京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ある男』

2022-11-30 | 邦画

□作品オフィシャルサイト 「ある男
□監督 石川慶
□脚本 向井康介
□原作 平野啓一郎
□キャスト 妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、柄本明

■鑑賞日 11月20日(日)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

原作は未読。

他人になりすまして違う人生を送ること・・・。
「生まれ変われるなら○○になりたい」、何て思ったことが誰しもあるのでは。

ふとしたことで仲良くなり、愛し合って結婚し、子供も生まれて。
だけど、その夫が全くの別人だったとしたら。
妻・里枝(安藤サクラ)から、亡くなった夫・大祐(窪田正孝)の
身元調査をして欲しいという依頼を受ける弁護士の城戸(妻夫木聡)。
調査していく過程で、大祐に繋がる人物を探し、過去を紐解いていく。
そこには幾つもの絡み合った糸があり、それをほどいていく。
ここで効果的だったのは小見浦(柄本明)の存在。さすがに上手い。
ある意味、城戸を迷わせ、その実それは真実を伝えていて、
この調査に最も深みを与えていた。
戸籍売買や偽装結婚は実際にあることはニュース等で知ってはいたが、
なかなか違った視点で「ある男」を捉えていたところがこの映画(原作)の
面白さだと感じた。
さんざん小見浦に踊らされた城戸も一段落したところで、
実はミイラ取りがミイラになってしまうオチも。
抑揚はそれほどないが観ていて飽きない作品だった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「日本庭園の紅葉」/昭和記念公園

2022-11-29 | 公園(庭園・テーマパーク)

【2022/11/19撮影】


銀杏並木やメタセコイヤで秋の散策を楽しめましたが、
一番の楽しみは池泉回遊式庭園様式の日本庭園の紅葉です
さて、今年の紅葉の具合はどうでしょうか

   

日本庭園入口付近のリフレクション。 紅葉の赤が映り込んでキレイです

   

 TOPの写真もそうですが、清池軒のそばの紅葉は特に鮮やかでキレイです

   

池の周りの紅葉も見応えがあり、また池面に映り込むリフレクションが素敵です

    

一番右の写真は紅葉した盆栽(盆栽園)の赤と
黄色いツワブキのコントラストがなかなかいいでしょ(笑)

   

新婚さんかどうかは怪しかったですが、
ウェディングドレスを着て記念撮影をしていましたよ

   

日中だったので見れなかったですが、ライトアップが行われています
詳細はこちらで 秋の夜散歩2022

  

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「黄葉・紅葉」/昭和記念公園

2022-11-28 | 公園(庭園・テーマパーク)

【2022/11/19撮影】


朝から秋らしいいい天気で、昭和記念公園では「東京蚤の市」が開催され、
ゆめひろば付近は多くの人で賑わっていました
この分だと入園するのも相当混雑するかと思いきや、
今はSuicaやPASMOでタッチすればなのですんなりと入園(笑)

   

例によってカナールを見下ろしながらベンチでランチ
カナールの両サイドのイチョウ並木はご覧の通り色づいてました

   

 

  

  

背の高いメタセコイヤは迫力ありますね

   

   

かたらいのイチョウ並木はやや落葉気味
撮れなかったですがリフレクション用に下に鏡が設置してあり、
皆さん行列して順番を待っていましたよ

  

その大きさが伝わるかどうかわかりませんが、まあ見事なサザンカたちです~

「Let's dance together !」 「シンフォニエッタ!」

  

「よみがえる樹々のいのち」展が開催中でした

「森のあかり」    「灯 り」

  

  

立川口出口付近にあった紅葉はしっかりと色づいてキレイでした

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小岩の街風景

2022-11-27 | ひとりごと

【2022/11/18撮影】


善養寺を出た帰り道でこんな壁画を発見  面白いので撮って来ました
あのバンクシーって感じですかねぇ(笑)
「ご当地バンクシー」って呼ばれているみたいですよ。

   

右の写真はきっとアル・パチーノでしょうね

   

こちらは小岩駅に向かう途中の昭和通りにあった家電店の看板です。
カラフルで楽しかったのでパチリ~
知らない街って色んな発見があって楽しいです

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「影向菊花大会」/善養寺(小岩)

2022-11-27 | 寺・神社・仏閣

【2022/11/18撮影】


昨年もお邪魔した小岩にある善養寺。
樹齢600年以上と言われる影向(ようごう)の松が有名です
そして影向菊花大会も今年で55回を迎えたそうですネ。

  

青空に白い雲、そしてたくさんの菊たち。菊独特の香りが漂っていました~

  

中央の写真が「スカイツリー」、右が「うさぎ」です。
どうです、見えますか(笑)?

  

造形大花壇 ー影向作りー
「影向菊花 光輝き 宇宙にとどけ」

国華越山    国家伝説

   

北斗の星    聖光華宝

   

彩胡光輪 国華大日 兼六香菊

  

影向(ようごう)の松

国の天然記念物で、影向とは神仏が仮の姿をとって現われること。
東西に31m、南北に28mで日本一の繁茂面積だそうです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「展覧会 岡本太郎」② /東京都美術館

2022-11-26 | 美術・芸術・写真

【2022/11/16撮影】


岡本太郎と言えば、やはり「太陽の塔」ですね
TOPの写真はその太陽の塔の50分の1の作品です。
太陽の塔と言えば、大阪万博のシンボル的存在、
今もなお「万博記念公園」の入口でみんなを迎えてくれています~
その大阪万博には友人と一緒に7回訪れたことを思い出します
ここでは彫刻等をご紹介します。

太陽の塔(背面) 若い太陽の塔 こどもの樹

    

こどもの樹は改修後も残すということでしたが、
今も青山に残っているのでしょうか?
しばらく青山界隈には行っていないので

手の椅子 駄々っ子   手ー青 手ー赤

   

午後の日    若い夢

   

顔    犬の植木鉢

   

縄文人  樹霊Ⅱ

  

女神像 梵鐘・歓喜 河童像 ノ ン

   

 

  

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「展覧会 岡本太郎」/東京都美術館

2022-11-25 | 美術・芸術・写真

【2022/11/16撮影】

岡本太郎の過去最大規模の展覧会が東京都美術館で開催されています。
岡本太郎と言えば、誰もが最初に「太陽の塔」を思い出すことでしょう
「芸術は爆発だ!」って一世を風靡したセリフも有名ですね
その爆発通りの彼のパワーがここに集約されていました
ここでは絵画を中心にご紹介しますネ。
膨大な展示作品にまさに圧倒されてしまいました
全てはご紹介できないので抜粋してご紹介します。

明日の神話   予 感

   

渋谷駅に設置されている巨大壁画「明日の神話」の下絵です
下絵と言えども大作ですよね(笑)
渋谷に設置された時には一番で見に行った記憶があります

青 空  十 手  森の掟

  

跳 ぶ  夜  傷ましき腕

  

作 家 樹 人 装える戦士 愛 撫

   

太陽の神話 みつめあう愛 天に舞う

  

双子座  眼の立像  雷 人

  


川崎市 岡本太郎美術館

岡本太郎記念館

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『土を喰らう十二ヵ月』

2022-11-24 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「土を喰らう十二ヵ月
□監督・脚本 中江裕司
□原案 水上勉
□キャスト 沢田研二、松たか子、西田尚美、尾美としのり

■鑑賞日 11月17日(木)
■劇 場 109シネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

まず、この映画を観るのに座席についたら、何と客席は老人ホームのよう(笑)

普段、シネコンに足を運ばないだろうな老人たちがいっぱい。
ま、映画が始まったらイビキかいて寝てたけどね。

この映画は、作家・水上勉の料理エッセイ「土を喰う日々 わが精進十二カ月」が
原案のヒューマンドラマ。


長野の人里離れた山荘で一人の60代の作家ツトム(沢田研二)が、
自然が豊富な土地で、贅沢をせず、山で採れた実やキノコ、畑で育てた
野菜などを
料理して、執筆活動をしている。
時折、担当編集者である歳の離れた真知子(松たか子)が東京から訪ねてくる。

二人の関係はともかく、四季折々、贅沢ではない旬の食材を料理して、
食べるシーンが多いので、時間もお昼時でお腹がぐうぐう鳴った(笑)
田舎暮らしのなかで、当たり前のように自然の中で地産地消、寺で修業した経験も活かし、

1年12ヵ月の季節の移ろいと初老の男の自然体の生活を描いていた。
どこがいいとか悪いとかではなく、都内の中でも、何か自然体で生活する
心の術を教えられているような映画だった。

13年前に他界した妻の遺骨を墓に納めることができずにいたツトムだが、
義母の死をキッカケに地元の池に散骨する姿にウルウルしてしまった。

ジュリー主演の好きな映画は『太陽を盗んだ男』
ジュリーの好きな曲は・・・

 時の過ぎゆくままに この身をまかせ
 男と女が ただよいながら~♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「紅葉」/永観堂(京都)

2022-11-23 | 寺・神社・仏閣

【2022/11/13撮影】


永観堂の紅葉も楽しみの一つでしたが、
残念ながら雨脚が強くなって来たので、中には入りませんでした。
外からでもそれなりに紅葉は楽しめました。
ここは永観堂幼稚園辺りの紅葉もキレイです。

  

   

  

   

雨に濡れた紅葉もいいですよね

  

少し古いですが、中の様子はこちらで



 「紅葉・永観堂」/京都2015秋

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「紅葉」/南禅寺(京都)

2022-11-23 | 寺・神社・仏閣

【2022/11/13撮影】


前日の秋晴れとは一変、この日はあいにくの雨でしたが、
せっかく京都に居るのにじっとはしていられない
南禅寺辺りを行ってみたいと言うかみさんのリクエストで、
烏丸御池(滞在ホテル)から近い地下鉄・蹴上駅から南禅寺へ
バスで京都巡りをする方も多いと思いますが、
僕はこの烏丸御池を中心に、地下鉄を利用して散策します。
理由は烏丸線と東西線の交わる所にあり、アクセスがとてもいいからです
バスのように混まないし、渋滞もなし
多少駅から歩くことになりますが、とても便利です

天授庵

  

南禅寺と言えば、やはりここ天授庵の紅葉ですね
雨の日でも、しっとりと見事な紅葉を見せてくれます

  

やはり雨の日なのでいつもより境内は空いていました。
修学旅行の生徒さんたちも少なかったですね。
左の2枚は三門の下から撮った天授庵の紅葉です。
もちろん外国人の姿も少なかったです。

  

  

真ん中の写真は紅葉の下で雨宿り(笑) 雨粒も写っていますよね。

   

南禅僧堂そばの紅葉もキレイでした

   

法堂と方丈の間にある紅葉。南禅寺の中でも最も大きな紅葉です。

水路閣

   

ここは一番人が集まる水路閣ですね。
もちろん、あの映える写真が撮れるスポットですから(笑)

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「HARI -波璃-」/京都・烏丸

2022-11-22 | 

【2022/11/12撮影】


京都に帰り、まずはオヤジの墓参りに上桂へ。
この日は天気が良く、すごく暖かで、半袖でも過ごせるぐらいの陽気。
墓参りを済ませてオフクロとの面会に。
寝起きで笑顔こそなかったですが、血色も良く元気そうでした

夜は弟が予約してくれた烏丸にある「HARI -波璃-」へ。
なかなか室内装飾もキレイで、しかもVIPルームを用意してくれました
もちろん、飲み放題で(笑)
近所でオヤジたちもお世話になっていた方と4人で会食。
両親との懐かしい話で盛り上がるかと思いきや、
その方の娘の旦那のグチを聞くハメに(笑)
まあ、お酒と美味しい食事があれば、多少はガマンガマン

先附 旬を感じる前菜

  

造里 鮮魚のカルパッチョ、揚物 季節の天ぷら盛合せ

  

TOPの写真が天ぷら盛合せですが、この海老の天ぷらがこの日一だったので(笑)

温物 季節の蒸し物、焼物 信州たてしな牛ステーキ、〆物 季節の炊き込み御飯

  

デザート

1年ぶりの京都の夜でしたが、ワイワイ飲めましたよ~


おぼこいけず地蔵

   

滞在したホテルの近くの御幸町広場(ゼスト御池)にあったのですが、
カワイイお地蔵さんたちですね(笑)
「おぼこ」とは、関西の言葉でかわいい幼子、「いけず」は意地悪という意味。
このお地蔵さん、「いけず」から「おぼこ」の順にさわると頭がよくなり、
性格も「いけず」から「おぼこ」に変わると言われているそうです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「最勝院(高徳庵)」/京都

2022-11-22 | 寺・神社・仏閣

【2022/11/13撮影】


南禅寺の奥にある最勝院。水路閣沿いに歩くとあります。
ここは僕が高校生の頃から好きな場所です
水路閣までで戻ってしまう方もいるのですがもったいないです
ただ、最近はSNS等にもアップされ、若い女性たちの姿も~
南禅寺を訪れたなら是非寄ってみて下さいね

   

  


ねじりまんぽ  金地院   正的院

   

1888年6月に完成した「ねじりまんぽ」。
「まんぽ」とはトンネルを意味する古い言葉だそうです。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「川瀬巴水の作品」/東京オペラシティ アートギャラリー

2022-11-21 | 美術・芸術・写真

【2022/11/10撮影】


アートギャラリー2Fで「連作版画の魅力」と題して、
展示されていた作品群の中に、僕の好きな川瀬巴水の作品が5点
展示されていることは全然知らなかったので嬉しかったです
TOPの写真は巴水の「大森海岸」です。

   

巴水の作品、左から「瀧之川」、「馬込の月」、
「大根川岸の朝」、「御茶の水」です。

    

左から、山本麻友香の「COW」、「bear」。西内俊雄の「琵琶湖の仲間たちⅡ」。
相笠昌義の「童女座像」、小泉純作の「蕪」。

   

左から、李禹煥の「筆より」、郭仁植の「Work4」。

   

臺原蓉子の「森で」。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「M/E 川内倫子」/東京オペラシティ アートギャラリー

2022-11-20 | 美術・芸術・写真

【2022/11/10撮影】


国内では約6年ぶりとなる川内倫子の美術館個展で、
タイトルは「川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり」。
「M/E」とは、「母(Mother)」と「地球(Earth)」の頭文字をとっていて、
続けて読むと「母なる大地(Mother Earth)」、そして「私(Me)」を意味しています。
直近約10年の活動に焦点が当てられ、作品の持つ本質に迫っています。
一貫して作品自体のもつ柔らかい光をはらんだ淡い色調が特徴。
強いメッセージ性はないが、自然の営みと光を調和させている所に惹かれました

  

   

   

   

   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「秋バラ」/横浜イングリッシュガーデン

2022-11-19 | 公園(庭園・テーマパーク)

【2022/11/9撮影】


さて、秋バラの様子ですが、結構キレイに咲いていましたよ~
秋の陽射しに輝いて、バラは活き活きとしていました
春バラに比べるとやや大人しめな感じもしましたが・・・
TOPの写真は「アーク・エンジェル」という名のバラです。
実物は絞りたてのオレンジ色が本当にキレイでした

大文字 イングリッド・バーグマン 陽 炎

  

ダブル・デライト ホワイト・ラ・フランス エイボンビュー

  

アンブリッジ・ローズ ビューティ&フレグランス ローズ・ドラジェ

  

マジック・シルバー モダン・タイムス トワイライト

  

ドロシー・ハンニバル  魅 惑  アイスバーグ 

  

バラはまた春までお預けですね

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする