京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ヘブンズ・ドア』

2009-02-16 08:07:19 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「ヘブンズ・ドア
□監督 マイケル・アリアス
□脚本 大森美香
□キャスト 長瀬智也、福田麻由子、長塚圭史、大倉孝二、和田聰宏、黄川田将也、田中泯、三浦友和、SACHI、霧島れいか

■鑑賞日 2月11日(水)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 かつて僕のお気に入りの1本でもあった、ドイツ映画の『
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』の日本でのリメイク版。 当時、結構ドイツ映画は勢いがあって内容は違うが『バンディッツ』や『ラン・ローラ・ラン』なども面白い作品だった。

 元々は男二人の逃走劇であったが、今回は男女の逃避劇に嗜好を変えている。 しかしながら本質的には長瀬VS男性の方が面白い内容になったようにと思う。
  
 それは春海役の福田麻由子が設定年齢(14歳)より幼く見えるため、酒や銃や謎の組織のそれに深みが増してこないところが入り込めない要因だと思う。
 余談だが、先日観た『
誰も守ってくれない』の志田未来ちゃんだったらもう少し変わっていたかも・・・。

  「天国じゃさ、みんな海の話をするんだ」 

 生まれて物心ついて以来入院生活を続けてきた春海は海を見たことがない。 あと3日しか持たない命の灯を細々ともしながら、それでも春海に海を見せてやろうと勝人(長瀬智也)は窃盗や郵便局強盗を繰り返す。

 切羽詰って、雨の振る中倒れた勝人のために、薬局を探し、劇薬を求める春海が、拳銃を使うシーンではわかっていながらも泣けてきた。 そして、海で静かに逝ってしまって勝人が春海のこわれそうな細い肩にもたれかかったままエンディングを迎えるシーンは、そこまでの逃走過程をエンドロールとともに思い浮かべることになった。

 途中所々にサービス・カットがあり、PUFFYの由美ちゃんや、土屋アンナ、彼女の望みだった“イケメンとのキス”を死ぬ前に叶えてやろうと残った金でホストクラブに
連れて行った中にホスト役で嵐の二宮クンが(笑)

 そういう意味では楽しめたけれど、オリジナル版に比べるとやはり見劣りしたことは間違いない。

 迷惑をかけた母親に手紙を出し、海のそばの実家で洗濯物を干す母の姿を見て、会わずに行く長瀬にはしっかり泣かされたけど、やっぱりどんな時代も母親の存在はなくてはならないものだと思ってしまう。

 申し訳ないが、今回三浦友和はあまり効いていなかったし、お久しぶりの田中泯さんもいまひとつ感、そして大倉孝二もしかり。 ただ長塚圭史のキレ加減はいいかも(笑)

 「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」はもちろんボブ・ディランの楽曲 色んなアーティストにカバーされているが、本作ではアンジェラ・アキが なかなかいい感じに仕上がっていたし、エンドロールに余韻を加えていた。

 最後に、プロデューサーのU氏、今度撮影現場に誘っておくれ(笑)
 

 


コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« お詫び | トップ | 『少年メリケンサック』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり (GMN)
2009-02-16 20:41:02
オリジナルの方を先に見てる方にはやや不評な感じですね。
私は見てなかったので楽しめましたが、元の方も是非見ておきたいです。

色々と突っ込み所はあるものの、マイケル・アリアスのセンスって面白いな~って思いました。
オリジナルがめちゃよかった♪(コラコラ) (Ageha)
2009-02-16 23:29:46
アンジェラアキ大好きなんだけどな~。

コレはボブディランで聞いてナンボでしょ。

と、いいつつ、元ネタのノッキンオン・・・のほうも
ディランの声じゃないってホント?

ディランつながりで「アイム・ノット・ゼア」も
見たんだけど、
こっちはいまいちようわからんかったのに
エンドロールのラストで
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」が流れて
感動してました。コレが聞きたかったのよ~って。

オカンとの再会シーンはリメイクのほうが
個人的には好きです。

でも、あのノリ、あの雰囲気、
オリジナルのヘブンズドアにはめっちゃハマりました。
2,3回見たな。この短期間に。
私にしては珍しいです、コレ。

・・・相棒をどうして少女にせなあかんかったの?
ぜひ~ (cyaz)
2009-02-17 08:25:11
GMNさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>オリジナルの方を先に見てる方にはやや不評な感じですね。 私は見てなかったので楽しめましたが、元の方も是非見ておきたいです。
ぜひオリジナル版は観ておいて下さい。
あのころのドイツ映画、なかなか良かったですよ!

>色々と突っ込み所はあるものの、マイケル・アリアスのセンスって面白いな~って思いました。
そうですね(笑)
今度~ (cyaz)
2009-02-17 08:28:38
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>コレはボブディランで聞いてナンボでしょ。
ま、そうだけど、この日本版のシチュエーションでディランがかかるとツブれてしまいます(笑)

>ディランつながりで「アイム・ノット・ゼア」も見たんだけど、こっちはいまいちようわからんかったのにエンドロールのラストで「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」が流れて感動してました。コレが聞きたかったのよ~って。
ディランのあのヴォーカルは独特ですから、上手くノッかると味わいがありますが、なんだか無機質なので難しい(笑)

>オカンとの再会シーンはリメイクのほうが個人的には好きです。
なるほど。

>でも、あのノリ、あの雰囲気、オリジナルのヘブンズドアにはめっちゃハマりました。 2,3回見たな。この短期間に。 私にしては珍しいです、コレ。
そうでしたか^^
僕はオリジナルを当時2回続けて観ましたよ!

>・・・相棒をどうして少女にせなあかんかったの?
わかりまへん(笑)
今度、アスミックに聞いておきますわ(笑)
TB頂きまして恐縮しております (PGM21)
2009-02-19 00:19:01
何時もお世話になっております。

当Blogの酷評記事にTB頂きまして恐縮しております。

当Blogの場合どうしてもこの手の作品は一貫してこっ酷く酷評に徹しているためこの作品だけ絶賛してしまうと今までは何だったんだ?と炎上してしまいますので今回の内容となりました。

今年は余命に関する作品が多いですが、このような事をしたら天国へ行けないんだよという警告の意味で創ったのならその意味合いは大きいでしょうね。
オリジナルと比べて~ (cyaz)
2009-02-19 22:01:14
PGM21さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>当Blogの場合どうしてもこの手の作品は一貫してこっ酷く酷評に徹しているためこの作品だけ絶賛してしまうと今までは何だったんだ?と炎上してしまいますので今回の内容となりました。
僕の場合も結構酷評しちゃいますけどね(笑)
その場合はわかり易く書いてること自体短いですし(汗) 自分からもTB貼りに回らないですし。

>今年は余命に関する作品が多いですが、このような事をしたら天国へ行けないんだよという警告の意味で創ったのならその意味合いは大きいでしょうね。
オリジナルとは別の意を狙ったのでしょうが裏目だったですね? オリジナルを観た人はガッカリする人もいるでしょうしね。
やっぱり・・・ (latifa)
2009-08-31 10:31:37
cyazさん、こんにちは!
やっぱりドイツの元映画を好きだった人は、つい比べて見ちゃうところがありますよね。
私はドイツ→日本→ドイツという順番で見ちゃったりもしました。それで思ったことは、長瀬クンは世界的に見ても格好良いんだな~って事でした。
田中泯サンは、もったいなかったですね。好きな役者さんだし、最初この映画に出て来た時は、渋い人選だな~!って心で拍手したんだけれど。

わ~~ん!!cyazさん、映画関係者とお知り合いなのね?^^ いいなぁ~~!!
コネ~ (cyaz)
2009-08-31 17:23:35
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっぱりドイツの元映画を好きだった人は、つい比べて見ちゃうところがありますよね。
そうですね(笑)

>それで思ったことは、長瀬クンは世界的に見ても格好良いんだな~って事でした。
ほうほう、好みなんですか、長瀬クン?

>田中泯サンは、もったいなかったですね。好きな役者さんだし、最初この映画に出て来た時は、渋い人選だな~!って心で拍手したんだけれど。
こういう役者さんを上手く使えばこそ、映画が締まるというものです^^

>わ~~ん!!cyazさん、映画関係者とお知り合いなのね?^^ いいなぁ~~!!
はぁ、すこしばかりのコネクションが(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

ヘブンズ・ドア (Akira's VOICE)
迷惑行為が無ければ二重丸。
ヘブンズ・ドア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。マイケル・アリアス監督、長瀬智也、福田麻由子、長塚圭史、和田聰宏、黄川田将也、大倉孝二、田中泯、三浦友和。後3日の命と宣告された28歳の勝人(長瀬智也)は、それまでずっと投げ遣りの人生だったらしく、そんなにショック受けない。むしろ、それまで以上...
ヘブンズ・ドア/HEAVEN'S DOOR (LOVE Cinemas 調布)
ドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』のリメイク作品。主演・長瀬智也、共演が福田麻由子という原作とは異なる男女の組合せ。監督は『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアスで実写作品は初挑戦だそうな。脚本に『デトロイト・メタル・シティ』が大ヒットした大...
「ヘブンズ・ドア」 自分の死に向かい合うその時に (はらやんの映画徒然草)
「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアス監督の初実写作品です。 オリジナルはドイ
ヘブンズ・ドア (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/02/07製作国・年度:日本、2009年上映時間:106分鑑賞日:2009/02/11監督:マイケル・アリアス出演:長瀬智也、福田麻由子、長塚圭史、大倉孝二、和田聰宏、黄川田将也、三浦友和ふざけんな、神様+あらすじ+突然余命わずかだと宣告された、28歳の勝人(長瀬智...
試写会「ヘブンズ・ドア」 (流れ流れて八丈島)
有楽町朝日ホールで試写会「ヘブンズ・ドア」を観てきました。映画としては、まずまずといった出来でしょうかまあ、泣けるという感じではありませんでしたね。1997年公開のドイツ映画の「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のリメイクだそうです。僕は観てませんが、ド...
ヘブンズ・ドア (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ヘブンズ・ドア」の感想です
ヘブンズ・ドア (映画君の毎日)
■ストーリー■突然余命わずかだと宣告された、28歳の勝人(長瀬智也)は、やはり長くは生きられないという14歳の病弱な少女春海(福田麻由子)と出会う。幼いころから病院暮らしで海を見たことがない春海のために、勝人は「天国じゃさ、みんな海の話をするんだ」と語り、...
ヘブンズ・ドア (TRUTH?ブログエリア)
HEAVEN'S DOOR原案:トーマス・ヤーン「ノッキン・オン・ベブンズ・ドア
「ヘブンズ・ドア」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
 また一つ、素敵な映画が登場いたしました! 「ヘブンズ・ドア」であります。 何が素敵って、全部ステキ!! まず、映像の切り取り方が圧倒的にイカしてます!!これは、マイケル・アリアス監督と、撮影の小松高志さん、編集の武宮むつみさん達の勝利と言えるでしょう...
・・・何でもありなの?『ヘブンズ・ドア』 (水曜日のシネマ日記)
余命わずかな28歳の青年と14歳の少女が海を見る為に旅をする物語です。
ヘブンズ・ドア/長瀬智也、福田麻由子 (カノンな日々)
松雪泰子さんの主演映画で『余命』という作品が公開中ですけど、実はこの映画も「余命モノ」なんですよね。これって偶然なんでしょうか?『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアス監督による初実写映画で原案はドイツのヒット映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』とい...
映画『ヘブンズ・ドア』 (闘争と逃走の道程)
 やばいやばい。記事にしなきゃいけないネタが溜まりまくってるぞ。忙しいんじゃなくて、時間の使い方が下手。小学生のときから言われてい...
ヘブンズ・ドア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
アメリカ人監督がドイツ映画を日本映画としてリメイクするという不思議な経緯はさておき、オリジナル同様、風変わりなロード・ムービーに仕上がっている。余命わずかと宣告された28歳の勝人と、同じく死期が迫った14才の少女・春海は、盗んだ車で海を目指す旅に出るが、そ...
天国ではみんな海の話をするんだ。~「ヘブンズ・ドア」~ (ペパーミントの魔術師)
お前も天国のドアを叩いてんだな。 長瀬くんのせりふがやたらかっこいいなと思ってたら 元ネタ「ノッキンオンヘブンズドア」からの 引用がけっこうあったんですね。な~んだ。(こらこら) 余命3日、脳腫瘍でいつ死んでもおかしくない状況の勝人。 余命1ヶ月、心臓病...
「ヘブンズ・ドア」死ぬからって何でも許されるわけじゃない天国から地獄への扉 (オールマイティにコメンテート)
「ヘブンズ・ドア」は余命数週間の28歳の男と数ヶ月の14歳の少女が死ぬまでにしたい事をしようと行動し事件を起こしながら海を目指すストーリーである。原作はノッキン・オン・ヘブンズ・ドアらしいけれど、あまりにも天国にいける内容じゃないだけに死にかたも考えなけれ...
ヘブンズ・ドア (いい加減社長の映画日記)
公開中の「余命」と同様に、「命」を扱った「ヘブンズ・ドア」。 「余命」は、あまりにも重そうでパスしたが、「ヘブンズ・ドア」には、そんな感じを受けなかったので。 前日の夜まで休みだと気づいていなかった水曜日の午前中に、急遽鑑賞^^ 「UCとしまえん」は、レデ...
ヘブンズ・ドア (だらだら無気力ブログ)
ドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を『鉄コン筋クリート』の マイケル・アリアスが長瀬智也と福田麻由子を主人公に据えてリメイクした 青春ロードムービー。頭に異常を感じて、検査を受けた病院で余命いくばくもないと宣告された 28歳の勝人は、入院した...
[映画]ヘブンズ・ドア (落とし穴には気をつけろ!)
試写会に行ってきました余命三日のマサト(長瀬智也)と余命1ヶ月のハルミ(福田真由子)が、死ぬ前にやりたいことを叶えながら、海を見に行くロードムービーですが、予想外に面白かったです この二人、成り行きで行動をともにするものの、だんだんと深い絆で結ばれてい...
09-38「ヘブンズ・ドア」(日本) (CINECHANの映画感想)
死ぬまでにしたいこと  今まで好き勝手に生きてきた28歳の勝人だったが、健康診断で脳に腫瘍が見つかり、既にいつ死んでもおかしくない末期状態と宣告されてしまう。途方に暮れる勝人は、病院で14歳の少女・白石春海と出会った。  重い病を患い、幼い頃から病院暮らし...
【ヘブンズ・ドア】 (日々のつぶやき)
監督:マイケル・アリアス 出演:長瀬智也、福田麻由子、三浦友和 「いきなり余命数日を告げられた28歳の青山勝人は入院した病院でここ数年病院から出たことのないという少女春海と出会った。春海も自分の間もなく迎える死を知っていた。 海が見たことがないという
【映画】ヘブンズ・ドア (新!やさぐれ日記)
▼動機 本文中に長々と記載 ▼感想 センスの良く、やさしい映画 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 突然余命わずかだと宣告された、28歳の勝人(長瀬智也)は、やはり長くは生きられないという14歳の病弱な少女春海(福田麻由子)と出会う。幼いころ...
映画『ヘブンズ・ドア』 (いんどあかめさん日記)
2009年、映画館で観る9作目はこちら。最初はあまり、興味なかったんですけど…な
ヘブンズ・ドア (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
ヘブンズ・ドア  2/14(土)TOHOシネマズ 空とか雲とか海とか雨とか夕陽とかとかとか じーんとせつなくさせるよな やわらかい空気を感じるよな 茨城じゃないよな だからと云ってどこだかもわからんけど ぼんやりとしたやわらかい映像がキレイだった
『ヘブンズ・ドア』@シネマライズ (映画な日々。読書な日々。)
好き勝手に生きてきた28歳の勝人は、ある日突然、病で余命が3日しかないと宣告される。途方に暮れる彼が病院で出会ったのは、14歳の少女・春海。彼女も病で長く生きられないと知った勝人は、二人で病院を抜け出し、海を目指す旅に。ところが盗んだ車には、拳銃と大金が積...
「ヘブンズドア」感想 「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」日独版比較 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ドイツ映画の『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を、『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアスが監督した日本版リメイク映画。主演は長瀬...
映画評「ヘブンズ・ドア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督マイケル・アリアス ネタバレあり