京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ラッシュ プライドと友情』

2014-02-16 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情
□監督 ロン・ハワード
□脚本 ピーター・モーガン
□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、
       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェスコ・ファビーノ


■鑑賞日 2月8日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
1976年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレースを
 続けていたニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)は、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催
 された第11戦ドイツGPで大事故に見舞われる。 奇跡的に6週間で復帰を果たした
 ニキ・ラウダだったが、ライバルでもあるマクラーレンのジェームズ・ハント(クリス・
 ヘムズワース) にポイント差をつめられてしまう。 チャンピオンシップを競う2人の
 決戦は、鈴鹿サーキットで行われる日本での最終戦に持ち越される。

 若い人にはこの戦いは知りえないかもしれないが、僕等の年代では有名な話で、
 ただ、ニキ・ラウダの奇跡の生還よりは、1994年、サンマリノGPであのアイルトン・
 セナが壮絶な死を遂げたことの方が鮮明に印象に残っている。

 ともかくこの映画の醍醐味は、F1ナンバーワン・チャンピオンを競う二人のあくなき
 チャレンジだ。 それはレース外での二人の行動も加味して。 酒を浴びるように飲み、
 その容姿から女を取っかえ引っかえする自由奔放気儘なハントと、コース研究に
 余念がなく、資金集めや契約交渉などのビジネス面でも手腕を発揮するラウダ。
 そう、二人はまるで 水と油の性格と生活。 結果は、レース上で答えを出すのだ。

 この映画の凄さは、時速300kmという怪物マシンに、まさに自分が乗り込み、
 猛スピードでサーキットを駆け抜ける疑似体験ができること。 それは男性も女性も
 同じ体験ができる。 もう、体中からアドレナリンが全開、手に汗握り大興奮。
 そのレースシーンは、1シーンで30台以上のカメラを使い、車の上と下、屋根の上と
 下など、様々な角度から撮影したと撮影監督は言っているほど。 何せドライバーの
 ヘルメットにまでもカメラを取り付けて撮影したらしい。 オンボードカメラの映像は
 TVでよく見たものだが、レーサーと同じ目線で体感できるのは素晴らしい。

 日本での最終戦でチャンピオンが決まるその鈴鹿サーキット。 激しい雨が降り続く中、
 ニキ・ラウダは1周目でピットインしてリタイアしてしまう。 それは、安全にレースが
 できないという“レースをおりる”という勇気ある選択だ。 もし、事故があったレースで
 その勇気を出せていたら、チャンピオンになれたかもしれない・・・。
 
 セナがサンマリノGPで恋人の「走りたくない」と電話をしていたとか。
 “走らない”という選択肢が彼にあれば、どんなにその後の活躍が期待できたことことか。


コメント (22)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バレンタインデーのチョコな... | トップ | 『7番房の奇跡』 »
最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナイス・ポールポジション (sigrag)
2014-02-16 19:43:00
はいどうも チャズさん
これ「ラッシュ プライドと友情」
予告見て封切たのしみにしてました

実は私の兄がこの映画を先行ぉーして見に行き
そりゃもうこの映画で興奮しまくってました(笑)
ちょいとその様子から・・・

ニキ・ラウダがパーティー後ご婦人と車
でもその車がエン故そんでヒッチハイク
そこ流してた後続の車が沿道の2人発見

沿道でニキを見た運転手さんはそりゃビックリ!
ニニッ ニキッ ニキ・ラウダー まじかよっ!
すすっ すげーニキが ニキが俺の車ぁー運転!

そんでもニキは落ち着き安全運転
ところがニキを知らないご婦人が
あなたそんな凄いなら本気見せて…

ガチャン!ブーーーン!キキー!グーーーン!!

そんで私の兄が私に
「なっなっすげーだろ絶対見に行け俺もまた行く」
だそうです

それでは近日ちょいラッシュ足は運びます
またその折はひとレス届けさせてください
楽しんで~ (cyaz)
2014-02-16 22:30:06
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そりゃもうこの映画で興奮しまくってました(笑)
わかります、その気持ち^^

>すすっ すげーニキが ニキが俺の車ぁー運転!
そりゃ、そうですよね(笑)

>そんでもニキは落ち着き安全運転
レーサーはレース後は安全運転ですよ^^

>「なっなっすげーだろ絶対見に行け俺もまた行く」
だそうです
それぐらい迫力ありますよ!

>それでは近日ちょいラッシュ足は運びます
はい、楽しんで来て下さい!
TBありがとうございます (【仮】impression アンソニーです)
2014-02-16 23:11:37
今まで「F1」とか、まったく興味なかったのですが、みんなが夢中になる気持ち、わかるような気がします。

>レーサーと同じ目線で体感
そうだったのですね。
レースシーンもとても迫力あり、思わず手に汗を握ってしまいました。

疑似体験~ (cyaz)
2014-02-17 08:38:03
アンソニーさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今まで「F1」とか、まったく興味なかったのですが、みんなが夢中になる気持ち、わかるような気がします。
そうですか^^ 
実際にレース場で見るとまた違うものですよ!

>レースシーンもとても迫力あり、思わず手に汗を握ってしまいました。
思わず自分もレーサーになったような疑似体験ができましたね^^
アドレナリン (iina)
2014-02-17 18:32:50
1976,年のハントとラウダが、年間のチャンピオン争いしたのは知りませんが、富士スピードウェイには富士五湖に行くときに寄ったことがあります。

レースシーンは、1シーンで30台以上のカメラを使い、様々な角度から撮影したのでしたか、臨場感たっぷりの凄いシーンが撮れました。
 
体感~ (cyaz)
2014-02-17 21:19:40
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>富士スピードウェイには富士五湖に行くときに寄ったことがあります。
そうでしたか^^ 僕は鈴鹿しか経験がありません。

>臨場感たっぷりの凄いシーンが撮れました。
ホント、レースの醍醐味がたっぷりと体感できました!
やっぱ (sakurai)
2014-02-18 07:44:16
セナですよねえ。
なんつか、華やかさと儚さを兼ね備えた唯一無二の人だった。
この二人のことは、知りませんでした、てか、セナしか興味なかったからな~。

この二人は、ちょうどいい時期に存在した運命みたいなもんだったんでしょうね。こういうことってあるんですね。映画みたいだ!って、映画だった。

戦友~  (cyaz)
2014-02-18 08:17:22
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっぱセナですよねえ。
なんつか、華やかさと儚さを兼ね備えた唯一無二の人だった。
レーサーには珍しく優しさと“品”を感じる人でした^^

>この二人のことは、知りませんでした、てか、セナしか興味なかったからな~。
ま、女性にはレースはどうなんでしょう(笑)?

>映画みたいだ!って、映画だった。
なるほど!
敵ながら良き戦友だったんでしょうね^^
Unknown (映画好きパパ)
2014-02-24 14:14:18
僕はセナは覚えていますが、ラウダの奇跡の復帰は
知らなかったので、最後の富士スピードウェイでの決断はびっくりしました。車載カメラの迫力もあって、たっぷり楽しめた作品でしたね。
迫力~ (cyaz)
2014-02-24 17:18:06
映画好きパパさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ラウダの奇跡の復帰は知らなかったので、最後の富士スピードウェイでの決断はびっくりしました。
奇しくもラウダは二度と同じ繰り返しをしないで、
その後も堅実に生きたようですね!

>車載カメラの迫力もあって、たっぷり楽しめた作品でしたね。
ホント、迫力ありました。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事