シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

2019ラピエール展示会情報!

2018年08月22日 | 4. 最新情報!!

今日は3会場で行われた新モデル展示会を廻ってきました。

まずは、当店の取扱いメインメーカーの1つであるフランスのブランド「ラピエール(LAPIERRE)」からご案内します!(後日、サーベロ、BH、ROTORなどについてお知らせします)

既にツール・ド・フランスで登場していたのが、山岳を含むオールラウンドモデルとしての位置づけとなる「新型ゼリウス(XELIUS)SL」ですが、独特なシートステイの形状はそのままに、ヘッドパーツやシートポストのクランプ部をエアコードのように空力が良くなるよう改良されています。なので、一見変わらないように見えるのですが、その他、プロ仕様のアルチメイトに関しては、カーボン積層を剛性バランスについて少し調整したとのことです。

ニューピノカラーは、ちょっと落ち着いたツートンカラーに。なお、トップチューブには、彼が勝利した峠の名前と標高が書かれています!この他、マットブラックにメタリックブルーのツートンデザインのカラーリングがあります。

エアロロードの「エアコードSL」に変更はなく、フレーム売りのアルチメイトのカラー展開は、ほぼ「ゼリウスSL・アルチメイト」と同じ。上のマットブラック/イエロ―は、アルテグラ完成車(AIRCODE SL 600)のカラーリングです。105完成車のカラーリングは、イエローの部分がレッドになります。

↑ ちなみに2018年モデルのメタリックブルーのトリコロールデザインは1年限り。当店に、サイズ48(TOP長535mm)の在庫が残ってます!

↑パリ~ルーベをはじめ、悪路をより速く走るために設計された「パルシウム(PULSIUM)」は世界的には需要の多い車種だそうです。

新型105でも価格据え置きの完成車「PULSIUM SL 500」はお勧めで、ブルベなどで林道を含む長距離コースに良さそうです!

↑ロングライド向けロングセラーバイク「センシウム(SENSIUM)」は、105又はティアグラの完成車仕様車のみのラインナップ

上の写真は105仕様車のSENSIUM 500。ベースカラーはブラックではなくDARK SLATEというややグレーが入ったカラーです。

↑ アルミロードの「アウダシオ(AUDACIO)」は、105仕様(175,000円)から、ティアグラ仕様、SORA仕様、クラリス仕様(100,000円)まで多彩です。

 

カラーリングや価格などについて、もっと詳しく知りたい方は、2019年モデル用カタログが店頭でご覧いただけますので、ご来店をお待ちしております!

※8月下旬は臨時休業が多くなってますので、ご来店までにHPの営業予定表などで確認くださるようお願いいたします。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp  

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください!

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Le café oursblanc 282 「憧... | トップ | 2019サーベロ展示会情報! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。