京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブルージャスミン』

2014-05-22 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン
□監督・脚本 ウッディ・アレン
□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、
       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K

■鑑賞日 5月11日(日)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  ご存知のとおり、ケイト・ブランシェットが第86回アカデミー賞で主演女優賞を
  獲得した作品。 あれ~と思った人も多いと思いますが、彼女、これが初の
  主演女優賞(助演女優賞はすでに獲得)だったんですね。 意外でした。
  さて、あのウディ・アレンとケイトって組み合わせ、果たしてありなのかな(笑)

 ニューヨークの資産家ハル(アレック・ボールドウィン)と結婚し、セレブリティとして
 裕福な生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、ハルとの結婚生活が
 破綻したことで地位も資産も全て失ってしまう。 サンフランシスコに住むシングル
 マザーの妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)の安アパートに身を寄せ、再出発を図る。

 “天国と地獄”ではないけれど、ある種虚栄(そういえば昔『虚栄のかがり火』って
 映画がありました)の世界に身を投じたジャスミンとしては、余程の資産家との出会い
 でも無い限り、再びセレブな生活は無理。 今までの優雅過ぎる贅沢な生活が身に
 しみていて、簡単には生活や考え方を切り替えることもできず、ましてや妹の所に
 居候しながらも、慣れない仕事や生活でフランストレーションは溜まっていく一方。
 更に無神経な妹の彼氏やその友人に手を焼く始末。

 いわゆる落ちこぼれた一人の女性の顛末と、そこから這い上がろうとするジャスミンを
 客観的に、言葉は悪いが覗き見する形でストーリーは進んでいく。
 そこには、観る側が知らず知らず、勘違いした優越感で、高見の見物をしてしまう。
 そこがもしかしたらウディの狙いであるかもしれないし、彼特有のブラック・テイストの
 “笑い”が介在していたのかもいしれない。 でも、これが映画として面白いのかと
 いうと、残念ながら、僕の中でのウディの作品の面白くない方に入ってしまう作品
 だけど、だけどこのジャスミン役にケイト・ブランシェットを選んだウディの人選は、
 やはり監督として誤っていないと思えた。

  ま、でも日曜の朝から観る映画ではなかったなぁ(笑)
  週末の夜にビール片手に観る映画の部類ではなかろうか・・・。
  真剣に観たら、疲れまっせ~ほんま(笑)
  そうそう、アレックちょっと痩せて見られるようになりましたなぁ


コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『とらわれて夏』 | トップ | 「東芝未来科学館」/川崎 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観ました (mayumi)
2014-05-23 08:28:03
土曜日に観てきました。
笑ったぁ~(*^^*)
確かに、ウディ・アレン×ケイト・ブランシェットの組み合わせは 新鮮☆
「エリザベス」や「ロード オブ ザ リング」など、気品のある役の
イメージが強いケイト・ブランシェットだけに
喜劇というだけでも斬新だし、案外 アカデミー会員の
見る目も確かなものですね。
ツボ~ (cyaz)
2014-05-23 12:24:16
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かに、ウディ・アレン×ケイト・ブランシェットの組み合わせは 新鮮☆
新鮮というよりも・・・カラーが違いすぎて(笑)

>気品のある役のイメージが強いケイト・ブランシェットだけに
そうですね、そこは彼女の中の異業種(監督)格闘技のようで(笑)

>喜劇というだけでも斬新だし、案外 アカデミー会員の
見る目も確かなものですね。
本来ならば、既に獲っていても良さそうなのに、
そこを素通りして今回でオスカー???
最近のアカデミー会員ってゆとり世代(笑)
やれやれ・・・このバカ女 (zebra)
2014-07-02 09:25:19
・ジャスミン なんなんですかね・・・

 このふるまい みてると 胃がムカムカしますね。

けど それでいて ブラックユーモアの憎めない気持ちになるのはウッディアレンの演出の技術の賜物です

ジャスミンはロッキー3で ミスターTこと 黒人ボクサー グラバーラングにズタボロのKO負けしたロッキーの心境ですよ。
 アイオブザタイガー”虎の目”どころか 目が座ったブツブツ つぶやき女ジャスミン・・・

ジャスミンはしょせん 虎は虎でも・・・
張子の虎ですよ!!! 見栄はって空威張りしてるだけ!
 いうまでもないけど ロッキーみたいに返り咲きできるようなタマじゃありませんね。
虎の威を借る狐~ (cyaz)
2014-07-02 12:29:20
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ブラックユーモアの憎めない気持ちになるのはウッディアレンの演出の技術の賜物です
仰るとおりですね^^
そのあたりがアレン作品の好き嫌いに別れるところですが(汗)

>ジャスミンはしょせん 虎は虎でも・・・
張子の虎ですよ!!! 見栄はって空威張りしてるだけ!
そうですね。
所詮は「虎の威を借る狐」ですね(笑)
きびしいですね。 (zebra)
2014-07-03 10:32:12
cyazさんお返事ありがとうございます。

>所詮は「虎の威を借る狐」ですね(笑)
 ハハハ・・・・厳しい~
この「ブルージャスミン」うを見た人たちの感想ブログをみてみたのですが ほとんどの人たちがジャスミンにたいして ムカツクとか 甘っちょろい といった意見が多いです。

でもこのジャスミンは 人生経験ゼロの世間知らずですよね。

それに振り回される 周囲の者たちの気持ち 考えてみてくださいよ、とジャスミンに言ってやりたい
火の粉~ (cyaz)
2014-07-03 12:26:56
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ほとんどの人たちがジャスミンにたいして ムカツクとか 甘っちょろい といった意見が多いです。
そうみたいですね~

>それに振り回される 周囲の者たちの気持ち 考えてみてくださいよ、とジャスミンに言ってやりたい
ま、自分の身に降りかかっているにもかかわらず、
火の粉は自分では掃えない(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事