京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『バベル』

2007-04-29 | 洋画

私たちは、いまだ、つながることができずにいる。

 

 

■監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
■脚本 ギジェルモ・アリアガ
■キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子 
 
□オフィシャルサイト  『
バベル
 
 リチャード(ブラッド・ピット)は、妻のスーザン(ケイト・ブランシェット)とモロッコを旅していた。 ある哀しい出来事が原因で壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、アメリカからやって来たのだ。 まだ幼い息子と娘はメキシコ人の子守に託していた。 山道を行く観光バスの中で、事件は起こった。 どこからか放たれた一発の銃弾が窓ガラスを突き抜け、スーザンの肩を撃ち抜いたのだ。 あたりに病院はない。 リチャードはバスを移動させ、スーザンを医者がいる村へと運ぶが、溢れ出る血を止める応急処置がやっとだった。 リチャードが救助に来ないアメリカ政府に苛立つ間、徐々に事件は解明され、やがて1人の日本人男性にたどりつく。 一発の銃弾は国境を越えて、孤独な魂を抱える人々をつなぎあわせていった─。
 

 おススメ度 ⇒ ★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度 ⇒ ★★

 
 悪戯に少年の放った銃弾が、夫婦関係の修復を願いモロッコに旅に出た夫婦の絆を意外にも取り戻す糸口となった。 しかしながらその事件は、その放たれた銃弾の猟銃に纏わる折り重なったストーリーを導き出した。 言葉の壁、人種間差別、それぞれの家族にある秘められた過去を、それぞれに浮き彫りにしていくことになる。

 この映画に、答えを求めることはしない方がいい。 求めてもその答えが見つからない。 監督の言いたいこともよく理解できない。 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司等、素晴らしい役者を中心に据えているにも関わらず、この厚みのない展開は何なんだろう。 

 菊地凛子の評価がかなり高かったのは、確かに体を張った演技と解釈するにはちょっと違和感がある。 ストーリーの流れ上、彼女が裸で体当たりしたキャラがひつようであっただけで、別に彼女がオファーにイエスを言わなければ別の人が評価されたようなものだろう。

 あのチエコが最後にケンジに渡したメモには何が書いてあったんだろう・・・。 それが理解できないであのラストシーンへの誘導はまさにフラストレーションを招くだけだろうに。 

 この映画を素晴らしと語れる人たちの本当の心の内が知りたいものだ。 
同じアカデミー賞で同時期、競い合ったディカプの『ブラッド・ダイアモンド』の足元にも及ばない映画だ。

 エンドロールを観ずに席を離れる客たちが全ても物語る映画だった。

 ひとつだけ、ブラピの娘役を演じたデビーはやはりお姉ちゃんによく似ていたが、何だかお姉ちゃんより大きくなりそうな気がした。 素直に育ってほしいなぁ。





コメント (28)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
« 小石川後楽園 | トップ | 芝桜 »
最新の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本編 (ぷちてん)
2007-04-29 22:35:24
実は、日本編がよくわからないことが多くてわからないまま終わってしまった感じがしました。

あのメモ見たかったですよね~~。
居酒屋で見せてくれるのかと思ったのにだめでしたね。
怖い~ (cyaz)
2007-04-29 22:44:50
ぷちてんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>実は、日本編がよくわからないことが多くてわからないまま終わってしまった感じがしました。
そうでしたねぇ・・・。

>あのメモ見たかったですよね~~。 居酒屋で見せてくれるのかと思ったのにだめでしたね。
そこをシークレットにして、この映画でどう落としたかったのかわかりませんでした。
あんなふうに世界が日本人を観たら怖い映画ですよ、この映画は。
こんにちは♪ (くろねこ)
2007-04-30 14:20:57
作品のテーマは素晴しく興味深かったのですが
どうも繋げられずレビューも苦戦しました{/namida/
裕福な生活の中でも、聾唖という障害と孤独にさいなまれるチエコの姿は衝撃的でしたが。彼女の姿を諸外国や若い皆さんはどううけとめるのでしょうかね。
手紙もですがいろいろ??が多いです。
コレも届かない・繋がらないもどかしさを
体験させようって監督のねらいですかね~
偏見~ (cyaz)
2007-04-30 14:33:15
くろねこさん、コメントありがとうございますm(__)m

>裕福な生活の中でも、聾唖という障害と孤独にさいなまれるチエコの姿は衝撃的でしたが。彼女の姿を諸外国や若い皆さんはどううけとめるのでしょうかね。
手紙もですがいろいろ??が多いです。
日本人に対する偏見を持たれかねない表現でしたね。

>コレも届かない・繋がらないもどかしさを体験させようって監督のねらいですかね~
どう感じるかは見た人しだいですが、少なくても日本人にはわからない感覚の映画だと思いました。
心が届かないのは (gajumaru)
2007-05-01 23:18:47
結局のところ、言葉の通じるもの同士だったんですね。
いつも温かい目で見てらっしゃるcyazさんの辛辣な批評と鑑賞中気分が悪くなったというbadニュースで「映画の日」鑑賞予定変更も考えましたが、やはり見ていないことには話に参加できないってことで、予定通り鑑賞してきました。「敢えて結論を描かなかったんだね、それも良きかな」なんてとりあえず思考を停止させて大人納得しておきます。
見る目~ (cyaz)
2007-05-01 23:46:50
gajumaruさん、コメントありがとうございますm(__)m

>結局のところ、言葉の通じるもの同士だったんですね。
恐らく(笑)

>「敢えて結論を描かなかったんだね、それも良きかな」なんてとりあえず思考を停止させて大人納得しておきます。
それがいいかもしれません。他のブロガーさんたちは素晴らしい考察と洞察力をお持ちだとつくづく感じますねぇ。僕なんて映画を見る目が本当はないのかもしれません・・・。
監督が何を訴えたかったのか まるで分からない内容で… (流星☆彡)
2007-05-02 13:54:53
私も ガックリしております。。。orz
アカデミー賞に凛子ちゃんノミネート☆という観点と、
「女子高生」&「手話」という…日本(それも東京!)で現在を生きる自分にとって 非常に身近な要素に満ちた内容だったので、大いに期待していまして。
なので、期待を裏切られた感に打ちのめされている状態です。
チエコの書いたメモの内容…今後、どういったものだったのか、明かされる事が あるのでしょうか?!
パンフレットに依ると、凛子ちゃんが思った事を書いた…ようですけど。。。

実は…『スパイダーマン3』の筋立てにも、ガックリしてる現状なんです。
確かに、映像技術やアクションは 見事な出来映えでしたけど、
特に第一作の ストーリー展開の意義深さが 継承されずに、悪役の活躍がテンコ盛りの果ての大団円になっていて。。。
こちらも、貴男の感想を お待ちしてますね。
ご立腹のようで~ (cyaz)
2007-05-02 17:44:54
流星☆彡さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>なので、期待を裏切られた感に打ちのめされている状態です。
なるほど、かなり期待を裏切ってくれてますね。
オマケに気分の悪い方も出ているとか・・・。

>チエコの書いたメモの内容…今後、どういったものだったのか、明かされる事が あるのでしょうか?!
パンフレットに依ると、凛子ちゃんが思った事を書いた…ようですけど。。。
それでは、あそこで終わる意味がない(笑)
もしや続編考えてるのかな(笑)

>実は…『スパイダーマン3』の筋立てにも、ガックリしてる現状なんです。確かに、映像技術やアクションは 見事な出来映えでしたけど、特に第一作の ストーリー展開の意義深さが 継承されずに、悪役の活躍がテンコ盛りの果ての大団円になっていて。。。
こちらも、貴男の感想を お待ちしてますね。
そうですか(笑) ちなみにGWは京都へ帰りますので、少し後の鑑賞となりますが、気楽な気分で観たいと思います^^
私もよく分からなくて~ (横浜マダム)
2007-05-05 18:15:23
こんにちは! お久しぶりです。。。
今頃cyazさんは、京都のご実家でゆったりのんびり羽を伸ばして過ごしていらっしゃることでしょうね。お母様に甘えられて?
cyazさんなら、どんな風にこの映画を評してらっしゃるかしら?と興味津々でしたが、やっぱり辛口コメントでした。
昨日、体の調子の悪いときにもかかわらず家族と見てきたんですが。。。よって、途中で2回も退場したので筋がとびとびで余計に分からなくなっているのですが、どうしてあの映画にあの俳優陣を必要としたのか理由が見つかりません。また、なぜ凛子が裸にならなくてはいけなかったのか? そして、皆さんが書いてらっしゃるように、あのメモの内容です。
エンディングが始まった頃に席を立つ人が多かったのは、期待を裏切られた人が多かったと言うことでしょうね。
私には、よく分からない映画でした。。。
大半は~ (cyaz)
2007-05-07 10:03:19
横浜マダムさん、コメントありがとうございますm(__)m

>cyazさんなら、どんな風にこの映画を評してらっしゃるかしら?と興味津々でしたが、やっぱり辛口コメントでした。
あはは、すいません(笑)

>昨日、体の調子の悪いときにもかかわらず家族と見てきたんですが。。。よって、途中で2回も退場したので筋がとびとびで余計に分からなくなっているのですが、
余計にそうなりますよねぇ(笑)

>どうしてあの映画にあの俳優陣を必要としたのか理由が見つかりません。また、なぜ凛子が裸にならなくてはいけなかったのか? そして、皆さんが書いてらっしゃるように、あのメモの内容です。
日本で落とせないオチはやめて欲しいですよね、まったく(笑)

>エンディングが始まった頃に席を立つ人が多かったのは、期待を裏切られた人が多かったと言うことでしょうね。私には、よく分からない映画でした。。。
ま、好みの問題でしょうが、大半は(たまにしか映画を観ない人には)面白くなかったでしょうね。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

69 トラックバック

バベル (Akira's VOICE)
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
真・映画日記『バベル』 (          )
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリ...
バベル (ぷち てんてん)
☆バベル☆(2006)アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督ブラッド・ピット・・・・・・・・・・・・・・・リチャードケイト・ブランシェット・・・・・・・・・・・・スーザンアドリアナ・バラーザ・・・・・・・・・・・・・アメリアガエル・ガルシア・ベルナル・...
「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー (オールマイティにコメンテート)
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描...
バベル (美貌録(備忘録))
バベルを観てきた。(ほぼ満席) モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本と物語は同時展開していく、その展開がどう結びつくのか? どうもブラビの出ている映画は分り難いものが多い。ブラビがそうじゃなくて監督がそうなんでしょうけど。 自分の意思を伝える為に重要な...
『バベル』 (Sweet* Days)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
バベル / BABEL (我想一個人映画美的女人blog)
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良かっ...
バベル (メルブロ)
バベル 上映時間 2時間23分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 エル・ファニング 評価 6点(10点満点) 会場 中野サンプラザ  スタン...
バベル (Black Pepper's Blog)
話題の「バベル」を観てきました。 ちょっと重過ぎるかな、とは思ったんですが、チケットが安く入手できたこともあり、観てきました。 公開2日目ということでわりと人は入ってました...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
バベル (future world)
なんだか重い・・・スッキリする映画ではない。 大劇場でロードショーというよりは、むしろミニシアターでひっそり観たかったなぁ。。 感動や共感を覚えるのとは違う、そう万人ウケする作品ではないのです。 テーマにもなってる「言葉が通じない、心が伝わらない・・...
バベル (ネタバレ映画館)
パンツ穿いてください。
「 バベル /Babel  (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
バベル (そーれりぽーと)
菊地凛子?誰よそれ。 一年前はそんな風に思っていたのに、ゴールデングローブ賞やオスカーにもノミネートされ、実体は見えないまま期待は膨らむばかり。 スズキシンジのブログと、劇場予告編以外の予備知識は排除して『バベル』を観てきました。 ★★★★★ これが映画...
バベル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散
バベル (いま話題のエンターテイメントとは?)
バベル プロフィール検索 動画検索 画像検索
映画「バベル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「バベル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
バベル(BABEL) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
バベルの塔は旧約聖書によると、神が人間の自己神格化の傲慢を憎しみ人々の言葉を混乱させて罰したとのこと。転じて言葉が輻輳してワケワカメな状態になるさま。そしてこの映画も実に見事にワケワカメで、カオス的だ。これも全て、北京の蝶ではなく、東京の弾のせいだ。
バベル (skywave blog シネマな独り言)
1つの事件が、モロッコ・メキシコ・日本を舞台に絡み合って進行する人間模様。 近代文明とはいまだ無縁な荒涼とした風景のモロッコ、混沌と猥雑さのメキシコ、聴覚障害者の視点
映画「バベル」 (FREE TIME)
GW前半3連休の昨日、映画「バベル」を鑑賞。
「バ ベ ル 」 (★Shaberiba ★)
乾いた砂漠の広がるモロッコ。華やかな大都会東京。不穏な情勢の中活気あふれるメキシコ。3つの国の4つの物語が絶妙に交錯しあう。様々な国で様々に生きるその人間たちのその姿は本当に神の怒りによって私たちはバラバラにされたのか・・。と思わせる. たしかに、何...
バベル (悠雅的生活)
繋がらない心。繋がる思い。
バベル (心のままに映画の風景)
モロッコ、険しい山間の村で暮らすアブドゥラは、生活の糧であるヤギを襲うジャッカルを撃ち殺すために知り合いから一挺のライフルを買う。 ライフルは2人の息子、アフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブ
バベル 2007-18 (観たよ~ん~)
「バベル」を観てきました~♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖...
バベル (まぁず、なにやってんだか)
話題の映画「バベル」を観てきました。 なかなか映画の日に観に行くことができないのですが、今回久しぶりに1日に観に行ったら満席でした。 以前から「菊地凛子の体当たりの演技」とワイドショーで言われていましたが、「体当たりとは何ぞや?」と思う私にとって、 ...
バベル (O塚政晴と愉快な仲間達)
ニュースによると、この映画を観て気分が悪くなった人もいるとか。 確かに問題のシーンは、しばらく画面がチカチカしてたけど、子供じゃないんだから気分悪くなる前に目をそらせばいいだけじゃん。 と思う。 バベル ★★★☆☆ -ネタバレ少な...
伝わらない思いのもどかしさ。~「バベル」~ (ペパーミントの魔術師)
精神的にしんどかったのは菊池凛子さんがやってた チエコちゃんかもしれんし、 露骨に命の危険にさらされたケイト・ブランシェット演じる 奥さんも大変やったと思うけど ・・・いちばんかわいそうやったんは オトナの都合で砂漠のど真ん中にほったらかされた この子らち...
*バベル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                  2006年  アメリカ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医...
「バベル」言葉とは何か (再出発日記)
人と人が信じあえるのに、言葉は必要なのだろうか。という疑問がわいてきた。そんな映画でした。また長い前ふりをします。早く読みたい方は写真がアップされているところまで降りていってください。幕末前後の外国人の日本旅行記を分析した著書「逝きし世の面影」(平凡社....
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に...
バベル(映画館) (ひるめし。)
神は、人を、分けた。 届け、心。
「バベル」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
一昨日公開した「バベル」を観て来ました。 モロッコ、アメリカ、日本を舞台に、 異なる事件から一つの真実にリンクしていくヒューマンドラマ。 「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・ イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、 完成度の高い物語を...
『バベル』・・・ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:メキシコ映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司共演、菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた作品。 正直言って、私の感性には全く合わない作品。 (...
Babel(2006,U.S.)at PREVIEW (The Final Frontier)
ブラピや凛子よりも役所さんめあてで観てしまう私はおかしいのでしょうか? バベル モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のアメリカ人夫妻、リチャード(Brad Pitt)とスーザン(Cate Blanchett)。壊れかけた絆を取り戻すため二人だけで旅行...
「バベル」 (てんびんthe LIFE)
「バベル」ブロガー試写会 GAGA試写室で鑑賞 ミッドタウンの34Fからの景観は赤坂の今まで見えなかったところがみえて面白かった! TBS付近の再開発がどんどん進んでいるので来年はまた違った感じになりそうです。そんなすばらしいところにお引越しをしたGAGAの試写...
バベル (C'est Joli)
バベル’06:米 ◆監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ「21グラム」「アモーレス・ペロス」◆出演:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 ガエル・ガルシア・ベルナル 、 役所広司 、 菊地凛子、アドリアナ・バラッザ...
バベル (ドン子の映画とディズニー三昧)
BABEL (2006) メディア : 映画 上映時間 : 143分 製作国 : アメリカ 公開情報 : 劇場公開 (ギャガ・コミュニケーションズ) 初公開年月 : 2007/04/28 ジャンル : ドラマ PG-12 神は、人を、分けた。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット】 ...
映画「バベル」 (今日感)
140分近い映画ですけど、そんなに長く感じませんでした。話に引き込まれるし、考えさせられる。すべてを説明し尽くしてくれる映画じゃなくて、観客に考えることをさせてくれる名作です。
掛け違えたボタンの後悔。『バベル』 (水曜日のシネマ日記)
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、一発の銃弾が切っ掛けとなり、各々の国での出来事を描いた作品です。
2007-14:バベル (正咄 その弐)
とりあえず話題作なのでバベルを見に行ってきました。劇場はほぼ満席とかなりの人気でした。女性が多かった感じがします。さて、もういきなり結論から言ってしまいますが、私にはこの映画が何を伝えたかったのかイマイチ分りませんでした。大体アカデミー賞にノミネートさ...
【劇場映画】 バベル (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない...
「バベル」 人はなんと不完全な生きものであろうか (はらやんの映画徒然草)
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類
「バベル」■バラバラになったもの・したもの (映画と出会う・世界が変わる)
題名の「バベル」は「人間の傲慢を罰する為に、神が人間の言葉をバラバラにした」というエピソードからのものであるが、この映画「バベル」の中では、もはや言葉だけではなく、心までがバラバラでむすびついていない有様が、描かれる。それはアメリカ人夫婦、モロッコの家...
「バベル」■その発想の原点は? (映画と出会う・世界が変わる)
失われた夫婦の絆を取り戻す為にモロッコを旅する夫婦。この人物設定には「シェルタリング・スカイ」を思い出したが、もしかしたら、この「バベル」は、発想の原点がここにあったのだろうか?「クラッシュ」、「明日へのチケット」とエピソードに集積で、主人公を変えなが...
「バベル」 (the borderland )
ジクソーパズル欲しさに前売券買いました(^^; 「21グラム」は、登場人物みんな不幸な作品だったので、ある程度覚悟はしていたのですが、これも重い作品ですね。日本が舞台でアカデミーにもノミネートされたから大きな劇場で公開されてるけど、内容的にはミニシアタ...
★「バベル」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
バベル 07115 (猫姫じゃ)
バベル BABEL 2006年   アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督・制作・原案ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 菊池凛子 アドリアナ・バラッザ エル・ファニング 二階堂智 モハメッド・アクザム 公...
「バベル」 (やまたくの音吐朗々Diary)
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチ...
『バベル』 (2006) / アメリカ (NiceOne!!)
つながっていなかったのは、本当に、言葉だけ??********************************『バベル』 (2006) / アメリカ監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・....
BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ! (銅版画制作の日々)
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ー...
「バベル」(アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
全てはモロッコで放たれた一発の銃弾がきっかけだった。 「バベル」(アメリカ 2006年)
バベル (C note)
日本人俳優の出演、アカデミーレース、菊地凛子さんの女優っぷり、パカパカ問題など
映画レビュー#51「バベル」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(エ...
バベル (明け方シネマ)
 メキシコ編と日本編が対照的に思えた。前者は婚礼の宴が、後者はむき出しの孤独が印象に残った。  世界のどこでも、文化は違っても人間の営みは同じで。愛すること、祝福することを知らない民族はいない。一方で、互いを信じられず、憎みあうこともあるだろう。孤独に...
バベル(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
菊地凛子さんがスゴイらしい。。。ということで「バベル」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子 上映時間:143分  モロッコを旅行中のアメリカ...
映画 「バベル」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
大勢の若者があふれ騒いでいる薄暗い店内にミラーボールの照明が点滅、 大音量で響くイントロ…、菊池凛子が演じる「チエコ」が店内に入って行く。
[ バベル ]愚かさの向こうに・・・ (アロハ坊主の日がな一日)
[ バベル ]を吉祥寺で鑑賞。 きくりんこと菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞ノミネートで俄然注目を浴び、今なおロングランで劇場上映されている[ バベル ]。 監督は、これがまだ長編3作目のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。1作目[ アモーレス・ペロス ]から...
チエコが刑事に渡した手紙の内容●バベル (Prism Viewpoints)
遠い昔、言葉は一つだった。 神に近づこうとした人間たちは天まで届く塔を建てようとした。 神は怒り、言われた。 “言葉を乱し、世界をバラバラにしよう” やがてその街は、バベルと呼ばれた。 ― 旧約聖書 創世
バベルの塔は、そびえ立つ。 (ひょうたんからこまッ!)
『バベル』Babel(2007年・アメリカ/142分)公式サイト<第59回カンヌ映画祭のコンペティション正式出品>最優秀監督賞・エキュメニック賞受賞<第64回米ゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞受賞> 監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、音楽賞ノミネー...
バベル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、...
映画DVD:「バベル」 (時評親爺)
う~む、これエントリするつもりじゃなかったのだけど、巷間では案外評判が良い?ようで驚いた。今日の評論はかなり辛口になろうかと思うので、TBも(不肖の論評を理解していただける数人の)映画評論お仲間程度にしか打っていない。いや、アータ、某コンビニでこんな駄...
【映画】バベル…普通評価。ポケモンショックには注意ね (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作でと...
『バベル』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
◆DVD・BABELバベル (映画大好き☆)
バベル監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演者:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 役所広司、 菊地凛子収録時間:143分レンタル開始日:2007-11-02Story菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、各国映画祭で話題を集めたヒューマ...
バベル (mama)
BABEL 2006年:アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ 、エル・ファニング 夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅す...
映画『バベル』(お薦め度★★) (erabu)
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
「バベル」心の壁 (ノルウェー暮らし・イン・London)
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうす...