京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『凶悪』

2013-09-28 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「凶悪
□監督 白石和彌
□脚本 高橋泉、白石和彌
□キャスト 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、
       白川和子、
吉村実子

■鑑賞日 9月21日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  山田クン、『闇金ウシジマくん』や『その夜の侍』どころではなくなったぞ(笑)
  今回は肉体でも、顔の表情と目の動きに注視して観て。
  でも、LiLiCoが言ってたけれど、山田クン、だんだん汚なくなっていくぞ(笑)

 死刑囚・須藤(ピエール瀧)の告白を受け、雑誌ジャーナリストの藤井(山田孝之)が、
 須藤の告白を
基に、身の毛もよだつ事件の顛末を追う姿を描いていく。
 取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、
 須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる
 首謀者・木村(リリー・フランキー)がいるという告白を受ける。 須藤は「先生」がのうのうと
 生きていることが
許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。 藤井は上司の
 忠告も無視して調査を
 進めると、 やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていく。

 この作品、前評判ほど凶悪かと言うとそうでもない。
 単純に殺しのシーンは多いかもしれないが、むしろ関わり合う人間の、
 過去と現在の生き様を
炙り出していく風味の映画だ。
 そこに藤井の家庭の問題とオーバーラップさせながらも、借金の返済に父親に、
 保険をかけてしまう家族の行き詰まった姿や
、たとえ身内でも殺めてしまうヤクザの姿を
 対比させながら、藤井のどこにも持って
いきようもない葛藤とジャーナリストとしての血が、
 何が正義で何が悪なのか、また法律の隙間を泳ぐ悪人の
姿も表面化させている。

 過激なヤクザ・須藤を演じるピエール瀧と、先生と呼ばれて自らの手を汚さず私腹を肥やす
 木村演じるリリーさんの熱演が印象に残る。 もちろん山田クンも上手いが、
 最近、彼は
こういう役柄が多いせいか、熱演とまでは印象として残ったわけではない。
 むしろ今回は“静”の演技に終始したかもしれない。

 特にリリーさんの公判での目線は印象に残っている。 表面に表れる優しさとは裏腹に、
 目は少しも笑っていないそれは、今までのリリーさんにない悪の表情だったのかも。

 そして、事件をフィードバックさせながらも、脚本の上手さが際立った作品だった。

  映画を観ながら、“痛み”のわからない人間は堕ちるしかないのだと感じていた。
  実話ベースだとしながらも、同様なことが起こっていても不思議でない今が怖い・・・。


コメント (12)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 京都から戻りました~ | トップ | 「グランルーフ」/東京駅八重... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
借金に保険 凶悪の端緒 (sigrag)
2013-09-28 12:42:47
>この作品、前評判ほど凶悪かと言うとそうでもない。
>痛み”のわからない人間は堕ちるしかないのだと感じていた。

ふむコレ ちょい来月 これ見てみようjかなぁ。。
オススメは~ (cyaz)
2013-09-28 21:08:02
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ふむコレ ちょい来月 これ見てみようかなぁ。。
ま、オススメはできませんが(笑)
Unknown (はるみん)
2013-10-04 23:22:24
>実話ベースだとしながらも、同様なことが起こっていても不思議でない今が怖い・・・。

ほんとですね。殺人シーンよりも起りうると思わせる方が怖かったです。
尼崎の事件が頭をよぎりました。
Unknown (cyaz)
2013-10-05 08:37:20
はるみんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>殺人シーンよりも起りうると思わせる方が怖かったです。
尼崎の事件が頭をよぎりました。
ですねぇ。
最近もまた残虐な殺人事件が当たり前のように起こっていますからねぇ・・・。
天網恢恢 疎にして洩らさズ (sigrag)
2013-10-07 14:57:50
先週平日 豊洲でレイトショー9:30~
これ「凶悪」…今月の1本 足運びました
レイトですんでお客は私を含めて7人だけ
うんでも館内係りの方ぁ「ワリカシは言ってますよ」とのこと

>ま、オススメはできませんが(笑)

ああ そういうことでありましたかぁ~ 
いやぁーよく注意を払い 素直に他のんすりゃ良かった…
この映画の味っ その映像表現っ はっきり言って感想ぉ

き~も~ち わるぅぅぅ~い これに尽きます はい

ご家族連れの方ぁー特にお子様とかこういうのんは宜しくない
私もメンタルお子様みたいなんありますからぁーきつかったぁ
これ翌日ちょいと食欲不振なりますねぇー 途中退席も考えたくらい

そんでも制作に携わった方々のおもいもありますんでなんとか完賞ぉ
しっかしチャズさん よくこんなん止めて観れましたねぇー
私はひたすら防戦で手いっぱい あまり他ぁ目配りできませんでしたよ

うえっ 思い出すとまた食欲なくなりますわぁ…とほほ
世の中には~ (cyaz)
2013-10-07 17:29:12
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>レイトですんでお客は私を含めて7人だけ
そんなもんでしょうねぇ(笑)
寝つきがわるくなりますから(笑)

>この映画の味っ その映像表現っ はっきり言って感想ぉ
き~も~ち わるぅぅぅ~い これに尽きます はい
ですよね(笑) それ以外に何もありません。

>ご家族連れの方ぁー特にお子様とかこういうのんは宜しくない
家族(子供)連れはまさかないでしょう(笑)

>これ翌日ちょいと食欲不振なりますねぇー 途中退席も考えたくらい
なるほど^^

>私はひたすら防戦で手いっぱい あまり他ぁ目配りできませんでしたよ
うえっ 思い出すとまた食欲なくなりますわぁ…とほほ
人体を物体と捉えることのできる人たちが、
世の中にはいるらしいですよ(怖)
劉邦三法 今の世の中も (sigrag)
2013-10-07 18:47:15
その昔 漢を興した劉邦がはじめて町を占領
そのとき治安維持のため布告した有名な三法

「殺すな」「姦かすな」「盗むな」

今はといいますと刑法の考えに「自然犯」というのがございます
法律よりその前にそもそもこれは犯罪ですよという考えですが…

お子さんは無理にしても今の若い人達へ1つ覚えておいてほしい
こういう犯罪は天気がざわめくんと同じく いつの世もあるんっ
そんなんやらかすんはホント視野が狭い「己さえよけりゃいい」

>この作品、前評判ほど凶悪かと言うとそうでもない。
>“痛み”のわからない人間は堕ちるしかない

ほんと視野が狭すぎる人たちが織り成す悲劇がこの映画
ところが更にその先の視点だってねぇーそりゃ桐がない

>最近もまた残虐な殺人事件が当たり前のように…

ひとの痛みをわかってもなおやらかす凶悪犯罪だって否めない
この場お借りして情報芸術っ1つ 届くなら届くところへ届け
ゆとり教育の~ (cyaz)
2013-10-08 08:13:56
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そんなんやらかすんはホント視野が狭い「己さえよけりゃいい」
ゆとり教育の弊害ですかね(笑)

>ひとの痛みをわかってもなおやらかす凶悪犯罪だって否めない
確かに。 見て見ぬフリをする大人もいけないのだが、
踏み切りで倒れた人を助けて亡くなる大人もいるのです、はい。
何でも欲しがる 生活もゆとり (sigrag)
2013-10-08 13:05:38
>ゆとり教育の弊害
教育もそうでしょうし ゆとりの生活もありますねぇー
蛇口を捻ねりゃお湯が出るんですもん(笑)その他諸々…

>見て見ぬフリをする大人もいけない
>踏み切りで倒れた人を助けて亡くなる大人もいる
くぅー>< これも気が付き難いジレンマ(驚)
気が付けば 出来ることはすることも…勇気
出来ないことは出来ないとすることも…勇気
男はつらいよ蛙のツラにしょんべんで誤魔化すことも(汗)

えー「凶悪」この映画 世の中のどうしようもない心の闇
見ないフリをしたかった一作かもしれませんがぁー
足を運んじゃったからしょうがない やむなん やむなん

でもねっ 毎度のこと予告ですが 1つピピっとねっ
「利休にたずねよ」海老蔵さんが主演の1作だそうです
ここチャズさんとこでこうして遊べるんもそもそも
増上寺「茶雅馬」さんとこ遊び寄ったからでありまして
そんな流れだもんですからこれは 楽しみ 楽しみ

その折はまた遊び寄らせてください よろしくお願いします
状況判断力~ (cyaz)
2013-10-08 17:19:30
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>蛇口を捻ねりゃお湯が出るんですもん(笑)その他諸々…
ま、給湯器は僕が子供の頃からありましたからね(笑)

>気が付けば 出来ることはすることも…勇気
出来ないことは出来ないとすることも…勇気
状況判断力と、周りにも人はいたはずなのに・・・。

>「利休にたずねよ」海老蔵さんが主演の1作だそうです
ここチャズさんとこでこうして遊べるんもそもそも
増上寺「茶雅馬」さんとこ遊び寄ったからでありまして
そうでしたかねぇ(笑)

>その折はまた遊び寄らせてください よろしくお願いします
どうぞごゆるりと^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

36 トラックバック

凶悪/山田孝之、ピエール瀧 (カノンな日々)
新潮45編集部の取材記録を綴ったベストセラー・ノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」を基に『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の白石和彌監督が山田孝之さんを主演に映 ...
映画 凶悪 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭からのエロシーンには、ちょっと吃驚しました。   至る所に暴力シーンやエロシーン、グロテスクな描写があるので   それらが嫌いな人は、見ないほうが良いでしょう...
劇場鑑賞「凶悪」 (日々“是”精進! ver.F)
凶悪事件、露呈… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309210001/ 【送料無料】シナリオ 2013年 10月号 [雑誌]価格:930円(税込、送料込) 【送料無料】凶悪 [ 新潮45編集部 ]価格:580円(税込、送料込)
凶悪 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)を映画化。取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須藤が...
凶悪 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月23日(月) 15:05~ チネ4 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 繊細な人、やさしい人、気の弱い人は、見ないほうがいい。 『凶悪』公式サイト 実話ベース。 死刑囚のピエール瀧の告発を追う週刊誌記者山田。瀧の悪行の後ろでは、リリ...
凶悪~今そこにある認知症 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。新潮45編集部原作、白石和彌監督、山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥、斉藤悠、米村亮太朗、松岡依都美、ジジ・ぶ ...
「凶悪」事件と妻の介護疲れの先にみた介護疲れした家族を狙った先生の心の隙を突いた凶悪という名の救済 (オールマイティにコメンテート)
「凶悪」はある死刑囚から届いた1通の手紙により取材する事になったジャーナリストが取材を通じてある凶悪犯の実像を追いかけていくストーリーである。事件の真相そのものはタイ ...
凶悪 (だらだら無気力ブログ!)
人間誰もが凶悪になり得る怖い映画。
凶悪 (映画的・絵画的・音楽的)
 『凶悪』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、実話(注1)に基づいたフィクション。  主人公の藤井(山田孝之)は、大手出版社が刊行している雑誌の記者です。  あるとき、会社に死刑囚から手紙が届き、雑誌の編集長から調査するように言われます。  そこ....
[映画『凶悪』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
           ☆かなり凶悪で面白かった。  ピエール瀧演じる死刑囚が、殺害について、自分等に指示を出していて、だが、のうのうと娑婆で暮らしている男を許せないと、獄中からジャーナリストへ告発することから物語が始まる。  陰で殺人の糸を引く男をリリ...
凶悪 (はるみのひとり言)
「自分は死刑判決を受けた事件の他に、誰にも話してない3つの殺人に関わっています。そのすべての首謀者は、自分が"先生"と呼んでいた男です。そいつが娑婆でのうのうと生きているのが許せない。この話を記事にしてもらい、先生を追い詰めたい」拘置所の死刑囚...
【凶悪】そこをのけ 先生が通る 悪魔道 (映画@見取り八段)
凶悪     監督: 白石和彌    出演: 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥、斉藤悠、米村亮太朗、松岡依都美、ジジ・ぶぅ、村岡希美、外波山文明、廣末哲万、九十九一、原扶貴子 公開: 2013年9月21日 2013年10...
金田一かよ!?(キルラキルとか地獄でなぜ悪い(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【境界の彼方 第1話(新番組)】ラノベ原作、京アニ制作の現代ファンタジー作品。原作は未読。これはいい眼鏡作品ですねwヒロインの女の子は、眼鏡属性の中では“ズレ眼鏡”に当 ...
「凶悪」 (ここなつ映画レビュー)
正に「凶悪」。最近の映画は、残酷なシーンも数多く、ちょっとやそっとの凶悪な話しには驚かなくなってきている筈なのに、この内容は…。そしてこれが実話を元にしているというのだから更に凶悪度が増す。地球上で一番残酷な生物は、多分、人間。 しかし、優れた作品...
ある死刑囚の告発~『凶悪』 (真紅のthinkingdays)
 スクープ誌 『明潮24』 編集部宛てに、死刑判決を受けて最高裁に上告中の 須藤純次(ピエール瀧)という元ヤクザから手紙が届く。自分には殺人の余罪が あり、主犯である 「先生」 と呼ばれていた人物・木村(リリー・フランキー)の罪 を告発したい、という内...
夢見るョ (たまごのなかみ)
さて、ぶらじるで なんとも趣のあるランチタイムを過ごし、大納得で 映画館へ。 鷹野橋にあるサロンシネマ1 は、オープン当時 座席の広さ日本一を誇ったのだそうで、おそらく今では 同じ系列の八丁座には敵わないのではないかと思いますが、アメリカンレトロなリビングを...
凶悪 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:128分 監督:白石和彌  ノンフィクション「凶悪-ある死刑囚の告発-」を映画化した衝撃作である。ジャーナリスト・藤井修一は、死刑囚・須藤純次の告白を受けて、おぞましい事件の数々を追って奔走する。 須藤が余罪の数
「凶悪」:本当に人を殺す感覚 (大江戸時夫の東京温度)
映画『凶悪』は、タイトル通り凶悪なやつらが出てきます。最近いろんな映画で凶悪な山
『凶悪』 本当に怖いのは…… (映画のブログ)
 実にいきいきとして楽しそうなのだ、リリー・フランキーさんが。本作では人殺しに興じるリリー・フランキーさんの嬉々とした笑顔が見られる。  男気いっぱいでせっせと人を殺すピエール瀧さんも頼もしい。  『凶悪』は、この二人が演じる極悪人の非道ぶりをこれでも...
凶悪 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
雑誌編集者が警察も感知していない事件を死刑囚の告発をもとに取材で暴き出したノンフィクションの映画化だ。カメレオン俳優リリー・フランキーの控えめでなにげない演技がすばらしい。山田孝之演じる取材者の家族の介護問題も交えて進む脚本は今の日本の高齢化社会の問題...
凶悪 (to Heart)
知るべき闇は、 真実の先にある。 製作年度 2013年 上映時間 128分  映倫 R15+ 原作 新潮45編集部編 監督 白石和彌 出演 山田孝之/ピエール瀧/リリー・フランキー/池脇千鶴/小林且弥/斉藤悠/白川和子/吉村実子 モデルとなったのは実在の殺人事件。その真相を暴くととも...
「凶悪」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本 配給:日活 監督:白石和彌原作:宮本太一脚本:高橋泉、白石和彌音楽:安川午朗 死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、警察を動かしたという実話に基づくベスト
凶悪 (愛猫レオンとシネマな毎日)
ノンフィクション小説「凶悪 ある死刑囚の告発」を実写映画化した作品。 ある死刑囚が、まだ誰にも話してない3つの殺人事件を、雑誌ジャーナリストに 告発します。 その目的とは、それら殺人の首謀者だった、ある男への復讐。 覚悟はしてたけど、冒頭からバイオレン...
凶悪(2013年8位) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2013年マイベストテンで8位は凶悪 作品情報 2013年日本映画 監督:白石和彌 出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー 上映時間:128分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(ヒューマンシネマトラスト渋谷)  現実に起きた保険金殺人がモデ...
凶悪(2013年8位) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2013年マイベストテンで8位は凶悪 作品情報 2013年日本映画 監督:白石和彌 出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー 上映時間:128分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(ヒューマンシネマトラスト渋谷)  現実に起きた保険金殺人がモデ...
映画『凶悪』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
封切り時に娘から「面白いらしいよ!」と 聞いてはいましたが、残念ながら見逃しました。   今年に入ってから、たまたま 名
凶悪 (田舎に住んでる映画ヲタク)
 死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)を映画化。取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須...
クライムムービー「凶悪」~ラストに覚えた違和感 (酔生夢死浪人日記)
 喫茶店で時間を潰していると、隣席の会話が聞こえてきた。30歳前後の男が自身のリッチさをひけらかしつつ、大学生らしき男女を勧誘している。使い古されたネズミ講の手口……。俺はそう直感する。和やかな会話に、悪の匂いが潜んでいた。  匂いだけでなく、実体ある巨...
凶悪 (いやいやえん)
人間はどこまで悪になれるのかとか考えていくときりがないですが、禍々しい悪というものはあるものです。 先生と呼ばれて、殺人の快楽と貧困ビジネスの利潤を両立させている木村、先生のために殺人・死体処理をしていた須藤とその舎弟たち。唯一、事件を追うあまり、...
2014年4月に見た映画 (トリ猫家族)
 4月は旅行に行ったりしてたんで、5本しか見られなかったわ~ その中ではコレは特別だ!って思えるものはなかったかな~( ̄ー ̄;) 4月4日(金) 「バーニー みんなが愛した殺 ...
凶悪 (映画と本の『たんぽぽ館』)
放出された“毒”にやられた・・・ * * * * * * * * * * ベストセラー、ノンフィクションを映画化したものです。 東京拘置所の死刑囚である須藤(ピエール瀧)が、 ある雑誌社に告発文を送ってきました。 担当となったジャーナリスト藤井(山田孝...
映画『凶悪』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
封切り時に娘から「面白いらしいよ!」と 聞いてはいましたが、残念ながら見逃しました。   今年に入ってから、たまたま 名
「凶悪」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2か月くらい前に見たのに感想書いてませんでした。3つ★半
凶悪 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/21公開 アメリカ R15+ 128分監督:白石和彌出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、 白川和子、吉村実子 ある日、スクープ雑誌『明潮24』に死刑囚の須藤純次から手紙が届く。それは、判決を受けた事件の他に、彼が関わった誰も知らない3つ....
凶悪 (Subterranean サブタレイニアン)
監督 白石和彌 主演 山田孝之 2013年 日本映画 128分 サスペンス 採点★★★ “犯罪に巻き込まれない為には犯罪者のテリトリーに身を置かない”ってのをモットーにしているので、これといった犯罪に巻き込まれたこともなければ、それっぽい知り合いもいない私。な...
映画評「凶悪」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・白石和彌 ネタバレあり