京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『大河への道』

2022-06-01 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「大河への道
□監督 中西健二
□脚本 森下佳子
□原作 立川志の輔
□キャスト 中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの

■鑑賞日 5月21日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

伊能忠敬による「大日本沿海輿地全図(伊能図)」の完成とそのプロセスを
千葉県香取市役所で地域活性化のため、伊能忠敬を主人公にした大河ドラマの
開発プロジェクトが
立ち上がった。
実際には忠敬が地図完成の3年前に亡くなっていたと
いう事実が発覚、
弟子たちは地図を完成させるべく、一世一代の隠密作戦に乗り出す。

そもそも日本史好きだったのだが、伊能忠敬による日本初の
地図が作られたプロセスやその歴史的背景は詳しく知らなかった。
実際に歩測で作り上げられた地図は現代の最新の衛星写真と比べても、
多少ズレてはいるものの寸分違いなく出来上がっている。
約200年前に作られた日本地図。
この映画は伊能忠敬の功績を分かりやすく、且つ面白く紐解いてくれている。
中井貴一と松山ケンイチのかみ合わない二人の演技が秀逸。
笑いあり涙ありで(いや、涙は流れないけど)、
この映画は社会勉強のために是非小・中学生に観て欲しい作品だ。

 観終わって佐原にある伊能忠敬記念館に行ってみたいと思った次第。


コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「多摩川台公園・多摩川浅間... | トップ | 「アジサイの花手水」/大森... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
佐原にどうぞ。 (サッチー)
2022-06-01 09:04:59
cyazさんおはようございます。

この映画,是非見たいですね。
未だ、日本情緒が残っている佐原。
伊能忠敬の生誕の家も残っていますが、少し遠いかな?
ぜひぜひ~ (cyaz)
2022-06-01 15:14:33
サッチーさん、コメントありがとうございますm(__)m

>この映画,是非見たいですね。
おぉ、そうですか^^ ぜひぜひ~♪

>未だ、日本情緒が残っている佐原。
伊能忠敬の生誕の家も残っていますが、少し遠いかな?
その昔は仕事で佐原に行っていたのですが、その頃は興味なしで(汗)
この映画をキッカケにして、今度は旅行気分で行ってみたいです^^
伊能忠敬記念館に~ (hanura)
2022-06-02 10:08:37
cyazさん、おはようございます。

娘が先日ラインで写真を送ってきました。
「佐原にいる~」と。
「映画を見る前に一人旅」
TVでも最近取り上げている番組が多いような。
東京からは遠く一日がかり?
私は何度か佐倉国立歴史民俗博物館には行きましたが、
その先ですよね~
近々一人で映画館へ行こうと思ってます
タイムリ~ (cyaz)
2022-06-02 16:32:14
hanuraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>娘が先日ラインで写真を送ってきました。「佐原にいる~」と。「映画を見る前に一人旅」
ほう、なんだかタイムリーでしたね(笑)?

>TVでも最近取り上げている番組が多いような。東京からは遠く一日がかり?
そうですね、2時間超ですかねぇ(京都に帰れる)

>私は何度か佐倉国立歴史民俗博物館には行きましたが、その先ですよね~
そうだったんですね。

>近々一人で映画館へ行こうと思ってます
はい、ぜひぜひ感想も^^
Unknown (Nakaji)
2022-06-06 23:18:49
こんにちは!!!これ先月の志の輔さんの落語の会場で、見なさん見に行ってくださいね~っていっておられました。
笑いあり涙ありで、本当に落語っぽいな~って思いました。
伊能忠敬って教科書で地図作った人って習うだけだったな~って思っていたので、すごく勉強になりました。
子供たちにも~ (cyaz)
2022-06-07 08:36:42
Nakajiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>こんにちは!!!これ先月の志の輔さんの落語の会場で、見なさん見に行ってくださいね~っていっておられました。
なるほど^^ 自身で番宣されたんですね(笑)

>笑いあり涙ありで、本当に落語っぽいな~って思いました。
そこは落語家原作、笑いのツボはOKですね!

>伊能忠敬って教科書で地図作った人って習うだけだったな~って思っていたので、すごく勉強になりました。
それはボクも同じです^^ こういう形で楽しく学べるのはいいですね^^
子供たちにもぜひ観て欲しい作品です。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事