京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『県庁おもてなし課』

2013-05-20 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「県庁おもてなし課

□監督 三宅喜重
□脚本 岡田惠和
□原作 有川 浩
□キャスト 錦戸 亮、堀北真希、関めぐみ、甲本雅裕、松尾 諭

■鑑賞日 5月11日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 高知県庁が観光促進を目的に設立した実在する「おもてなし課」にヒントを得て、
 書かれたという有川 浩の原作の映画化。 原作は図書館で早くから予約を入れていたのですが、
 その予約数の多さがすごくて、映画公開前までには結局間に合わなかったです
 彼女の小説はストーリーがわかりやすく、映像化がし易いのかもしれない。
 『阪急電車 片道15分の奇跡』しかり、『図書館戦争』しかり。 しかも『図書館戦争』は
 現在上映中なのでダブルで彼女の作品が映像化されているのもすごいですね
 そして、その2作の映画に続いて、本作品にも★を4つ付けてしまいました

 この映画で一番感じたことは、その『図書館戦争』でも感じたことなのですが、
 原作こそ未読ながら、主人公を演じる二人がしっかり役柄にフィットしているということ。
 それが、いい作品に仕上がった一番の要因なのかもしれません。

 県庁おもてなし課の若手職員・掛水に錦戸 亮。 そしてアルバイトだから民間感覚を
 持ち、しかも優秀な明神多紀を堀北真希が。 この二人をキャスティングしたことが 
 一番のヒットではないのかな(笑)

 最近よく出る高良健吾は地元出身の人気作家・吉門喬介(有川 浩も高知出身だったが)。
 高知県全体を一大レジャーランドにするという「高知県レジャーランド化構想」を
 ぶち上げる伝説の元県庁職員・清遠を船越英一郎。 その清遠の娘・佐和を関めぐみが演じている。

 掛水と多紀の恋の行方、元県庁職員・清遠の県庁への大逆襲、喬介と佐和の隠された
 秘密とその後秘話等々、敷かれた伏線も十分楽しめるないようになっている。
 高知県の“自然しかない”ことを逆手に取った魅力は、この映画で十二分に発揮されている。
 脇に控えるおもてなし課のメンバー、下元課長を演じる甲本雅裕も、近森演じる松尾 諭という
 キャスティングも良かったんじゃないかな

 監督は有川 浩の「阪急電車」を映画化した『阪急電車 片道15分の奇跡』でもメガホンを
 とった三宅喜重。  有川ワールドを理解している監督さんだ。 
 
 実際、実在の部分と映画は違った部分は多いらしいのですが、この映画の側面を知る
 意味でも、「よさこいネット」の「県庁おもてなし課を読み解く!」をぜひ見て下さい

  なんだか観終わったあと、『図書館戦争』を観たときもそうだったが、とても後味のいい
  ハートウォーミングな映画だった

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 『探偵はBARにいる2 スス... | トップ | 「シャクナゲ・シャクヤク」/... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
適役 (メビウス)
2013-05-21 12:31:28
cyazさんこんにちは♪TB有難うございました♪

そういえば『図書館戦争』の主演の岡田准一さんは、誌上のファン投票か何かも参考にされたとも聞いていますが、本作の掛水役の錦戸亮と多紀ちゃん役の掘北真希もなんか役柄に凄く合ってた気がしますね(自分は原作味読ゆえにイメージが固定されてなかったせいかもしれませんが・・)。

作品としては掛水たちの目指す高知レジャーランド化はまだまだ先の話でしたし何かが成し遂げられるわけでもないのですが、それでも観終わった後は将来に期待が持てるというか、どことなく微笑ましい終わり方なのが良かったですね♪
何もないこと~ (cyaz)
2013-05-21 17:20:41
メビウスさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>そういえば『図書館戦争』の主演の岡田准一さんは、誌上のファン投票か何かも参考にされたとも聞いています
確かにそうでしたね^^

>本作の掛水役の錦戸亮と多紀ちゃん役の掘北真希もなんか役柄に凄く合ってた気がしますね(自分は原作味読ゆえにイメージが固定されてなかったせいかもしれませんが・・)。
僕も原作は未読なんですが、この二人も原作に近い感じで
合っていたのではないでしょうか^^

>観終わった後は将来に期待が持てるというか、どことなく微笑ましい終わり方なのが良かったですね♪
仰るとおりですね^^
何もないことがコンセプトって、それもアリですよね(笑)?
大体の (sakurai)
2013-05-28 16:06:40
役柄はあってたんですが、高良君は、ちょっと若かったかな~と。
つい実年齢が頭をよぎって、錦戸君よりずっと若いはずなのに・・と思ったりして、するっと入れなかったかも。
高知県は何もない!!などとおしゃってましたが、もっと何もない山形に住んでると、まだまだ!!と思ったのも事実でやんす。
そうざんすか~ (cyaz)
2013-05-28 17:51:19
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>高良君は、ちょっと若かったかな~と。
そうだったんですか(笑)?

>高知県は何もない!!などとおしゃってましたが、
もっと何もない山形に住んでると、まだまだ!!と思ったのも事実でやんす。
うーん、そこはツッコめないですが(笑)、
高知は足を踏み入れたことがないですし、
山形は通過しただけだし(汗)
おっと、東根に留まったことがあるなぁ(笑)
Unknown (タケヤ)
2013-11-12 22:42:31
こんばんは。

僕もとても好きな作品のひとつに
なりました。
今年に入ってから有川センセイにハマって
いる事もあり、小説も映画も楽しんでいる次第です。

高知はぜひ一度どうぞ。
とても素晴しい街です。
何より僕が一番すきなのは県民性です。

どの方も情にあつい方ばかり。
本当にいいところです!
読み易い~ (cyaz)
2013-11-13 08:15:25
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今年に入ってから有川センセイにハマって
いる事もあり、小説も映画も楽しんでいる次第です。
なるほど^^ 彼女の作品はとても読み易くていいですね!

>高知はぜひ一度どうぞ。とても素晴しい街です。
何より僕が一番すきなのは県民性です。
そうですね^^ 友人も居るのでぜひ行ってみたいです。
本場の鰹のたたきも(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事