い。この日は雨の予想。でも。こんなに晴れた!ありがとう。



男岳かな?



木道が続く光景っていいな。



阿弥陀池が見えた。



なんてきれいなんだろう。



秋田駒最高峰男女岳



頂上まで高低差100mとのこと。急坂だ。



男女岳を上る前に、阿弥陀池のベンチで昼食。


最近、山での食事は、チキンラーメン、コンビニおにぎり、魚肉ソーセージ1本(普段食べないけど案外うまい)、丸ごとバナナ。(食べすぎかな?)


そして、コーヒー。


パターン化してしまったけど至福のひと時だ。



つづく。









コメント

秋田駒ヶ岳登山開始

2017-09-23 11:18:51 | トレッキング 登山
秋田駒は、以前、月山を登っていると、牛首のベンチに座っていたおばさんが、『秋田駒はお花がいっぱいだったよ』と言われて以来行きたかった。

( 実はこの後に会ったおじいさんは『飯豊連峰は感動するよ』が心に残っている )


朝、6時、アルパこまくさ到着。


マイカー規制のため、バスで出発だ。


何年ぶりだろう。バスに乗るのは?











たぶん制限速度の範囲だが、急坂を結構なスピードで駆け上がっていくバス。


カーブのたびに体が揺れる。





登山口には避難小屋もありいい雰囲気。


外からの種子(外来植物)を持ち込まないよう、靴底を洗い、登山口に立つ。





やっぱり、熊。


特に、ムーミン谷に出没するとのこと。


根性のない私は、ムーミン谷をあきらめるかもしれないけど、とにかく山頂目指して出発。


つづく


コメント

夜を徹していく山登り!

2017-09-22 20:27:07 | トレッキング 登山
たいてい登山に行くときは、仕事を5時で終え、車に自転車、寝袋を積んで出かける。


夜10時頃に深夜まで営業している日帰り温泉に行き、2時頃に出発。


眠くなったら道の駅で仮眠。


何度も夜が明ける瞬間を見てるのだが、この日の空は結構不気味で、しかも美しかった。









画像ではわかりにくいけど、ものすごい迫力だった。


この日向かったのは、初めての秋田駒ヶ岳。


ムーミン谷のネーミングにやられてしまった。


つづく。
コメント