京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『護られなかった者たちへ』

2021-10-27 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「護られなかった者たちへ
□監督 瀬々敬久
□脚本 林民夫、瀬々敬久
□原作 中山七里
□キャスト 佐藤 健、阿部 寛、清原果耶、林 遣都、倍賞美津子、
      石井心花、吉岡秀隆、緒方直人、永山瑛太

■鑑賞日 10月9日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

今まで
東日本大震災の被害者とその家族の苦悩を描いた映画はあった。
これは少し視点を変えて描かれた映画になっていた。
震災難民と理不尽な行政と確執を、実際に震災で家族を亡くした
若い二人と、同じ境遇の刑事が連続殺人の謎を追う。
そこでも被害者と加害者の両方の嫌疑がかけられる。
置かれた環境が違うだけで、助けが欲しい方と助けたいけどルールを
無視できない行政。そのあたりの切り口が巧みだった。

とにかく安部ちゃんはともかく、健クンと果耶チャンの演技が凄かった。
果耶チャンは「おかえりモネ」のおっとりした感じと180度違い、
やや狂気と殺気を帯びた難しい役をこなしていた。
その迫力に圧倒される反面、脇の倍賞美津子の渋い演技も光った。
原作は未読だが、フィクションなのか、ノンフィクションなのかはわからない。
ただ、これに近いことなんてんなこと表面化していないまでも、
相当数あるのかもしれない。

それにしても役人役に吉岡秀隆、緒方直人、永山瑛太って
なかなか考えたキャストだと思わないですか(笑)?
観終わってかみさんと「こりゃ、なかなかの配役だなぁ」と納得。
そして、
けいさんを演じた倍賞美津子が最後に書き残した言葉に、
二人とも涙腺崩壊だった。

そしてふたたび、エンドロールに流れる桑田佳祐の
「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」に、涙した。

  現在(いま)がどんなにやるせなくても
  明日(あす)は今日より素晴らしい
  月はいざよう秋の空
  “月光たち聖者達(ミスター・ムーンライト)”
  Come again,please.

  もう一度 抱きしめたい


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『エリック・クラプトン ロッ... | トップ | 「HANA・BIYORI」/よみうりラ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
未アップですが、、 (kira)
2021-10-27 20:37:21
コレ、観ました。

この作品が公開される少し前、アベちゃんのドラマ「新参者」の再放送を観ていたので
阿部ちゃんと絡む林 遣都クンのボヤキが溝端淳平クンとダブってしまって(苦笑)

もう、本当にナイスなキャスティングでしたよね!?
特に役人3人。完璧です👏
ウケた~ (cyaz)
2021-10-28 08:24:55
kiraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>この作品が公開される少し前、アベちゃんのドラマ「新参者」の再放送を観ていたので
阿部ちゃんと絡む林 遣都クンのボヤキが溝端淳平クンとダブってしまって(苦笑)
なるほど^^
「新参者」、リアルタイムで観ていましたが、面白かったですね!

>もう、本当にナイスなキャスティングでしたよね!? 特に役人3人。完璧です👏
あの役人のキャストだけで、ウケました(笑)
キャスティング (NAO)
2021-10-29 00:36:30
私も、あの3人の配役考えた人素晴らしい!と
思いながら観ていました。

佐藤健くんは、「るろ剣」のイメージが強すぎましたが
これで演技の幅も広がり、マンガの実写版以外での
作品での代表作が出来たって感じをうけます。
果耶さんは、朝ドラとぜんぜん違うお芝居で驚き。
まだ19歳ですが、貫禄あるなぁ~と感じました。
実体験のような~ (cyaz)
2021-10-29 08:38:00
NAOさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私も、あの3人の配役考えた人素晴らしい!と
思いながら観ていました。
なんだかホント、マストでしたよね(笑)

>佐藤健くんは、「るろ剣」のイメージが強すぎましたが
これで演技の幅も広がり、マンガの実写版以外での
作品での代表作が出来たって感じをうけます。
まるで実体験をしたみたいな迫力と鎮魂の演技だったと思います!

>果耶さんは、朝ドラとぜんぜん違うお芝居で驚き。
まだ19歳ですが、貫禄あるなぁ~と感じました。
どうしてもタイムリーに重なっていたので、
その演技の違いに圧倒されました^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事