シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

油圧ブレーキ&シフトワイヤー装着まで

2019年04月04日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

だいぶ間が空いての作業再開となりましたが、お客様のポジションを再度見直しさせていただいて、コラムスペーサーは最大枚数の6枚入れさせて頂くこととなり(30mm)、この高さで、全てのケーブル類の長さが確定しました。

ケーブル類の長さを確定させて取り付けてしまうと、フル内蔵のためコラムの高さはプラマイ5mmほどしか調整幅が無くなってしまうので、S5を組み立てる場合は、フィッティングをしてポジションをしっかり確定させることが重要になってきます。(ケーブル類を外せば0~30mmの調整幅あり)

まずは、油圧式ブレーキホースの取付けとミネラルオイルの注入&気泡抜き(ブリーディング)から。フル内蔵式だと、ホースをカットした位置でコネクターインサートなどを取り付けたり、ブリーディングをせざるを得ないので、作業がやりにくいのと、オイルを巻き散らかさないように、また、オイルがかかりそうなところは養生しておく必要があります。

シマノのブリーディング方式は、ロード用ディスクブレーキが出た頃からインジェクター(注射器)を使ってキャリパー側から注入する方式になりましたが、気泡抜きは依然として上から下へと自然にオイルが落ちるのを待ちながら行うのでちょっと時間がかかります。SRAM/AVID方式のように気泡抜きもインジェクターを使ってみると作業効率が上がりますが、インジェクターにつなぐチューブが外れやすいので注意が必要です。

シマノの油圧式ディスクブレーキ用のマニュアルは、機種が増えたこともあり、40頁(左)から最新のものは60頁(右)に。

次に、シフトワイヤ―の取付けです。ハンドル&ステムからダウンチューブまではフルアウターになっていて、BB下の内側にアウターストッパーを取り付ける方式のため、ここからライナー管を引いてインナーワイヤーを通します。なお、アウターストッパーまでのアウターワイヤーの長さは、約10mmだけ余分を残してカットしましたが、あまり残しすぎてもダウンチューブの中で弛んでしまうし、反対にもし短かくなってしまったら全てやり直しになるので、カットする時はかなりの勇気が要ります!

ちなみに、間違って反対に取り付けないよう、フロントシフト用とリアシフト用のアウターの色を変えました。使用したワイヤ―は、フル内蔵にこそ威力を発揮する日泉(NISSEN)です!

さて、あとは、チェーンを付けて変速調整を行い、バーテープを巻けば完成です!

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 

●ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

コメント

NewサーベロS5(ケーブル類の内装作業)⑤

2019年02月21日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

先週、オーナー様には2回目のフィッティングをして頂き、ハンドル位置(ステムの長さ、コラムの高さ、ハンドルのおくり角度、レバー取付角度)とサドル位置(高さ、前後など)がばっちり決まりました!

あとは、最終組み付け段階に入っていきますが、まずは内装化しなくてはならないケーブル類(油圧ブレーキホースとシフトワイヤー)をフレームやステムの中に通すため、一度仮組みしたパーツ類の一部を取り外します。

← 特にヘッド回りは、ハンドルを切った時に抵抗が少なくなるよう、試行しながらケーブルの配置を決めていきます(必ずしもマニュアルの絵図通りとは限らない!)。

← ステムの中にもワイヤを通すので、シフトワイヤは、アウター、インナーともにしなやかさのある「NISSEN」のワイヤを使用。なお、左右間違えないよう違う色のものを使用しました(フロントはオール内装なので色は見えず)。

← ハンドルバーは内蔵ではなく溝にワイヤ―類を沿わすタイプなので、ルーティングはあまりきつくなく取付けが出来そうです。

 

次回は、いよいよ油圧ブレーキのブリーディング作業とシフトワイヤの取付けなどですが、来週は沖縄のブルベに参加のため、完成は3月中旬頃になりそう。。

「暖かくなる頃に納車をお願いします」というオーナー様の温かいお言葉によりゆっくり組立てさせて頂いておりますが、でも、ようやく完成の目途がつきましたので、もう少々お待ち下さい! 

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」でブログの最新情報を常に確認できます!

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

NewサーベロS5(再ポジションチェックへ)④

2019年02月13日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

週に1回のかなりスローなペースで組立て作業をさせていただいているNewサーベロS5ですが、先週、オーナー様にご来店頂いて実車でのポジションチェック(フィッティング)を行い、サドルの高さと前後位置を概ね決定。今週は再セッティング作業とブレーキキャリパーなど全てのコンポ取付作業を以下のとおり実施しました。

シートポストは、上下15mmしか調整幅がないため、下に10mm、上に5mm上げられる位置でカット。これで、もう1回ポジションチェックを行わさせて頂き、ステムの長さとハンドルの角度を最終決定する予定です。 

↑ シートポストの下端は、フレームを損傷させないように、フレーム形状に合わせて斜めにカット。切断面はエポキシ樹脂で保護。

↑ フラットマウント式のブレーキキャリパーを取り付けて、ローターとの整合性を確認。

↑ ロルフプリマのディスクブレーキ用ホイールは、ローターの取付規格がシマノが採用しているセンターロック式のため、放熱性能に優れたシマノ製ローター(SM-RT900)を装着。

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」でブログの最新情報を常に確認できます!

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

NewサーベロS5(ポジションチェックが行える仮組みまで)③

2019年02月07日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

↑ サーベロ(CERVÉLO)newS5の組立てについては、実際に跨ってポジションチェックを行う仮組み段階まで進みました!

と言っても、ハンドル、サドル、クランクを仮止めした程度で、本格的な作業はこれからになります。

↑ Y字型のエアロステムとハンドルバーの間に、高さを2.5mm増すシムを入れることができます。もしくは、ハンドルのしゃくり角度を2.5度又は5度調整するためのシムを入れることも可能。

↑ コラムスペーサーに相当するパーツ。5mm厚のものを最大6枚(計3cm)入れて、ハンドルの高さを調整することが可能です。コード類を通した後からでも出し入れは可能ですが、ワイヤーや油圧ホースはフル内装のために長さ変更が難しいので、本組み作業に入るまでに綿密にポジションチェックを行って、入れるスペーサーの枚数はある程度決めておく必要がありそうです。

↑ シムやスペーサーに多くの種類があり、さらに使用するボルトの長さが変わってくるので、ハンドル周りの調整部品だけで箱が一つ。

↑ シートポストの長さ設定も慎重に行う必要あり。特殊なフレーム形状のため、フレームに挿入できる長さはわずかに8.5cm。最低限入っていなければならない長さが6.5cmのため、物理的に調整幅は2cmのみ。サドルの位置を決めた上で、シートポストのカット位置を正確に計算して求める必要がありますが、1回目の切断は念のためちょっとサドルが高めになる位置で行い、ポジションチェック後に2回目の切断を行う予定。

#CERVELO #CERVELOs5

#CERVELO #CERVELOs5

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」でブログの最新情報を常に確認できます!

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

コメント

サーベロS5(フレームのコーティングとホイールの取付)②

2019年01月31日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

新型サーベロS5のフレームが届いてから既に1週間以上。。オーナー様からは、「他の急ぎの作業があったら後回しにしてゆっくりやってください」との温かいお言葉を頂いてはいたものの、1週間以上も間を空けてしまい申し訳ございませんでした。

組立て作業を始めるに当たって、まずは、フレームにコーティング剤を塗布します。今回、クリア箇所には、当店オプションとなっているワコーズ(WAKO'S)の「バリアスコート・リキッド」を使用し、マット箇所は、より薄い被膜でムラの出にくい同「バリアスコート」を使用。

「バリアスコートリキッド」は、複数のケイ素化合物により強固なベースを作り、表層は撥水官能基とポリマーによる多重撥水表面を形成する複合的な特殊コーティング剤とのことで、防汚性、耐久性に優れています(メーカー説明書より)。なお、施工に当たっては、薬剤の塗布方法、乾燥時間、拭きあげ方法など、細かな指示通りに行う必要があり、必然的に営業時間外での作業となります。

↑ 組立作業の第1歩はフロントフォークから。とにかく特殊な構造のため、ワイヤ―や油圧ホースを通す前に、一度仮組みをしてみます。

↑ これまで見たことのないパーツを取り付けていきます。

↑ これは何と”ステム”なんです!この上にハンドルバーをどのような角度で取り付けるかは、まだ少し先の作業になりそうです。

↑ 難しい構造ながら、ちゃんとしたインストラクションが用意されているのは助かります。さすがはサーベロ!!

↑ とりあえず、自転車のカタチにするべく、次はホイール。

「ロルフプリマ(ROLFPRIMA)ARES6」というハイトの高いリムのため、「シュワルベ」の80mmバルブの付いた軽量チューブを装着。

↑ エクステンダーでバルブの長さを延長させる方法もありますが、取り扱いに慣れていないと、思わぬトラブルに直面するというリスクが。。

↑ 装着したタイヤは、人気の高かったコンチネンタル・グランプリ4000SIIの後継新商品「グランプリ5000」。発売されたばかりで耐久性までは未知数ですが、コンチネンタルらしくない”しなやかさ”が特徴のようです!

次の作業は、フレームにディスクブレーキキャリパーを、ホイールにローターを取付け、あとは油圧ホースのルーティングチェックを行う予定です。

  

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

サーベロNewS5の組立過程を紹介していきます!①

2019年01月23日 | 新型サーベロS5が出来上がるまで!

最近、メカニック的な記事内容が少なくなってしまったところ、自転車が出来上がるまでの工程を紹介できたらと思い、ちょうど新型のサーベロ「S5DISC」のフレームが入荷してきましたので、オーナーになられるS様のご賛同を頂き、これから少しずつアップしていきますので、是非ご覧下さい!

↑ まずは、箱から梱包材を剥がし、キズ等の製品チェックやパーツの不備がないかどうかをチェック。また、取付けパーツとの規格適合性なども確認。

↑ 特殊構造となるフロントフォーク。フォークコラムは前方の半円部分が担う。ここにケーブル類をどうやって通すかをシミュレート。

↑ ハンドル&ステムも大胆なエアロ構造に!

#サーベロS5 #CerveloS5

 

「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

● メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

完成車、フレーム、ホイール ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/5a01b25d22056a4059170dfdd6064d09

パーツ、ウエア、用品類 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/ca37dc1ac1c5aee1519334289a2ae47d

にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のロゴをクリック! 

 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント