京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ガール』

2012-05-31 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ガール
□監督 深川栄洋
□脚本 篠崎絵里子
□原作 奥田英朗
□キャスト 香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏、上地雄輔、要 潤、林 遣都、
      波瑠、加藤ローサ、向井 理、檀 れい

■鑑賞日 5月26日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は0.5)

<感想>

 この映画に何を期待して行ったのだろう(笑)
 奥田英朗氏の原作は未読ですが、まあこのキャスティングからすれば仕方がないことと、
 深川監督だったことが観るキッカケかなぁ・・・。

 正直なところ、いいキャスティングを準備して、意外に視聴率を稼げなかった月9のような作品。
 原作もこんなニュアンスだったのだろうか(笑)

 大手広告代理店勤務の滝川由紀子(香里奈)29歳独身、
 大手不動産会社勤務で女性で課長に昇進した武田聖子(麻生久美子)、その夫(上地雄輔)、
 老舗文具メーカー勤務のややお局風味の小坂容子(吉瀬美智子)、
 自動車メーカー勤務のバツ一子持ちのシングルマザー・平井孝子(板谷由夏)。
 それぞれ立場や環境が違うが4人の女性が、お互いの立場を理解しつつも、
 4人それぞれの悩みや葛藤をコメディタッチで描いていく。

 正直、このそれぞれの女性の立場を理解しようなんて男性には無理。
 少し背伸びして生きることより、多少小バカにされても力を抜いて生きたほうが楽。
 でも、それだけでは乗り切れない何かがあるから、常に葛藤の人生だと思うし、
 そこに男も女もないと思う。
 
 かつて、“男女雇用均等法”なんて素晴らしく形容された言葉の存在とは裏腹に、
 職場で男女のあり方、関わり方は随分変わって来たのは事実だけれど、
 やっぱそこには男女の持つ特性が活かされ、それを十分に力に出来る人間が生き残り
 またリーダーシップがとれる。

 男であれ女であれ、自ら選択した道であるならば、多少のプレッシャーや不具合には、
 自分で解決していかなければならないのは当たり前。 恋愛とて同じこと。
 恋愛なんて、不自由なほど燃えるものだと経験者は語りたい(笑)

 互いに持ち合わせない要素、またリスペクトできる要素、
 互いが融合し合えプラスに転じることのできる要素、
 それこそが本質で、この映画もゆるーくそのあたりは表現されていたけど、
 あまりにゆるすぎて、映画観ながら違うことを考えていたよ(笑)
 
 ガールズでもボーイズでも、アラサーでも、アラフォーでも、
 女子会でも、男子会でも、ママ会でも、老人会でも、お題目は何でもいいけれど、
 ホンネでしゃべれる仲間なら最高だけどね

 これ、女性監督が撮ったほうが良かったんじゃないの(笑)

  で、これから観ようと思っている方、レンタルで十分ですから~(by 波田陽区

  主題歌を歌っている西野カナ、最近ドラマのエンディング等引っ張りだこですね
  引っ張られ過ぎないようにしてちょうだいねぇ~


コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「プレミアム カシス とレア... | トップ | 「東京ぼーの」/D&N »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん (NAO)
2012-05-31 14:31:56
これ観ようかなぁ?と考えてたんですが
cyazさんの記事読んで、ちょっと迷ってます。
個人的に吉瀬さんが好きなので・・。

>恋愛なんて、不自由なほど燃えるものだと経験者は語りたい

同感です
どうぞ~ (cyaz)
2012-05-31 17:19:52
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさんの記事読んで、ちょっと迷ってます。個人的に吉瀬さんが好きなので・・。
いやいや、あくまでいつもの僕の私観ですので、
どうぞ気にせずご覧になって下さいませ^^

>同感です
あらNAOさんも“燃える闘魂”ですか(謎)?!
私は泣きました! (じゅぼん)
2012-05-31 20:16:17
先日はブログにコメント、ありがとうございました。
そして、この記事TBさせていただきました!

さて本題です。
男女で感想は異なると思う映画でした。
なので男性の意見が聞きたかったので、
ここの意見は非常に貴重であります。

私は女子同士で見に行ったし、主人公たちと同世代だったので
大変共感して帰ってまいりました。

時に泣き、時に笑い。

番宣をしまくっていたので、視聴者を煽りすぎだとは思いますが、
私は見て良かったと思います。

自分の中にあるモヤモヤや不確かなものが
香里奈ちゃんのナレーションで少しずつ払拭していって、
自分の中で納得できたと言いましょうか、答えが見つかった
そんな感じになりました。

予告で気になって、映画館で見て、再度予告を見ると、
予告で内容が凝縮されている印象に陥りますが、
あの経過が非常に大事ではないかと思えるのです。

40歳前の女子(ガール)が熱くなりすぎました。
かなりの温度差の内容ですみません。
同期~ (cyaz)
2012-05-31 21:19:46
じゅぼんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>男女で感想は異なると思う映画でした。なので男性の意見が聞きたかったので、ここの意見は非常に貴重であります。
そうでしたか^^ ま、あまり貴重な意見でもないと思うのですが(汗)

>番宣をしまくっていたので、視聴者を煽りすぎだとは思いますが、私は見て良かったと思います。
なるほど^^ 確かに番宣は多かったですね(笑)?

>自分の中で納得できたと言いましょうか、答えが見つかったそんな感じになりました。
同期できたんですね、やはり?
同じ温度感だったのでしょうか^^

>予告で気になって、映画館で見て、再度予告を見ると、予告で内容が凝縮されている印象に陥りますが、あの経過が非常に大事ではないかと思えるのです。
ま、女子テーマだから成り立つ映画なのかもしれません。
男ばかりだと、こうはいかないと思うので(汗)

>40歳前の女子(ガール)が熱くなりすぎました。かなりの温度差の内容ですみません。
いえいえ、こちらこそ貴重な意見をありがとうございました。
Unknown (Quest)
2012-06-22 23:58:25
動いてしゃべる女性ファッション誌みたいな映画でした(笑)
男性からしたら実感として理解しにくいですが、感覚的には分からないでもないかなと。「男の人生は足し算、女の人生は引き算」など妙に哲学的な作品でした。
引き算~ (cyaz)
2012-06-23 08:57:47
Questさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>動いてしゃべる女性ファッション誌みたいな映画でした(笑)
なるほど、言いえて妙ですね(笑)

>男性からしたら実感として理解しにくいですが、感覚的には分からないでもないかなと。
そうですね^^

>「男の人生は足し算、女の人生は引き算」など妙に哲学的な作品でした。
実際にはこの言葉通りなのでしょうかねぇ???

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

GIRL ガール (LOVE Cinemas 調布)
奥田英朗原作の人気小説を『神様のカルテ』、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。アラサー、アラフォー女性が恋愛、仕事、結婚、子育てなどの悩みを抱えながらも失敗を重ねながら成長して行く姿を描いたガールズドラマだ。出演は香里奈、麻生久美子、吉瀬美...
ガール (あーうぃ だにぇっと)
ガール@東宝試写室
ガール/香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏 (カノンな日々)
予告編がポップなガーリームービーという印象だったので後で『半分の月がのぼる空』『60歳のラブレター』の深川栄洋さんが監督していると知ったときは「え?そうなの?」と意外に ...
ガール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。深川栄洋監督、香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏、上地雄輔、要潤、林遣都、波瑠、加藤ローサ、向井理、壇れい。ビミョー年齢女子会のオムニバス風コメディ ...
GIRL ガール (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】色んなパターンの女子の紆余曲折を短編
ガール (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ガールクチコミを見る今をときめく女優4人が、働くアラサー女子の悩みと本音に迫る「ガール」。見終わった後にあれこれと会話がはずみそうだ。広告代理店勤務・独身・恋人ありの ...
映画『ガール』 (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、こんばんは。昨日・今日と2連休でした、じゅぼんです。 今日は、元同僚と見てきた映画をご紹介します♪ 映画『ガール』HP←クリック♪ この映画は、2012.5.26~全国公開されている映画です。 原作は、こちら… ガール奥田 英朗 / 講談社 年齢の違...
GIRL ガール (とりあえず、コメントです)
奥田英朗著の同名小説を深川栄洋監督が映画化した群像劇です。 原作は未読だったのですけど、最近やけにあちらこちらで宣伝を見るので、 好きな監督さんだしチャレンジしてみようかなと思いました(^^ゞ 単純な恋愛ドラマではなくて、現代社会に生きる女性たちの普遍的な想...
ガール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 美女4人!これは観ないわけにはいかないぞ(笑)
「ガール」 (みんなシネマいいのに!)
 会社も年齢もバラバラなのに仲良しの4人の女性。 広告代理店勤務の29歳独身の由
「ガール」 いつ大人になるのか。 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
30歳目前で焦りを募らせる大手広告代理店に勤める由紀子、大手不動産会社で管理職に抜擢された34歳の聖子、老舗文具メーカーに勤め、ひと回りも下の新入社員の教育係になった34歳の容子、営業職に復帰したシングルマザーの孝子。仕事人として、女性として、彼女らはそれぞ...
女はつらいよ 『ガール』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:深川栄洋出演:香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏、壇れい日本映画 2012年 ・・・・・・ 5点
「ガール」 人生の半分はブルー、もう半分は・・・ (はらやんの映画徒然草)
テーマから予想されたことですが、やはり観賞客の女子率高し。 金曜日の晩ということ
GIRL/ガール       評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
30歳を目前に控え焦りを募らせたり、扱いづらい年下の男性部下を最近持ったり、突然新入社員に恋をしたり、あるいはシングルマザーになり仕事に復帰したりと、それぞれに境遇は違うものの自分らしく生きようと懸命にがんばっている30代前後の女性4人の姿を描く。2006年に....
映画『ガール』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
  奥田英朗氏の描く「人」が、大好きだし 深川栄洋監督の「人」の描写も好きなので 気にはなっていたものの 劇場に足を運ぶ
ガール (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ガール '11:日本 ◆監督:深川栄洋「神様のカルテ」「白夜行」 ◆出演:香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏、上地雄輔、要潤、林遣都、波瑠、加藤ローサ、向井理、檀れい ◆STORY◆129歳の由紀子には、年齢も仕事も置かれている境遇も違うけれど、なぜか気...
「ガール」一本で四つ味が楽しめます (風貴(カサキ)の映画大好き!)
久々に試写会で観賞したけど、 劇場で観るのとは音響がまるっきり違って、なに言ってるか聞き取れないし、 なにより画面の大きさが違いすぎるよね。 試写会なので贅沢言えないけど、もう少し良い環境で観たいもの、 良い作品だっただけにハズレの事を考えて試写会に...
ガール (のほほん便り)
奥田英朗の同名小説を映画化したラブ・コメディ。 軽いノリで見られたのがヨカッタかな? 香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏… と、今が旬の女優さん達が、それぞれの境遇な女性像を溌溂と演じてるのが目の保養。見ていて楽しかったです。 ハッピー・エ...
映画評「ガール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・深川栄洋 ネタバレあり
ガール (♪HAVE A NICE DAY♪)
ん~~これは! 全ての女性が 4人の仕事に恋に子育てに 色々頑張ってる女性に共感できるのでは~? 面白かった~ きっと、みんな、みんな、同じような事を 日々思っている事があうと思う そうそう、そうそう!と なので、これを観終わった後は、元気になっている!作...
映画 GIRL (こみち)
JUGEMテーマ:邦画    折角、おしゃれしてきたのに食事は   素敵なレストランからは、程遠い食堂。   こんなのがいつもだと、愛想が付きますね。       武田聖子役の麻生久美子が...