京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『母べえ』(TV/地上波)

2010-02-06 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「母べえ
□監督・脚本 山田洋次
□脚本 平松恵美子
□原作 野上照代 

□キャスト 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎、
       志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、
       茅島成美、中村梅之助、松田洋治、赤塚真人、吹越満、左時枝、
       鈴木瑞穂、戸田恵子、大滝秀治、賠償千恵子

■鑑賞日 2月4日(木日)
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 久々にTVで録画しておいた『母べえ』を観る。
 この間買ったマイケルの『THIS IS IT』もそうでしたが、やっぱりLEDアクオス(46型)の影響かもしれない(笑)
 この映画も『
おとうと』の公開に合わせてのオンエアとなったんでしょうが・・・。

 時代設定は昭和初期(戦時中)で『おとうと』とはかなり違っていたが、
 昭和の母や姉を演じる吉永小百合はこういう女優さんだったのだろうかと思うほど、
 申し訳ないが期待はずれの演技を観てしまった感・・・。
 公開が2008年1月だから、ほぼ2年経って『おとうと』に繋がっている。
 正直なところ、この『母べえ』を地上波で観て、『おとうと』も地上波で十分だったと改めて思った次第。
 自宅で観てたらもっと泣けていたかなぁ(笑)

 それにしても、キャスト陣は山田監督の息のかかった俳優たち。 つまり山田組。。。
 檀れい、笹野高史、坂東三津五郎は『
武士の一分』、常連の神戸 浩は『隠し剣 鬼の爪』、『たそがれ清兵衛』等。 
 
 『おとうと』との違いはできの悪い弟を信じ続ける姉と、夫を信じ続ける妻。 
 鶴瓶は『おとうと』では破天荒でどうしようもない弟で、今作ではやはり破天荒な叔父役。 
 時代背景こそ違え、そこにある家族像・家族愛は同じトーンの描写が存在するし、 
 鶴瓶だけ捉えると奈良の山でのたれ死ぬ方が設定らしいし(笑)。 

 ただ夫の教え子である山ちゃん役の浅野忠信はいつもつかみどころがないものの、恩師の妻に惚れるくだりや、
 出征前に郵便受けをそれとなく修理している姿は、その時代の控えめながら、成就しない想いを
 さりげなく表現しているところにはさすがに募る想いに同調してしまったが。

 昭和の強い母親像と決して最後まで夫を信じる姿は、今の時代にどう映るのか・・・。
 なにより山ちゃんが泳げなくて海でおぼれているとき、母べえが浜辺をダッシュして勢いよく海に飛び込み、
 迷いなく最短距離で泳いでいく吉永小百合の姿に感動を覚えた(そこかいっ
 さすがに毎日泳いでいる吉永小百合の姿を確認できたシーンだった。
 着衣のままであれだけ見事に泳げるのだから、レーザー・レーサーを着たらもっと凄いのかも(笑)

 ラストシーンで、母べいが倒れて病院で死の淵に居て、絵の教師をしている照べえ(戸田恵子)に連絡が入り、駆けつけたとき 
 初べえは看護師をしているのはいいが、病床にいる吉永小百合より老けている賠償千恵子が初べえというのも本末転倒 
 いくら賠償千恵子が山田組だとはいえ、何ともラストの落としどころでしらけるキャスティングはいかがなものだろうか・・・。 
 そりゃ、さくらのイメージが強い日本を離れてベルリンあたりでウケるわけだ(笑) 

 初べえと照べえの娘役二人、志田未来と佐藤未来ちゃん。
 佐藤未来ちゃんのほうが昭和の子供って感じだったなぁ(笑)



コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 伊坂幸太郎さんの~ | トップ | 「今井美樹コンサート2010」/... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャスティング (にゃむばなな)
2010-02-21 13:24:27
キャッスティングに関しては同意見です。
倍償さんのキャスティングはちょっとムリからでしたよね。
もう少し新しい顔ぶれを用意するとかできなかったのかなぁ~って思いました。
息のかかった~ (cyaz)
2010-02-22 12:49:57
にゃむばななさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>キャッスティングに関しては同意見です。
そうですか^^

>倍償さんのキャスティングはちょっとムリからでしたよね。もう少し新しい顔ぶれを用意するとかできなかったのかなぁ~って思いました。
監督の息のかかった役者でないと映画が撮れないのなら、
監督やらないほうがいいかも(爆)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

32 トラックバック

母べえ(2007) (佐藤秀の徒然幻視録)
野上照代原作、山田洋次監督、吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、坂東三津五郎、笑福亭鶴瓶、中村梅之助、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、茅島成美、松田洋治、赤塚真人、吹越満、左時枝、鈴木瑞穂、戸田恵子、大滝秀治、倍賞千恵子。今観ると「...
母べえ (2ちゃんねる映画ブログ)
0【山田洋次】母べえ part1【吉永小百合】 http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1189214474/ 1 :名無シネマ@上映中:2007/09/08(土) 10:21:14 ID:4XFo/IWo 『母(かあ)べえ』 2008年1月26日(土)全国ロードショー 【公...
母べえ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
母べえ 通常版家族、とりわけ母にスポットを当てた誠実な作品。治安維持法違反で逮捕された父に代わって家庭を支えた気丈な母親を、子供たちの目を通して描いていく。直接的に戦争を描かず、名もない市井の人々の痛みを表現する、練られた一つ一つのセリフが印象的だ。吉...
【母べえ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山田洋次   脚本/山田洋次、平松恵美子    原作/ 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)    製作年度...
mini review 08317「母べえ」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱...
母べえ (あーうぃ だにぇっと)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合/浅野忠信/檀れい/志田未来/佐藤未来 /笹野高史/でんでん/神戸浩/近藤公園/茅島成美 /中村梅之助/松田洋治/赤塚真人/吹越満/左時枝 /鈴木瑞穂/戸田恵子/大滝秀治/笑福亭鶴瓶/坂東三津五郎 他 【ストーリー】 ...
母べえ (Akira's VOICE)
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。
映画「母べえ」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは7~8割くらいで、客層は子供連れの親子から年配の方まで様々である。[DVDソフト]母べえ(通常版) 映画の話 世界情勢が緊張を帯びてきた昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が、反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代....
【母べえ】 (日々のつぶやき)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、浅野忠信、壇れい、坂東三津五郎、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶 予想していたよりも良かったです! 「昭和15年野上家、父べえと母べえと娘二人の幸せな暮しがある朝突然奪われた。父の滋はドイツ文学者で治安維持
映画評「母べえ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
「母べえ」を観て (再出発日記)
世評があまりにも高いので、私は最初から冷静に、辛口でいこうと決心していた。監督・脚本:山田洋次出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、戸田恵子、坂東三津五郎特高役の笹野高史が土足で野上家に上がりこみ、調度品や蔵書を足蹴にする。江戸時代がかかったよ...
*母べえ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年  日本 日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」...
母べえ (2007) 132分 (極私的映画論+α)
浅野さんの3変化(爆)
「母べえ」自由のない時代でも信じる思想を通して信じ合った強い絆の家族愛 (オールマイティにコメンテート)
「母べえ」は野上照代さん原作、山田洋次監督作品で、太平洋戦争へ突入する前の1940年から太平洋戦争へ突入した1942年を中心に父べえが治安維持法違反で検挙されて帰りを待つ母べえら家族とその知人と親戚の絆を描いたストーリーである。当時戦争に突き進んだ日本...
母べえ/吉永小百合、浅野忠信 (カノンな日々)
今頃になってですけどようやく観ました、『母べえ』です。公開時に劇場で観ても良かったんですけど、なんだかいかにも泣かせますって感じの人情ドラマっぽい感じがしてその時はあえて観るのを避けちゃったような覚えがあります。素直に観ておいても良かったかな? 出演...
『母べえ』 (ラムの大通り)
----これって最近、よく聞くタイトル。 お母さんの話だろうということは想像つくけど、 この“べえ”というのは一体ニャによ。 「じゃあ、順番に分かりやすく説明しよう。 この映画は、黒澤明監督のスクリプターとして知られる野上照代が、 幼い頃の家族の想い出を綴った...
『母べえ』 劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
1000円の前売り券を主人が2枚買っていたので、視力の落ちた娘のメガネを作りがてら、近くのシネコンへ嫌がる娘と一緒に映画館に入れば。。。かなり年代層が高くて。。娘、プンプン!!.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)2007「母べえ」製作委員会『母べえ』2007年日本作....
★「母べえ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人...
「母べえ」 (てんびんthe LIFE)
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 ...
[映画『母べえ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
▼うちの<母べえ>が、映画『母べえ』の前売り券を持っていたので、いつもの<MOVIX昭島>に観に行く。 今夜は、レイトショーで『テラビシアにかける橋』も観に行く予定なので、<MOVIX昭島>三昧である。 うちの<母べえ>は、市の婦人会のお手伝いをしてい...
母べえ [監督:山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
----??なキャスティングも、「サザエさん」実写版だと思うと深みが出てくる----
母べぇ (迷宮映画館)
ごく普通の映画・・・。
「母べぇ」いい映画です (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次少しあらすじ ドイツ文学者野上滋の家族は仲良くお互いを「○○べぇ」と呼び合う。ある夜、特高が野上の家に踏み込み、二人の娘と妻の目の前で滋を縄にかける。 家族は滋の教え子山ちゃん、滋の妹久子に支えられながら滋の帰りを待ち続けるが・・・。感想...
「母べえ」:有明テニスの森バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ...
母べえ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『歓喜の歌』で北京飯店のおかーさんにほろっとさせられた後に続いての勢い鑑賞は吉永小百合さん主演の『母べえ』でした。昭和15年から20年にかけての日本のある一家のお母さんの物語を娘が回想して語る・・・そんな手法でストーリーが進んでいきます。野上さんちは、...
「母べえ」 母兵衛は、たそがれない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『武士の一分』でキムタクを主演にしたばっかりに大ヒットしてしまい、すっかり松竹の屋台骨を支える事になってしまった(今に始まった事ではないが)山田洋次が吉永小百合主演で、また狙いにきた映画かと思ったけど、なんのなんの山田洋次イズムあふれる集大成的な映画に...
年相応に…(映画/試写会:母べえ) (美味!な日々)
山田洋次監督、吉永小百合主演で話題の映画『母べえ』を我が母が「見たい見たい」と騒いでいたので、応募しまくって当たった試写会に母を伴って行ってきました。
『母べえ』 (めでぃあみっくす)
笑顔あるところに平和あり。改めてそう思える映画ではあったものの、その一方で反戦メッセージがとても脆弱に感じた映画でもありました。自伝的小説の映画化とはいえ、やはり山田洋次監督の型にはまった脚本と演出よりも新鮮味を感じる新しい風をこの映画に取り入れてほし...
『母べえ』 @新宿ジョイシネマ (映画な日々。読書な日々。)
日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月...
母べえ 08013 (猫姫じゃ)
母べえ 2008年   山田洋次 監督  野上照代 原作吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 中村梅之助 ATOK 偉い! つるべ、一発変換ですね。 婆べえ、とか言う陰口も聞こえますが、なんのなんの、吉永小百合さん、お...
母べえ (Blossom)
母べえ 監督 山田洋次 出演 吉永小百合 浅野忠信 檀れい     志田未来 佐藤未来 中村梅之助 日本 2007
母べえ (シネマ日記)
この作品が公開されたとき「母べえ」ってどっかの方言で「お母さん」のことなのかなぁって思ったんですが、これはこの家族独特の呼び方で父べえ坂東三津五郎がユーモアのある人で、家族にそれぞれ「べえ」をつけて呼ぼうって決めたってことらしい。というわけでこの家族は...