京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『春との旅』

2010-06-03 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「春との旅
□監督・原作・脚本 小林政広
□キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、
       淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之

■鑑賞日 5月29日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 人は、生きていく過程において、他人にかけた苦労や迷惑は、どんな誠意を持ってしても、許されるものではない。
 ただ、同じ血が通う人間同士としては、親子兄弟の垣根を超えて、言葉にできない歩み寄りを持つ心は存在する。

 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と、仕事をなくした18歳の孫・春(徳永えり)との僅かな日々を描くロード・ムービー。
 
 忠男は春の面倒もみれず、自身も足が悪く、そのため忠男自身が疎遠にしていた兄弟を訪ねて、
 自らの世話を請うて孫娘の春を連れ旅に出る。

 今まで自らが兄弟にしてきたのと同様のしっぺ返しを受けるのだが、素直に頭を下げることができない忠男は、
 そのたびの中で、少しずつ己のしてきたことに気付き、春との心の繋がりを深めていく。
 どんなに邪険にされても、祖父忠男を思う春は、どんなことがあっても忠男を捨てようとはしない。
 そんな二人の旅は、ある意味自分探しの旅でもある。

 暮らしの糧を求めて、疎遠になっていた兄弟を訪ねる忠男と春。
 そこに対峙してくる役者たちがこれまた凄い。 相手は何枚も上手の仲代達矢。
 まずは忠男の兄夫婦役に大滝秀治と菅井きん。 本物の兄弟ではないが、まるで昔の確執や
 仲の悪い老兄弟の 本心を抉るような会話がそこにある。
 次に、弟の内縁関係にあった妻役の田中裕子。 朴訥でありながらも、その弟の素性を浮かび上がらせる術が凄い。
 その隣人に小林 薫。 仲代との何気ない味気ない会話だけれど、隣人である間の時の流れは垣間見れた。
 そして、おそらく唯一この家族で忠男を可愛がってくれただろう姉役に淡島千景。
 春を含めて忠男の身辺を本気で心配している姿はやはり姉であり旅館の女将。
 相当仲が悪かった弟夫婦に柄本 明と美保 純。 どれだけ忠男に邪険にされていたかが容易に想像できるぐらい、
 迫真の柄本 明の演技だった。 もっとも怒るだけなら役柄としては簡単なのだろうが、
 そこに彼ならではの味付けがあるから素晴らしい。
 春を捨てた再婚した父に香川照之、その後妻に戸田菜穂。
 ここに来て、忠男から春へ矛先が変わりつつあるが、春と同様の環境にあった後妻の優しさや温かさには、
 とても同調できる二人ではなく、また新たな旅が始まる。

 結局のところ、人は一人では生きていけないものなれど、
 人として一人で生きていかなければならない選択を強いられるときもある。
 少なくても、忠男が生きているうちは、春は一人で生きていけないだろうけど。

 仲代達矢は昨秋に観た
引き出しの中のラブレターでも、素晴らしい演技だった。
 素晴らしいバイプレーヤーが年々失われていく中で、これからの邦画にはこういう役者が絶対不可欠だ。


コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« 「伊勢正三&イルカコンサー... | トップ | クリーズチーズラズベリー/ハ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忠男たち (michi)
2010-06-05 17:06:18
兄弟の会話や態度から、本物の兄弟のように見えましたね!
忠男と春の会話から、
私はまだ先だと思いながらも
自分の老後が不安になってきました。。。。
不安~ (cyaz)
2010-06-06 22:49:55
michiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>兄弟の会話や態度から、本物の兄弟のように見えましたね!
そうですね~ さすがに役達者ばっかりで(笑)

>忠男と春の会話から、私はまだ先だと思いながらも自分の老後が不安になってきました。。。。
確かにそれはありますよね~
人生、何があるかわからないですからね(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

39 トラックバック

春との旅(ティーチ・イン付) (LOVE Cinemas 調布)
『白夜』、『ワカラナイ』の小林政広監督が自身で綴った原作を映画化。足の悪い元漁師の祖父と孫娘が疎遠となっていた祖父の兄弟を訪ね歩く旅を描いた人間ドラマだ。主演は、本作を過去5本の指に入る脚本だと絶賛したという仲代達也と『アキレスと亀』の徳永えり。共演に...
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ (モコモコ雲を探しに♪)
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ 【題名】      「春との旅」    【出演者】  忠男: 仲代達矢、春: 徳永えり、金本重男: 大滝秀治、金本恵子: 菅井きん、木下: 小林薫、清水愛子: 田中裕子、市...
春との旅 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小林政広監督、仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、淡島千景、柄本明、 香川照之、戸田菜穂、田中裕子、美保純、菅井きん、小林薫。タイトルは忠男(仲代達矢)の孫娘春(徳永えり)との旅であると同時に季節の春の旅がかけられていて、北国の遅咲きの桜も映っている...
春との旅 (試写会) (風に吹かれて)
老後の面倒は誰がみる公式サイト http://haru-tabi.com5月22日公開 原作・脚本・監督: 小林政広まだ寒い、北海道の四月。母の死後、春(徳永えり)は地元の小学校の給食係をして、元漁師
春との旅(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、虎ノ門ニッショーホールでの「春との旅」試写会に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人さん(Yamatoさん)に誘って頂き、丁度都合も良く行ってきました。これまで小林政広監督作品は8作品見て、最新は昨年の「白夜」。これは、昨年中唯一感想を書き損...
春との旅 (to Heart)
ある日、突然── ひとりの老人が家を捨てた。 孫娘、春が あとを追った…。 製作年度 2009年 上映時間 134分 原作 脚本 小林政広 監督 小林政広 出演 仲代達矢/徳...
『春との旅』 (キュートなバアサンになるために)
 体が不自由になってひとりでは暮らしていけない老人が 一緒に暮らしていた孫と自分を引き取って欲しいと頼むためにあまり交流のない兄弟たちの元を訪れることになります。  その孫との4泊5日の旅を淡々と描いていきます。  19歳の春は北海道の海辺の町で祖父と...
春との旅/仲代達矢、徳永えり (カノンな日々)
『フラガール』での好演がとても印象的だった徳永えりさん。彼女はいつかきっと舞台中央のスポットライトに照らされる日がくるんじゃないかなと思ってなにげに注目していたんですけど、もしかしたらこの作品がついにその日になるんじゃないかと楽しみにしてました。主演の...
映画「春との旅」を見て  (読書備忘録)
舞台は、4月の北海道。元漁師の忠男(77歳の仲代達矢が熱演)は、若い頃は北の海で 漁師として荒削りに生きてきたが今では妻も娘も失い財産もなく、体を壊して孫娘の世話を受けて暮らしていた。 給食係として春の勤めていた小学校が廃校になり春も失業、思案の末これを機...
No560『春との旅』~旅の果てにたどりついた、大切なこと~ (パラパラ映画手帖)
小林政広監督の最新作。 あの仲代達矢がほれ込んだ脚本という。 北海道の漁師だった頑固な老人が、 孫娘の春の失業で、 「お前は東京へ行け、俺は誰か親類の世話になる」ってな感じで、 疎遠だった親類縁者達を順に訪ねていく。 足の不自由...
春との旅 (とりあえず、コメントです)
北海道から東北を舞台に、祖父と孫娘の居場所を探す旅を描いた作品です。 チラシの写真がとても印象的で、観てみたいなあと思っていました。 主人公の二人や彼らが訪ねる人々の人生がとても切なく感じる物語でした。
「春との旅」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本:ティ・ジョイ=アスミック・エース配給原作・脚本・監督:小林 政広 「バッシング」(05)、「愛の予感」(07)で知られる小林政広監督が、10年前から企画を温め、8年かけて脚本を仕上げ
試写会「春との旅」 (流れ流れて八丈島)
新宿明治安田生命ホールで「春との旅」の試写会を観てきました“家族を見つめ、生きることの素晴らしさを探る人間賛歌の傑作”ということで、かなり大きな期待を持って観させてもら...
「春との旅」 (prisoner's BLOG)
孫とここ五年間ずっと面倒みてもらっていた老人が、孫が給食係を勤めていた小学校が廃校になり職を失ったのをきっかけに、世話してもらえる相手を探して兄弟の間を渡り歩く。 「東京物語」か、その元ネタである「明日は来らず」を思わせるような話だが、子供の世代をあた...
『春との旅』 (ラムの大通り)
----これって3年連続カンヌ国際映画祭の快挙を果たした 小林政広監督の大作だよね。 「そう。実はぼくは『殺し』がDVDリリースされるとき、 ライナーノーツを...
春との旅 (笑う学生の生活)
1日のことだが、映画「春との旅」を鑑賞しました。 老人とその孫とのロードムービー 足の不自由な忠男の面倒を見てもらうため 親族を訪ねていくのだが・・・ まさに こころにしみる作品 良い意味で 昔ながらの日本映画といった感じがでてて...
『春との旅』:21世紀の「東京物語」かと思った @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
年老いた漁師・忠男が孫娘・春と旅をする。 旅の先は、漁師の兄弟のところ。 忠男は、職を失った春が東京へ出て行くと、独りになってしまう。 兄弟に面倒をみてもらおう、という魂胆である。 そんな予告編を観て、「これは『東京物語』の21世紀版なのか?」と思っ...
【映画評】春との旅 (未完の映画評)
老いた元漁師が孫娘・春と共に人生最後の居場所を求めて親類縁者を訊ね巡る、人生を見つめる旅路。
『春との旅』 手帳の住所は正しいか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  観客の年齢層は高かった。  老人が自分の居場所を探す『春との旅』について、読売新聞では「頑固老人と家族の絆」...
「春との旅」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
原作、脚本、監督の三つの作業を手掛けた、小林政広監督へ終映後にティーチインの場を設けて頂いた今回の試写会、やはり、映画制作の中心に携わった方の話には、凄く説得力がありま...
「春との旅」 (しぇんて的風来坊ブログ)
予告編の印象で懸念した事が増幅されたような気分.いかにも感動させようという音楽の使い方があざとい。それで騙された気分になって逆に損してる。老人が足に障害があるのに歩く速度が速い。後の方に耳が悪い人も出てくるが、そんな、障害という要素まで必要以上に散らさ...
春との旅 (映画的・絵画的・音楽的)
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。  実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。  実際のところも、実に静かでしっとりとした作...
【映画】春との旅 (新!やさぐれ日記)
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親...
映画『春との旅』 (健康への長い道)
夜19:00、梅田ブルク7から帰ってきました。雨が激しく降っています。おかげで今日は洗濯できなかった・・・。 Story 北海道、4月。まだ寒さ厳しい中、元漁師の忠男(仲代達矢)は、18歳の孫・春(徳永えり)と共に気の乗らない東北への旅に出ることになる。2人が訪れ...
「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。 {/hiyo_en2/}ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればい...
春との旅 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
北海道から東北・宮城へ__疎遠になった家族を巡る、旅のゆくえ。 ある日、突然__ひとりの老人が家を捨てた。孫娘、春があとを追った。 旅の始まりは、かつてニシン漁に湧き、今ではその面影すらとめない北海の寂れた海辺。 そこのあばら家で、ある老漁師と孫娘は...
春との旅 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  足の悪い元漁師の老人と失職した孫娘が、親族を頼って渡り歩く旅を描いたヒューマンドラマであり、まさに大人の味が一杯詰まった映画であった。 キャストは元漁師の老人に仲代達也、孫娘に徳永えり、その他大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島干景、...
春との旅 (5125年映画の旅)
北海道で漁業を営んでいた忠男は、引退したあと孫娘の春と二人で暮らしていた。春は勤め先が廃業になったのをきっかけに東京へ上京する事を決意し、忠男に兄弟の家に厄介になるよう勧める。こうして、忠男の面倒を見てくれる家族を探す、春との旅が始まった。 日本を代表...
「春との旅」は記憶すべき映画 (再出発日記)
あらすじ19歳の孫娘・春と、北海道の漁村・増毛で暮らす74歳の忠男。かつて漁師だった忠男は、妻と春の母である一人娘にも先立たれ、兄弟たちとも疎遠になっていた。しかし、春が勤...
映画[ 春との旅 ]生きる道を探す旅 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 春との旅 ]を吉祥寺で鑑賞。 名優・仲代達矢が脚本に惚れ込み、9年ぶりに主演に挑んだ作品で、その脚本を手がけたのは監督でもある小林政広氏。[ バッシング ]や[ 愛の予感 ]などの過去の作品は、ほとんどが自主製作。今回は生活費を切り詰めて、ほ...
春との旅 (2ちゃんねる映画ブログ)
春との旅 PART1 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1272815845/ 1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 00:57:25 ID:XTRPL6ws] 2010.5/22(土)全国ロードショー ...
「春との旅」 そしていつか、我らも旅する (明日へのヒント by シキシマ博士)
確かに作劇としてはありきたりだし、別のラストにしたほうが良いと言う人もいますが、行き着く現実とはやはりこういうことだと思います。 こういう現実を、私たちは誰でもいつか、受け入れなくてはならない日が来るのです。
mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演....
■映画『春との旅』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
仲代達矢、大滝秀治、淡島千景といった日本を代表する往年の名優たちが素晴らしい演技を見せる映画『春との旅』。 死ぬまでの人生を、誰と、どう生きるか…。 高齢化社会となるこれからの日本で、多くの人がこれから体験するであろう問題を、真っ向から描いた力作です...
「春との旅」大津波に見舞われた家族の物語 (再出発日記)
「春との旅」昨年のマイ邦画ベスト2の作品。北海道から東北をめぐってまた北海道に帰るロードムービーである。しかし「サーカスな日々」さんからTBをもらって気がついた。急いでDVDを...
「春との旅」 そしていつか、我らも旅する (明日へのヒント by シキシマ博士)
確かに作劇としてはありきたりだし、別のラストにしたほうが良いと言う人もいますが、行き着く現実とはやはりこういうことだと思います。 こういう現実を、私たちは誰でもいつか、受け入れなくてはならない日が来るのです。
映画評「春との旅」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・小林政広 ネタバレあり
映画 春との旅 をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
春との旅【DVD】クリエーター情報なしTOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) この映画は足が不自由で頑固な元漁師の祖父(仲代達矢)と母親を自死で失った孫娘(徳永えり)が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅を描いたロードムービーである。 舞台は北海道と宮城県だ。 じいちゃんと孫の....
映画・春との旅 (読書と映画とガーデニング)
2010年 日本 北海道に暮らす元漁師の忠男(仲代達矢)足が悪く、孫娘の春(徳永エリ)の世話がなくてはならない生活を送っていますところが、春は勤務先の学校が廃校になり失業してしまいます東京へ働きに行く決心をした春と、兄弟の元に身を寄せるために親族を訪ね...