京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『空飛ぶタイヤ』

2018-06-21 00:06:21 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「空飛ぶタイヤ
□監督 本木克英
□脚本 林 民夫
□原作 池井戸 潤
□キャスト 長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳

■鑑賞日 6月16日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

ま、ある意味現作者の“池井戸 潤らしい”、
そして脚本の林 民夫らしい作品を、
本木監督の力量発揮の作品だったと言える。

もちろん主役は長瀬なのだが、要になるキャストも
ディーン・フジオカ、高橋一生、岸部一徳、笹野高史等々、
まだまだ役達者な布陣で楽しませてもらえた。

大企業によるリコール隠しってつい最近でも
誌上やマスコミでバッシングされたていることが多々あるが、
この映画も加害者と被害者のそれぞれ側での立場と、
それに関わる周囲の人々との軋轢や葛藤を炙り出している。

ただ『友罪』のところでも書いたが、自分が事故にあったせいで、
やはりどうしても被害者目線で観てしまう傾向は否めなかった。


かつて、TVドラマでも取り上げられたが、
こうして原作は未読ながら映画化されたことにより、
観終わって、もう一度細部にわたり、
1クールのTVドラマとして観てみたい気がした。

岸部一徳、なぜにパーマ(笑)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『妻よ薔薇のように 家族は... | トップ | 『万引き家族』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事