シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

近藤さんの「ロードバイクでヒマラヤ越え!」日記その2

2018年10月22日 | 4. 最新情報!!

近藤さんの「ロードバイクでヒマラヤ越え!」日記の続編(その2 ヒマラヤ越え~下山)をお届けします!

その1はこちら ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/b9ccc37c1048d1e20ebf04ce311aa26b

【第八日目 9月18日(火)】

チョモランマのベースキャンプ近くのロンボクまで行き、周辺サイクリングではでっかいチョモランマを見ることができた。

お天気最高!

真っ白なチョモランマ。その姿は一度見たら忘れられない。

チョモランマは女性なのだと思う。誰も言わないけど。。。

 

5色の経文が書かれた旗をつなげたタルチョが峠にかかっている。

その峠を通るときは“キキソソラゲロー”と祈りの言葉を大きな声で言いながら通っていく。

道端でチベットの方に会うと“タシデレ~”とあいさつ。

声掛けしながらのライドは楽しい。

 

【第九日目 9月19日(水)】

チョモランマやチョー・オユーなどを見ながらのライド。ダウンヒルと平地のみのライドなのでしっかりと景色を目に焼き付ける。

ヒマラヤを超えてくるというツルがいたり、羊の群れをじっと眺めたり、平和な一日。

 

【第十日目 9月20日(木)】

いよいよヒマラヤを超える日!

ペイク・ツォという青く輝く湖から標高5,236mのグンタン・ラ(峠)を越えると、ヒマラヤを越えたことになる。

またまた5,000m越え。

前回の峠越えの苦しさがよみがえる。しかし、しかし、このグンタン・ラ、まったく苦しくない。

もともとどの峠も斜度はあまりないので、苦しくなければつらくないのだ。

人間の体ってすごい!わずか数日でこの高度に適応してきているのだ。

肌は乾燥してぼろぼろ、鼻の周りは皮膚が固まってだまになるくらいなのに、心臓と肺は適応してきているのだ。

向かい風が強かったのでそれなりに苦しかったが、息もできるし苦しくない。

ヒマラヤ越えは無事に終了

 

【第十一日目 9月21日(金)】

標高      4,100mの宿泊地から標高2,800mのキロンまでダウンヒル。

朝から雨だったが、出発を1時間ずらして雨具を着て出発。

ひたすらひたすら降りていく。と思ったらパンク!

すぐ近く人いた丹羽さんが手早く治してくれて、すぐに再開。

岩山の間のダウンヒル。景色が半端なく豪快。地球が動いてこの地形を作ったんだなぁと思いながらキョロキョロしてしまう。

もうすぐライドも終わってしまうと思うと、景色を見ながらゆっくり走りたくなる。

 

下ってくるとだんだんと緑が増え、酸素が濃くなってくるのを感じる。

地球ってすごいな。人はその環境の中でちゃんと適応して生きているんだな、そう思う。

 

【第十二日目 9月22日(土)】

チベットのライドは終了して、ネパールの国境からは四輪駆動の車でカトマンズへ。

 

【第十三、十四、十五日目 9月23日~25日(日~火)】

カトマンズでヒマラヤ遊覧飛行やハイキングをして過ごし、9月25日火曜日に帰国

カトマンズ空港から飛んだブッダエアの遊覧飛行は最高に良かった。

またチョモランマに会えた。でもこれが最後。

 

毎日、その日の体調を「体調管理表」に記載し、SpO2と脈拍を計測。ダイアモックスをきちんと飲み、毎食おいしく食事ができ、無事に「ロードバイクでヒマラヤ越え」を完了した。

走行距離も坂の斜度も、もしこれが日本だったら特別難しいことはない。

しかし、5,000mを超える標高とトイレもないような環境では、気持ちがあっても体の調子はくずれるかもしれない。

だから今年行くことができて良かった!

 

この目でみるチョモランマは素晴らしいし、チベットの方の宗教に対する姿勢や生まれ変わりの考え方、牛の糞を家の壁にしてそれを燃料にするような普段の生活、いつも肉を食べているので、人は死んだら鳥葬にして今度は人間がその肉を動物に捧げる話など、チベットで見て聞いて感じたことは、少なからず私の人生観を変えてしまったと思う。

現地ガイドさん、調理人さん、運転手さん、みんなみんなありがとう!

そして出発前も、帰ってきてからも自転車の整備をしてくださったシクル・マーモットの馬場店長、ありがとうございました。

この数日間の書ききれないほどの経験が、これからの私にどんな影響をするのか?実はそれが楽しみだ。

 

近藤美子 2018年10月

*********************************************************

最後までお読み頂き有難うございました。「ロードバイクでヒマラヤ越え」に関しては、こちらのツアー主催者のレポートも是非ご覧下さい!

http://ncycling04.sblo.jp/article/184523938.html?1540211976

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 近藤さんの「ロードバイクで... | トップ | 第279回走行会(守谷(8CAFE... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
magnifique ! ! (白クマ)
2018-10-23 00:14:43
近藤さま

 貴重なレポート(しかもMarmotteジャージ)をお寄せ頂き、有難うございました!('◇')ゞ
人生観まで変わる事との出会いを呼び寄せたのも、行動力のなせる業でいらっしゃると拝察しております。
お仕事もバリバリ熟された上で、本当に凄い!magnifique ! !
貴重なヒマラヤの岩塩も有難うございました。大切に使わせて頂きます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。