京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『MW -ムウ-』

2009-07-18 23:59:25 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「MW -ムウ-
□監督 岩本仁志
□原作 手塚治虫
□脚本 大石哲也、木村春夫
□キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル

■鑑賞日 7月13日(日)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 手塚さんの原作は「ブラックジャック」あたりまでが記憶に残っていて、この「MW」となると読んでいた記憶があまりないのだが、先日のTVでの「第0章」でそれとなく予習を済ませて、その延長線上で映画も観ることができた。

 今年、手塚治虫生誕80周年ということもあり、各地で色んなイベントも催されているが、先日行った「
手塚治虫展」でも改めて手塚先生のワールドワイドな活躍とその偉大さに感服した。 そして今秋、あのハリウッド版『ATOM』も公開される予定だ。

 手塚作品の中では一線を画し、ひときわ異質とも思えるこの「MW」。 「第0章」での面白さをステップにさてどのような作品に仕上がるのか楽しみだった。


 冒頭、いきなりの個人的衝撃は、主人公の結城(玉木 宏)の使っている携帯がアップになったとき、僕が今使っている携帯と全く同機種(同色)だったのでまずビックリ 思わず隣りのかみさん(かみさんも同機種)と見つめ合ってしまった

 以前どこかの洋画で同じようなシチュエーションを観たような気がするこの映画、もしかしたら先人が手塚ファンで且つMWファンだったのかもしれないが、究極の幼児体験は、生き残りの二人をまるでアスファルトに咲く雑草のように、その強い生き様を観せてくれた。

 人の命の重さなど、自分の子供の頃の悲惨な体験に比べたら、その辺の雑魚と同じと考える結城と、いまいましい過去に、まるで懺悔するように生きている賀来。 対極的な生き方を選択しながらも、どこかで重い悲惨な過去の糸を断ち切ることもできず、ただある“運命”を糸を手繰り寄せたり緩めたりして・・・。 人間の心の中に潜む“善と悪”。 それは究極の幼児体験においてわかり易い対極の位置に置くことになる。 それは心に同じ傷を持ちながらも、別々な生き方を暗示していた。

 一番可哀想だったのは石橋凌。 あんなに走らされて大丈夫だったのだろうか(笑) ま、腹が出てきているし、ダイエットには本人のためだったけど。
 そして、大人しくているのかいないのかわからない林 泰文だが、あんなにミニギロチンで頚動脈バッサリで血の洪水、ちょっとリアル過ぎなのでは・・・。 それを手で押さえる山田孝之だけど、TVのBOSS程のキレの良さはなかったけど、彼にとってはこういう抑えた演技もこれからに活きてくるだろう。

 ラストで結城(玉木 宏)が生き残っているのは読めたけど、また生きて成績次第ではこの続編があるのだろうか・・・。


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実は・・・。 | トップ | 風鈴/ミキモト »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二人の関係 (MWファン)
2009-07-19 10:04:25
名前が違いますよ^^

×賀集
○賀来(がらい)

因みに映画の中でいろいろと足りない部分の補完として
以下の記事を読むとより一層映画が楽しめると思います^^

シネマトゥデイ (2009-07-03)
禁断のエロチシズム!妖艶な玉木宏と山田孝之が絡む衝撃の1枚
http://www.cinematoday.jp/page/N0018693

週間シネママガジン (2009-07-14)
玉木宏の同性愛描写、事務所はOKしていた
http://cinema-magazine.com/program/blog/?blogid=1865

ちょこアゲENTERTAINMENT MOVIE
『MW-ムウ-』山田孝之 インタビュー
http://www.so-net.ne.jp/carina/entertainment/movie/
訂正~ (cyaz)
2009-07-19 10:18:53
MWファンさん、コメントと添削、ありがとうございますm(__)m

>○賀来(がらい)
訂正しておきました~
TBありがとうございました (KGR)
2009-07-20 13:16:05
バンコクシーンは長すぎる、と思いました。
石橋凌を走らせすぎでしょう。

原作が偉大であればあるほど、
原作との相違が取りざたされますが、
メディアの性格が違うので
同列には扱えないと思います。

ある程度端折ったり曲げたりもやむなしかと。
バンコクの~ (cyaz)
2009-07-21 08:34:43
KGRさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>バンコクシーンは長すぎる、と思いました。
石橋凌を走らせすぎでしょう。
ですよねぇ(笑)
特段、あのシーンがなくても大丈夫だと思いましたが。

>原作が偉大であればあるほど、原作との相違が取りざたされますが、メディアの性格が違うので同列には扱えないと思います。
そうかもしれません。

>ある程度端折ったり曲げたりもやむなしかと。
原作の記憶が薄れているのですが、端折るならあのバンコクのシーンだと思いますね(笑)
こんにちは (michi)
2009-07-21 14:22:11
TBありがとうございます。

>一番可哀想だったのは石橋凌

たしかに、全力疾走で大変そうでした 笑!
主人公2人の生き方が対照的で、
私は世界を変えるのは祈りであってほしいと思いながら観ておりました。
高揚感があるラストだったので、あの勢いで
続編も作って欲しいなと思いました。
続編~ (cyaz)
2009-07-21 17:23:34
michiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>たしかに、全力疾走で大変そうでした 笑!
年が年だし、特にあれほど走ることもなかったようなシーンだし(笑)

>主人公2人の生き方が対照的で、私は世界を変えるのは祈りであってほしいと思いながら観ておりました。
あれで人間の両極を描きたかったんでしょうね~

>高揚感があるラストだったので、あの勢いで
続編も作って欲しいなと思いました。
興行的なものはあるかと思いますが、観たいものですね^^
続編 (de-nory)
2009-07-28 19:54:10
こんばんは。
続編がないと、いっぱい分からないことだらけじゃないですか?
最後の最後まで、「なんでこんなことになるの」って感じで。
続編~ (cyaz)
2009-07-29 08:28:37
de-noryさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>続編がないと、いっぱい分からないことだらけじゃないですか? 最後の最後まで、「なんでこんなことになるの」って感じで。
たしかに(笑)
大きくヒットしているわけじゃないので、続編難しいかなぁ・・・。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

56 トラックバック

MW-ムウ- (だらだら無気力ブログ)
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件にか...
試写会「MW-ムウ-」 (流れ流れて八丈島)
今晩は仕事帰りに新宿厚生年金会館で試写会「MW-ムウ-」を観てきました手塚治虫ファンとしては、見逃すわけにはいきませんそれだけに期待が大きすぎたのか、いまひとつという感じでしたしかも、これまた続きそうな終わり方でしたね原作を読めばわかるけど、人物設定も随...
劇場鑑賞「MW-ムウ-」 (日々“是”精進!)
MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタテ...
MW-ムウ (ぷち てんてん)
☆MW-ムウ☆(2009)岩本仁志監督手塚治虫原作玉木宏山田孝之石橋凌ストーリー 16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。しかし、何故かこの事実は政府によって隠匿される。だがこの時、2人の少年が奇跡的に助かり、それぞれ異な....
『MW -ムウ-』 (マガジンひとり)
@有楽町・よみうりホール, 岩本仁志監督(2009年・日本) 生誕80周年を機に放たれる衝撃。 手塚治虫最大のタブー作品を映画化! 16年前、ある島の600人の島民が一夜にして消えた。 その事実は闇に葬られ、島に関するすべての記録が抹消されたが、運命の悪戯か、生き残っ...
MW-ムウ-見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
市川妙典のワーナーマイカルで手塚治虫原作、玉置宏主演のMW-ムウ-を見てきました。
「MW -ムウ-」 存在し続ける陰 (はらやんの映画徒然草)
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、
『MW -ムウ-』 (ラムの大通り)
----この映画って手塚治虫の原作だよね。 新しくなった新宿ミラノでの完成披露で観たんだって? 舞台挨拶が盛り上がっていたみたいじゃニャい? 「うん。ゲストが沢山。 ステージ前から吹きあがるドライアイスで一瞬あたりは真っ白に。 白い霧が晴れるとそこには出演者た...
「MW-ムウ-」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
今月に入って、初めての試写会。 どんだけよ、一日からの日記の空白期間が虚しく、真っ白…で、肝心の映画ですが、「無理矢理スケールを大きくしたかったけど、失敗しましたごめんなさいごめんなさい」な出来具合でした。冒頭のタイでのロケ、俳優陣以下、特に石橋...
試写会「MW-ムウ-」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/6/22、有楽町よみうりホールでの開催。 玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、林康文、鶴見辰吾、品川徹。 原作、手塚治虫 *** 16年前、沖の真船島でのおぞましい光景。 おびただしい数の死体、残った島民も、防護服の男たちに射殺されていった...
MW-ムウ- (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
手塚治の同名漫画を映画化した作品。原作は未読です。 タイで日本人の誘拐事件が起きます。タイ警察の大規模な捜査、日本から派遣された刑事、沢木らの活躍もむなしく、結局、被害者親子が殺され、身代金も奪われます。その16年前、ある島の島民が全て死亡する事件が発...
MW-ムウ- (Peaceナ、ワタシ!)
- 世界を変えるのは、破壊か。祈りか。 - 『MW-ムウ-』を観てきました! 先月放送のスピンオフドラマ『MW-ムウ-第0章 悪魔のゲーム』が、意外とおもしろかったので、つい映画館へ・笑 原作は70年代の作品だそうですが、過激な描写で他の手塚治虫作品とは一線を画して...
映画「MW -ムウ-」を観ました!!(2009-13) (馬球1964)
映画「MW -ムウ-」を観ました!!2009年の第13作目です。
MW/ムウ (そーれりぽーと)
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。 ★★★ しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。 知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。 原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の邪...
MW-ムウ- (だめ男のだめ日記)
「MW-ムウ-」監督岩本仁志原作手塚治虫出演*玉木宏(結城美智雄)*山田孝之(賀来裕太郎)*山本裕典(溝畑)*山下リオ(美香)*風間トオル(三田)*鶴見辰吾(松尾)*林泰文(橘誠司)*中村育二(岡崎俊一)*半海一晃(山下孝志)*品川徹(望月靖男)*石田ゆり子(牧....
「MW-ムウ-」復讐の限りを尽くそうとした先に待っていた救った親友の復讐阻止劇 (オールマイティにコメンテート)
「MW-ムウ-」(PG12指定)は手塚治虫原作の映画で映像化不可能と言われた作品で、16年前にある島の住人600人が忽然と消え、その仕業は政府によってもみ消された。そしてその島には2人の少年が生き延び16年後に青年となっていた。青年となった2人の青年は対照的な生...
映画感想『MW-ムウ-』復讐モンスター (レベル999のマニアな講義)
内容タイのバンコクにおいて旅行中だった竹菱建設の役員・岡崎俊一(中村育二)の娘・愛子(小松彩夏)が誘拐された。会社が用意した身代金を持ち、相手の出方を待つ岡崎と日本から捜査協力で派遣された2人の刑事。沢木和之(石橋凌)橘誠司(林泰文)タイ警察と協力し、...
「MW-ムウ-」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「MW-ムウ-」公式サイト手塚治虫 禁断の問題作「MW(ムウ)」を映画化。原作は未読です。大量虐殺から生き残った子供二人、一人は神父に、一人は殺人鬼に・・ていう設定からして わくわく。玉木宏は殺人鬼だけど、事件に関与した者への復讐だか...
2009-57『MW-ムウ-』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-57『MW-ムウ-』(更新:2009/07/12) * 評価:★★★★☆ 上映直前にテレビで「第0章、悪魔のゲーム」を放送してましたね。 録画しておいたのを見てから映画鑑賞しました。 原作が手塚治虫先生...
『MW -ムウ-』 ('09初鑑賞87・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆--- (5段階評価で 2) 7月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。
「MW-ムウ-」 (みんなシネマいいのに!)
 手塚治虫先生は「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」で有名だが、一方では青年誌
【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー (映画@見取り八段)
MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ...
MW-ムウ- (あーうぃ だにぇっと)
監督: 岩本仁志 キャスト 結城美智雄☆玉木宏 賀来裕太郎☆山田孝之 溝畑☆山本裕典 山下孝志☆半海一晃 美香☆山下リオ 三田☆風間トオル 松尾☆鶴見辰吾 岡崎俊一☆中村育二 橘誠司☆林泰文 望月靖男☆品川徹 牧野京子☆石田ゆり子 沢木和之☆石...
MW-ムウ- (花ごよみ)
手塚治虫の作品MW(ムウ)を映画化。 過去の凄惨な事件の復讐(ふくしゅう)のため、 悪魔の心を持つに至った主人公、 結城美智雄を玉木宏が演じます。 同じ事件を共有する幼なじみの神父、 賀来裕太郎には、山田孝之。 監督は岩本仁志。 16年前の悪夢に関係...
MW -ムウ- (とりあえず、コメントです)
手塚治虫著の同名コミックを原案に映画化したサスペンスです。 毒ガスのために人生を狂わされた二人の青年の人生と狂気が主演二人の熱演と共に描かれていました。
★「MW-ムウ-」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
目的が分からない。『MW-ムウ-』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。
「MW」 (再出発日記)
二度店で探したけれども、原作は既に売り切れ。もう一回細部を確かめて映画に望みたいと思ったけれども、まあ原作と比べるのも酷な話だったのかもしれない。監督:岩本仁志脚本:大石哲也原作:手塚治虫出演:玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典見た感想とし...
MW-ムウ- [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌世界を変えるのは、破壊か、祈りか。+あらすじ+16年前、ある島の島民全員が死亡した...
映画 「MW -ムウ- 」 (塩ひとつまみ)
見てきました。
MW-ムウ- (りらの感想日記♪)
【MW-ムウ-】 ★★★☆ 試写会(13) ストーリー 16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。しかし
MW-ムウ- 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
MWムウ 映画 (粋な提案)
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
【MW-ムウ-】 (日々のつぶやき)
監督:岩本仁志 出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル    世界を変えるのは、          破壊か。祈りか。 「16年前、島民全員が死亡する事件が起こった。 しかしそれは政府によって闇に葬られ表ざたにはならなかっ
エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~ (ペパーミントの魔術師)
MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibu...
MW-ムウ-・・・・・評価額950円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「MW-ムウ-」は、手塚治虫が大人向け作品に傾倒していた1976年に発表した、ピカレスク漫画の映画化である。 膨大な著作を残した手塚だが、実...
MW-ムウ- (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。 その島を...
[映画]MW -ムウ- (落とし穴には気をつけろ!)
玉木君が悪役 ということで、早速見てきました。 毒ガスの隠ぺい工作で島民が虐殺された島から逃げ延びた二人の少年。うち一人が悪魔になって復讐を繰り返し、もう一人はそれを止めようとする。原作を上手く膨らました派手なクライムサスペンスになっていて、なかなかよ...
MW-ムウ (杏の休日 ★ 別館 ~映画館~)
16年前ある島の島民ほとんどが死亡する 謎の事件がおきるが政府によって隠蔽される。 そんな中、奇跡的に生き延びた二人の少年、結城と賀来。 結城はエリート銀行員に、賀来は神父となって生活していたが ある日タイで若い女性が誘拐される事件がおき・・・ 「手...
映画:MW -ムウ- (ぱたぱたぱ~だでグー!)
MW -ムウ- ←クリックでオフィシャルサイトへ 【コピー】 世界を変えるのは、 破壊か。 祈りか。 【キャスト&スタッフ】 監督:岩本仁志 原作:手塚治虫 出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、デヴィッド・スターズィック、鶴見辰吾、中...
『MW -ムウ-』 (『映画な日々』 cinema-days)
16年前の離島の惨劇 隠蔽された真実の公表と復讐にはやる青年と それを見守る青年。生き残った二人の運命は... 【個人評価:★★】 (劇場...
「MW-ムウ-」見てきた★ (+++turbo addiction+++)
「MW-ムウー」見てきたよー!! :*:・。,☆゜'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゜'☆,。・:*: http://mw.gyao.jp/ なんだか映画館混んでたけど、なに? エヴァのせいなの・・・?
MW-ムウ- (墨映画(BOKUEIGA))
手塚治虫の原作。タイトルは書店で見たことがある。当然原作は読んでいない。 原作者のイメージと、予告編のミスマッチが気になっていた作品だ。 「彼の真の目的は何。」 本当に、復讐の目的のためにおこなっている犯罪なのか。 疑いたくなるような数々の行動。 そして、M...
●MW-ムウ-(31) (映画とワンピースのこでまり日記)
なかなか良かったっす~
『MW-ムウ-』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る...
映画日記りぼーん『MW-ムウ-』 (CHEAP THRILL)
昨日、新宿厚生年金会館で『MW-ムウ-』の試写会に行ってきたが… う~ん、こいつぁ……キ…キツイ! ストーリーも掴みどころがないし、映像もたいしたことない。 まあ、「MW(ムウ)」の意味がわかるくだりと終盤は悪かないけど… 点数は2点。 ...
MW-ムウ (近未来二番館)
MW-ムウ- - goo 映画あらすじ、解説は↑を参考にしてくださいね。 7月4日映画館にて鑑賞 原作は手塚治虫。 手塚治虫の漫画は、子供の頃に...
「MW -ムウ-」 (首都クロム)
 初日。ご自身が手?世代の方から、親が手?世代であろう高校生まで、幅広い年齢層で座席が埋まっていました。終了時間が20時を少し回る遅めの回でありながら、前方の数列を除き端席までほぼ満席。手?作品の持つ人を惹きつけてやまない普遍的な魅力を、この客席の様子から...
「MW -ムウ- 第0章 悪魔のゲーム」 (首都クロム)
 映画版の数ヶ月前、という設定のTVドラマです。玉木さんの言葉を拝借すると、結城にまつわるanother storyなのでしょうか。  結城を中心として見たときのお話の全貌としては、沖之真船島で起きた事件に関する情報収集の一環という印象ですが、こんな事件を起こさず...
「MW-ムウー」胸騒ぎの2時間 (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW-ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 ところが!! 私が原作を知らないからだろうか? 2時間め...
MW-ムウ- (愛猫レオンとシネマな毎日)
手塚治虫原作の「禁断の問題作・MW-ムウ-」の実写映画化です。 16年前、ある島の島民全員が殺され、その事実が闇に葬られます。 その中で奇跡的に生き残ったふたりの少年、結城(ゆうき)と賀来(がらい) ふたりは、相対する闇と光、悪と善なのです。 ワ...
MW (こんな会社でごめんあそばせ)
★★★★ 玉ちゃん、売れてますねぇ~ 監督:岩本仁志 原作:手塚治虫 出演:玉木宏 山田孝之 石橋凌 ストーリー 16年前、ある島で島民全員が死亡する事件が発生 が、2人の少年だけが奇跡的に生き残り一人は神父として神に仕え、もう一人はエリート銀行
MW‐ムウ‐ (シネマDVD・映画情報館)
漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも、過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた「MW(ムウ)」を映画化。少年時代に経験した事件の復讐(ふくしゅう)のため冷酷な殺人鬼となった主人公を、ドラマ「のだめカンタービレ」の玉木宏が熱演する。彼を救済しようと悪...
「MW-ムウ-」玉木さんは良かったんだが・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
結城役の玉木さんがこのキャラに合っていて、カッコ良かっただけに、非常に惜しいです・・・。残念ながら、映画としては、いまいちだったな...
MW (ちょっとピンぼけ)
MW‐ムウ‐ [DVD]アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 原作大好きなんで、なかなか割り切って観るのが難しかったのですが、結城:玉木宏、賀来:山田孝之の配役は嫌いじゃないです。確かに原作の2人とはちょっと(特に賀来はめちゃくちゃ)イメ...
「MW-ムウー」感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 キャスト 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 石田ゆり子 石橋凌   2009年の夏公開の作品。  あらすじ  16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が発生した。しかし、この事実は政府によって隠匿される。この時 、二人の少年が奇跡...