京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『サマーフィルムにのって』

2021-08-30 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「サマーフィルムにのって
□監督 松本壮史

□脚本 三浦直之、松本壮史
□キャスト 伊藤万理華、金子大地、河合優実、祷キララ

■鑑賞日 8月19日(木)
■劇 場 横浜ブルグ13
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

公開館が少ないので桜木町まで行って来ました。
この映画、映画好きの仲間がいいと言っていて興味が出たので。

殆ど無名な若い役者が中心で、ちょっと最初は「ん?」と思いましたが、
高校生の映画部の連中が切磋琢磨して成長していく姿が、
何だかもどかしくこそばゆい感情を持ちましたよ(笑)
そうだなぁその昔、『スウィングガールズ』を観たときの感じに似ていました。
もっともあの時は名サブ・竹中直人が上手く作品をリードしていましたが、
今回はそんな脇役がない分、少し物足りなかった感じがしました。

文化祭の想い出は誰しもあるもので、そんな自分の高校時代の思い出を
重ね合わせて観ていたら、なんだか同期してしまいましたよ(笑)
余談ですが、僕の高校の文化祭の想い出は、1年生が一人で弾き語り、
2年生がシェークスピアの劇、3年生は模擬店だけでした。

それぞれの映画部の連中が、映画の完成を目指し、試行錯誤し、
完成して上映に至るまで、粗削りだけど共感できる内容でした。
高校時代なんてずいぶん前のことだけど、凝縮された想い出は決して色褪せない。
あの時代の時の流れはゆっくりで、たくさんの想いが詰まっていた。
そんな「熱い日々」を思い出させてくれる映画でした。
タイムトラベルって設定もユニークだったかも。
そしてラストはウルっとしてしまいました
戻れないけど戻りたい・・・あの頃に。

 ひとりごと・・・
小西君、面白かったよ、これ。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「MOTコレクション Journals ... | トップ | 「いけ花と茶の湯の会」/川崎... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事