京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「アーキラボ」/森美術館

2005-01-10 22:03:47 | 美術・芸術・写真
◇「アーキラボ 建築・都市・アートの新たな実験展1950-2005」◇

そもそもこのポスターを見たときに、行ってみたいと思っていたのですが、昨年、訪ねることが出来なかったことと、たまたま天気が良かったので、ついでに六本木ヒルズの展望台にも行ってみようと思い、映画を観たあと寄ってみました^^
もともと、絵画展や写真展などにはよく顔を出しています。 詳しいのかというと詳しくないのですが(笑) 、やはり本物を見るというのは素晴らしいことと、受けるイメージが写真・書物等では得られない感動と発見がそこにあるからです。
学生の頃からインテリアには興味があり、このアーキラボも建築中心の展覧会ということで興味はありました。

○アーキラボとは
「アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005」は、フランス、オルレアン市のサントル地域現代芸術振興基金(FRAC Centre)のコレクションにポンピドゥー・センターの建築コレクションを合わせ、約90名の建築家、220のプロジェクトを、およそ500点の出品物で紹介する森美術館で最初の、そして日本でも最大級の建築展です。
「アーキラボ」は、フランスのオルレアン市で1991年から「ユートピアと実験」をテーマに毎年開催されてきた建築の国際会議の名称でもあり、この国際会議を通して収集された模型や素描の膨大なコレクションが、本展出品物の母体となっています。
展示は、4つのセクション (I.脈動する都市―実験室としての身体 / II. 終わりなき都市―膨張する環境 / III.解体される都市―新しいシンタックスの創造 / IV.文脈化する都市―新技術と共生の時代)と、14のサブセクションからなり、1950年代以後のユートピア的な建築、都市、アートのさまざまなアイデアと実験を多様な資料によってたどることができます。
本展では各時代の建築家たちが模索していた建築理論とその実践を紹介しながら、さらに最新のダイナミックな造形、そしてしなやかな建築の未来の可能性を描いていきます。
アーキラボ展を通じて、建築は私たちの生活により身近なものとして感じることができるはずです。また、ここからより豊かな都市と建築、そして人間の生活のあり方が見えてくることを期待しています。

会場内は建築がテーマなだけに色んなディスプレイがされていましたが、細かいディテールと、その設計図から、実際に実現できた建造物もあり、直線・曲線・立体・球体等の調和と融合が、才能ある建築家の頭の中で、どう練られてひとつの建造物になるのか、その原型とプロセスを興味深く鑑賞することが出来ました。 実際には自分には想像もつかないことですが、何か模型等を見ていると、ない想像(創造)力を刺激され、とても疲れました(笑) ?! 

ただ残念だったことは、展望台の入場券と一緒になっていたので、興味のない人まで会場に入って来たため、静かに鑑賞できる雰囲気が無かったのことが心残りでした。
ちなみに黒澤明展もやっていたので見たかったのですが、今回は我慢して次回に行きたいと思います。 黒澤監督の自筆の絵コンテ見たかったなぁ・・・

コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 『TAXI NY』 | トップ | 六本木ヒルズ展望台 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tcfc)
2005-01-11 00:16:59
トラックバックありがとうございます。

森美術館のイベントはボリュームがあって面白い分疲れますよね~。
ゆったりと~ (cyaz)
2005-01-11 00:26:13
tcfcさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



確かにボリュームがありますね^^

今度からもっと時間に余裕をもって

鑑賞したいと思います!
TBありがとうございます。 (pizz)
2005-01-11 23:46:27
森美術館って、「展望台のオマケ」で入ってくる人がホントに多いですね。

入口付近の展示室は比較的混んでいるのに、出口に近づくにつれて空いていくのには、いつも苦笑してます。

じっくり楽しむなら、午前・平日の昼・夜間(展望台は激混みですけど)・天気の悪い日が狙い目でしょうか?

なるほど~ (cyaz)
2005-01-12 00:03:58
pizzさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



平日はなかなか無理ですね(笑)

天気の悪い日ですか(笑) ?

でもせっかくなら展望台の景色はいい状態で見たいですよね^^
TBありがとうございます (DADA.)
2005-01-16 22:41:15
cyazさま



はじめまして、TBありがとうございます。

気付くのが遅くなってしまい、大変失礼致しました。。。



「アーキラボ」は、ハマるととことん突き詰めたくなってしまう展示ですよね。

僕ももう一度行ければ行って、、、行けなくてもせめて図録だけでも購入したいです。



cyazさんのblogは映画の話題も多そうなので、参考にさせていただきますね。

今後もよろしくお願いいたします。
はまる~ (cyaz)
2005-01-16 22:51:18
DADA.さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



確かにはまりますね(笑) ?

仰るとおり、僕ももう一度ゆっくり観てみたいですね^^



映画が中心のブログですが、

これからも宜しくお願い致します!

コメントを投稿

美術・芸術・写真」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

アーキラボ展と森美術館 (単身赴任 杜の都STYLE)
アーキラボ展は、現実を想像するのがちょっと難しい。
アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005 (弐代目・青い日記帳)
六本木森美術館で開催中の展覧会 アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005(また長い…) に行って来ました。(ヴィトン展と一緒に) 大学時代に付き合っていた女の子と久々に会ってお茶した時 彼女が持っていた本が「建築MAP東京」だったのを覚え
アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005 (コソの出来事 2.0)
3/13まで森美術館でやっていた「アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005」に行きました。 実は森美術館は初めて。一昨年後半にオープンしてから1年半近くになるけど、どうしても行きたいと思うものがなくて、まだ足を踏み入れてませんでした。一つ一つの