京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『マスカレード・ナイト』

2021-09-30 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「マスカレード・ナイト
□監督 鈴木雅之
□脚本 岡田道尚
□原作 東野圭吾
□キャスト 木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、石川恋、
      中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、
      麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎

■鑑賞日 9月18日(土)
■劇 場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

マスカレード・ホテル」の続編。原作は未読。

やっぱ奴を呼んだらこういう展開に(笑)

前作に続き、ホテル・コルテシア東京を舞台に、
刑事の新田(木村拓哉)VSコンシェルジュ
山岸(長澤まさみ)のリベンジ戦。
大晦日のカウントダウンパーティ「マスカレード・ナイト」。
仮面を被られたら怪しい人間の確認が取れなくなる状態で、
犯人特定にやっきになる警察官の限られた時間の中での捜査が進む。

キャストのメンツを見て頂くとおわかりのように、
そうそうたる俳優陣が観る側を惑わすように登場して、
観る側がそれに惑わされずに勝手に犯人を特定していく謎解きでもあるのだが、
やはりオチへのプロセスでしっかり仕掛けと味付けがしてあるところは、
原作の東野先生の力量ですかね(笑)

こういうホテルの限られた空間の中での謎解きは、
変な話、あちこち飛ばないで観れるのがいいところ。
しかも今回はカウントダウン仮面舞踏会。
色々芸達者な俳優が多い中、前作も含めて、
小日向文世の立ち位置がグッド
そして意外に頑張っておられた博多華丸先生(笑)
前作ではあのまさかのシークレットで発見し辛かった明石家さんまも、
今作ではメッチャ分かりやすかった(もっともデカイ看板なんだけど)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「草月の秋2021」/高島屋玉川店 | トップ | 「曼殊沙華」/小石川後楽園 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さんまちゃん (NAO)
2021-10-02 17:03:02
前作では、「どこにさんまいたん?」って感じでしたが
今回は、あからさまにわかりましたね。
心の中で爆笑でした(笑)
芸達者な俳優さんばかりで、それだけでも見ごたえありました。
小日向&長澤まさみちゃんは
来年1月「コンフィデンスマンJP」でも
またコンビ組むので、楽しみです^^
見応え~ (cyaz)
2021-10-03 08:47:46
NAOさん、コメントありがとうございますm(__)m

>前作では、「どこにさんまいたん?」って感じでしたが 今回は、あからさまにわかりましたね。
心の中で爆笑でした(笑)
確かにあんなにバカでかく(笑)
パーティーでさんまの仮面被って歩いて欲しかったですけどね(汗)

>芸達者な俳優さんばかりで、それだけでも見ごたえありました。
あまりにも数が多くて(笑)

>小日向&長澤まさみちゃんは
来年1月「コンフィデンスマンJP」でも
またコンビ組むので、楽しみです^^
そうですね^^ ボクも楽しみにしています!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事