京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『時をかける少女』

2010-03-18 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「時をかける少女
□監督 谷口正晃
□脚本 菅野友恵
□原作 筒井康隆
□キャスト 仲 里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二

■鑑賞日 3月13日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
オリジナルのほうはほぼ内容を忘れてしまいましたが、原田知世チャンが新鮮だったことは覚えています
 所謂角川映画全盛の頃ですかね(笑) 今や薬師丸ひろ子あたりもオバチャン役が多くなりましたしねぇ

 いつも一緒に映画を観るかみさんと二人ではなくこの映画は一人で観ました
 お目当てはもちろん仲 里依沙チャンを観るためです
 「
純喫茶磯辺」を観てから彼女のナチュラルな演技が気に入って、今僕の中では彼女と
 比嘉愛未チャンの二人の存在が大きくなっています

 ストーリーについてはわざわざ語る必要もないでしょうが、1974年代(本当は1972年)にタイムスリップし、
 そこで起こるカルチャーギャップというか、ジェネレーションギャップというか、なんちゅうか本中華(笑)

 あの頃の昭和の街並みやファッション、その頃の音楽・・・懐かしい。
 僕の年代にとってそれがリアルで楽しめるからいいっ
 ダンガリーシャツやベルボトムのジーンズ。 ベルトのデカいバックル(笑)
 そして劇中で流れる音楽はかぐや姫の「神田川」や吉田拓郎の「春だったね」だったりして~
 現代で当たり前の携帯電話も当時は手塚治虫的近未来世界の代物(笑) 
 最初相手役溝呂木涼太がなんで中尾明慶なんだろうと思っていたけど、何となく途中から彼でよかったなぁと思えてきた。 
 なんだかノーと言えない日本じゃないけど、ノーと言えない優しい小心者の涼太くんって感じで(笑) 

 「未来から来たものは歴史を変えてはいけない。」 
 母が会いたかった人に想いを伝えられたことで、そのあかりの純粋な気持ちを少し理解し、
 その人は今となっては廃盤同然の8mmフィルムを現代へのお土産に持たせてくれた。
 だけど1972年に恋したこと、最愛の人を事故で失った記憶は消されてしまったけれど・・・。 
 その8mmフィルムに映るのは安っぽい、特にストーリーもない近未来を想像した映像だけど、
 涼太がなんとしてもラストシーンに入れたかったあかりの姿。 
 春を迎えれば桜色に染まる並木道をコートを着た後ろ姿のあかりが映る。 少しずつ小さくなっていくあかりの後ろ姿。 
 顔は映らないし、その時の記憶は消されているけれど、何故か涙を流しているあかりの姿にこちらまで泣けてきた。
 何年も経過してそのほんのり甘い感情を思い出せた気がした。 

 オリジナルの主題歌はもちろんユーミンだったが、この作品では主題歌をいきものがかりが歌っている。
 彼らのもっている音楽イメージがこの映画の全体の持つトーンによくフィットしていると思う。
 実際にはコラボしてPVには仲 里依沙チャンも出演しているようで。
 また彼らのアルバムの中には、「時をかける少女」も録音されているとか。

 この映画のキーにもなっている8mmフィルム。 
 僕のオヤジもカメラが好きでこの主人公と同じように映画を撮っていたことを思い出した。
 煙草の煙をロケットの打ち上げに使ったりして(笑)
 そのカメラ好きが高じて、生まれた頃からの8mmフィルムは我が家にたくさんあった。 
 実際に映写機も京都の実家にあり、これがまた真空管を使用しており、その真空管は今は製造していなくて、
 壊れたら使えなくなるリスクを背負いつつ、注意しながらこわごわ夜中にビデオテープにダビングしたことが思い出される。
 まさに寝入った赤ちゃんを起こさないようにベッドに寝かせるように優しく優しく(笑)

 ぼちぼちこのビデオもブルーレイにダビングしておかなければ・・・。

 そんないろんな“想い”が去来して、懐かしさとともにまさにセピアな感じで(笑)
 


   僕を忘れた頃に 君を忘れられない そんな僕の手紙がつく

   くもりガラスの窓をたたいて 君の時計をとめてみたい
   あゝ僕の時計はあの時のまま 風に吹きあげられたほこりの中
   二人の声も消えてしまった あゝ あれは春だったね

   僕が思い出になる頃に 君を思い出にできない そんな僕の手紙がつく

   風に揺れるタンポポをそえて 君の涙をふいてあげたい
   あゝ僕の涙はあの時のまま 広い河原の土手の上を
   ふり返りながら走った あゝ あれは春だったね
   
                 (作詞:田口叔子、作曲・歌:吉田拓郎)  



 


コメント (4)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« 「映画館大賞2010」決定~ | トップ | 『花のあと』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます! (チョモロマン)
2010-03-18 23:19:49
早速、こちらからもTBをかえさせていただきましたが、手違いで他の映画(ミラーズ)のTBも行ってしまいました。
しかも、2通も・・・・?
申し訳ありませんが、関係無いのは削除お願いします。

そうそう、「春だったね」が嬉しかったですね。
僕もこの歌は歌詞見ないで歌えます(笑)
最近は~ (cyaz)
2010-03-19 08:49:00
チョモロマンさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>申し訳ありませんが、関係無いのは削除お願いします。
了解しました^^

>そうそう、「春だったね」が嬉しかったですね。僕もこの歌は歌詞見ないで歌えます(笑)
もちろん、僕も同じです^^
昔覚えた曲の歌詞っていつまでも忘れないですよね(笑)?
最近の曲の歌詞さえ覚えていられないのに(汗)?! 
Unknown (Ageha)
2010-03-20 14:02:34
カラオケで「ノスタルジア」歌ってきたときもそうだったけど、
この拓郎の歌詞もなんだか泣けてくるよぉ~。
昨日も送別会で帰り道にちょこっと挨拶程度の
言葉交わしただけでうるうるしちゃったよぉ・・・。
コレが、今月、あとも一回あるのかと思うと
今むっちゃ切ないです・・・。

このままでいられたらいいのになと
思うことが多くなりました。
だからこそむしろたくさんたくさん
いろんな人とかかわって仲良くなって
思い出たくさん作って
今を精一杯楽しまなくちゃって・・・。


OPの走ってるシーンで時かけのカバーがいきなり流れるので
気持ちはタイムリープ。
おまけにこの画像はアニメ時かけの真琴と
かぶってみえました。
ドジ子ちゃんでマンガチックなあかりを
仲 里依沙ちゃんがとってもイキイキ演じていて
カラオケ行ったときのPVで
すでに内容みな見てしもたがな~と思いながら
すっかりその世界に入り込んで
楽しんでました。



なるほど~ (cyaz)
2010-03-23 08:59:38
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この拓郎の歌詞もなんだか泣けてくるよぉ~。
リアルタイム(笑)

>このままでいられたらいいのになと思うことが多くなりました。 だからこそむしろたくさんたくさんいろんな人とかかわって仲良くなって思い出たくさん作って 今を精一杯楽しまなくちゃって・・・。
老若男女、関係なくそれこそ“友だちの輪”を広げることって、
これから老いていくほどに必要になってきますね!

>おまけにこの画像はアニメ時かけの真琴とかぶってみえました。
アニメ未見ですわ(笑)

>仲 里依沙ちゃんがとってもイキイキ演じていてカラオケ行ったときのPVですでに内容みな見てしもたがな~と思いながらすっかりその世界に入り込んで楽しんでました。
なるほどね~

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

51 トラックバック

時をかける少女(2010) (LOVE Cinemas 調布)
言わずと知れた筒井康隆の不朽の名作を今再び映画化。母の代わりにタイムリープした主人公の切ない恋の行方を描いた青春ドラマだ。主演は2006年のアニメ版『時をかける少女』で主人公・真琴の声を演じた仲里依紗。共演に『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶、安田成美。監督...
時をかける少女 (だらだら無気力ブログ)
筒井康隆の名作SF小説で過去に何度も映像化されてきた『時をかける 少女』をアニメ版『時をかける少女』でヒロイン紺野真琴の声を担当した 仲里依紗を主演に迎えて新たな観点で実写化した青春ファンタジー。 今回は、原作の主人公・芳山和子の娘・芳山あかりが母の代...
[映画『時をかける少女(2010)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私にとっての『時をかける少女』は、原田知代なのだが、  この作品、リメイクではなく、これまでの繰り返されて作られた作品の続編体裁となっている。  で、主演の美少女・仲里依紗の個性ともども、少なくとも私のイメージとはかけ離れた「時をかける少女」が展開さ...
劇場鑑賞「時をかける少女」 (日々“是”精進!)
時をかける少女オリジナル・サウンドトラック「時をかける少女」を鑑賞してきました筒井康隆の名作SFを、2006年のアニメ版でもヒロインの声を務めた仲里依紗を主演に迎えて実写映画化した青春ファンタジー。今度は母・芳山和子に願いを託されたヒロインが70年代に...
時をかける少女(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。筒井康隆原作、谷口正晃監督、仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代将太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二。もうすぐ桜の季節なのだ。桜と弓道と仲里依紗を合わせたら「ちーちゃんは悠久の向こ...
映画『時をかける少女』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、谷口正晃。脚本、菅野友恵。原作、筒井康隆。主題歌、いきものがかり「ノスタル
あゝあれは春だったね。時をかける少女 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています今まで幾度となく映像化されてきた「時をかける少女」(キネマ旬報3下旬号で大森望さんが時をかける「時をかける少女」のタイトルで映像化の歴史を詳しく紹介しています)今回の谷口正晃監督
「時をかける少女(2010)」 いろんな意味で懐かしい (はらやんの映画徒然草)
仲里依紗さんという女優を始めて知ったのは2006年のアニメ版「時をかける少女」の
時をかける少女(2010) (単館系)
原作筒井康隆さんの小説をもとに現代風にアレンジした 作品、映画化第4弾 最近のところではアニメ版時をかける少女が有名。 そのアニメ版の...
試写会「時をかける少女」 (流れ流れて八丈島)
出張から帰ってきたばかりでお疲れだけど、今晩も試写会があるんで家に荷物を置いてすぐにまた出て、よみうりホールで「時をかける少女」を観てきました学生時代にガチガチの筒井康隆ファンで、原田知世バージョンの映画をリアルタイムで観てる世代にとっては、それだけで...
時をかける少女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
「時かけ」が何度も映画化されるのは、物語の骨格が魅力的な上に何通りものバリエーションが可能なためだ。高校3年生の芳山あかりは、薬学者の母・和子が交通事故に遭ったと聞いて病院に駆けつける。母は「1972年4月の土曜日の実験室、深町一夫に会いにいく」とうわ言の...
映画『時をかける少女』 (健康への長い道)
梅田ピカデリーにて『時をかける少女』。 2006年のアニメ版『時をかける少女』の主人公は、原作のヒロイン・芳山和子の姪。今回の作品の主人公は彼女の娘という設定で、やはり原作とは異なるオリジナル・ストーリー。主演はアニメ版のヒロイン真琴を演じた仲里依紗さん...
『時をかける少女』・・・走れあかり!走れ里依紗!! (SOARのパストラーレ♪)
ヤバい。これはヤラレた。涙もろいとはいえこうも泣かされるとは思ってもみなかった。
時をかける少女 (そーれりぽーと)
2010年版『時をかける少女』。 オリジナルの1983年版『時をかける少女』は子供のころから何度かテレビで観た記憶程度ですが、数年前のアニメ版『時かけ』が超絶面白かったので、アニメ版でヒロインの声を担当してた子が主演する今度の『時かけ』にも期待して観てきました...
2010年版「時をかける少女」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2010年版の「時をかける少女」を試写で見ました。
時をかける少女(2010年) (ともやの映画大好きっ!)
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 筒井康隆の名作SFジュブナイルを実写映画化した青春ファンタジー映画。 2010年東京。大学で薬学者をする芳山和子(安田成美)は、ある研究を密かに続けていた。娘の芳山あかり(仲里依紗)が大学受験に成功した春、幼馴染...
時をかける少女 (cochi のArt-Mill)
「時をかける少女」新たな物語ができました。 筒井康隆さんもびっくり、大林宣彦もこれなら絶賛でしょう。 1970年代の表情には郷愁感を誘われます。 仲里依紗さんのハイスクール姿は躍動感があり、「時かけブランド」はさらに急上昇したよう。 《時をかける少...
3つの時かけがリンクする・・・。 (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。コレを先に流してしまうと なんだかもう、映画見た気分になってしまうかもしれませんが。 今までにも その時代その時代の旬なアイドルによって映画化・ドラマ化されて その女の子たちが主人公芳山和子に命を吹き込むことによって 毎回違うカラー...
時をかける少女 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  今までこのタイトルの映画を何度観ただろうか。筒井康隆の原作が初めて世に出たのは昭和40年代であるが、昭和58年の大林監督作品を皮切りに、なんと4回も映画化されているのだ。 SFファンタジーなので、余り時の経過が長過ぎると陳腐化してしまう。それで...
時をかける少女 (to Heart)
あなたに、会いにいく。 記憶は消えても、 この想いは消えない。 上映時間 122分 原作 筒井康隆 脚本 菅野友恵 監督 谷口正晃 出演 仲里依紗/中尾明慶/石丸幹二/青木崇高/石橋杏奈/千代将太/柄本時生/キタキマユ/勝村政信/安田成美 筒井康隆の名作SFを実写映画化し...
時をかける少女 (仲里依紗さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆仲里依紗さん(のつもり) 仲里依紗さんは、筒井康隆原作の小説『時をかける少女』の続編的な位置づけで映画化された同名映画に芳山あかり 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
『時をかける少女』 (beatitude)
実写版『時かけ』――1983年大林監督版が嫌いだったため観るのを躊躇してましたが、主演を2006年アニメ版の主人公の声をやった仲里依紗と知り、俄然観る気になり行ってきました。筒井康隆の『時をかける少女』には多くの『時かけ』ファン同様、かなり思い入れがあります。...
時をかける少女 (シネマDVD・映画情報館)
今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写する。ヒロインを演じるのは、アニメーション版『時をかける少女』でも...
時をかける少女☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2010年からタイムリープしたのは1972年4月のはずが1974年2月…うわわ、、、なんてこった!!!っと思いつつ、実はちゃんと繋がっているわけで『時をかける少女』試写会に同行させていただきひと足お先に鑑賞。芳山あかり。母和子が教鞭をとる大学に進学が決定。その矢先、...
占いで分析する #fortune もしも「仲里依紗」さんが紺野真琴みたくなったら?! (神楽のお部屋。)
仲里依紗、長崎凱旋舞台挨拶に祖母登場で感涙 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1149226&media_id=15 実は、 まともに本でも映像でも「時をかける少女」って読んだことも見たこともなかったりします。 主人公の「紺野真琴」がタイムリープとか使えるように...
時をかける少女(2010年版) (とりあえず、コメントです)
筒井康隆著の名作SFを原作にした青春映画です。 今度の作品は主人公を演じるのは仲里依紗さん。 アニメ版と同じような元気いっぱいという印象があったので、どんな展開になるのか楽しみにしていました。 予想よりも切なさがいっぱいでしたけど、いつまでも余韻を感じて...
「時をかける少女」(2010) (みんなシネマいいのに!)
 筒井康隆が原作の「時をかける少女」の映像化は、大林宣彦監督の映画が最高傑作とさ
時をかける少女■原田知世と正反対の仲里依紗をうまく活かした佳作 (映画と出会う・世界が変わる)
タイムトラベルものの成否は伏線の張り方とその結実がドラマにどのような影響を与えるか、そして、ほのかに感じさせるセンチメンタリズムであろう。その点ではこの作品は成功作である。オリジナルの主演者・原田知世は透明感のある美少女タイプであったのに対して今回の主...
【時をかける少女】 (日々のつぶやき)
監督:谷口正晃 出演:仲里衣紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信   あなたに、会いにいく。 「大学の合格も発表になった矢先、あかりの母芳山和子が交通事故にあい意識が戻らない状態に陥った。ショックで病室に付き添っていたあかりは、突然目覚めた母がどうし
時をかける少女 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そん...
新旧☆時かけ!!シネマ尾道 (C note)
おもに大林宣彦監督作品のロケ地として知られる広島県尾道市の映画館<シネマ尾道>で
【映画】時をかける少女(2010年) (新!やさぐれ日記)
▼動機 弓道!袴!仲里依紗! ▼感想 弓道?袴?仲里依紗! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そんな折り、突然母が交通事故に遭い...
『時をかける少女』を観る (雑記帳+)
期待以上でした。 仲里依沙が好きなので、それもポイント上げてるかも。 『純喫茶磯
[映画]時をかける少女 (オレメデア)
先日、映画「時をかける少女」を見てきました。「時をかける少女」は、1983年に原田知世が主演で公開された映画を発端として、その後、2006年にはアニメ映画も公開されました。今回の映画の主演は、2006年のアニメ映画で主人公の芳山あかりの声を担当した、仲里依紗が演じ...
『時をかける少女(2010年)』 (浮浪雲のように)
[[attached(1,left)]] {{{: 芳山和子はある日、タイムリープする薬を完成させる。そのことと符号するように和子のもとに古い写真が届けられる。そこには高校時代の和子ともうひとり男子生徒が写っていた。 その写真を見て大事なことを思い出した和子だったが、直後、交...
「時をかける少女 (2010)」 (Mr.Bation)
「時をかける少女」2010年 筒井康隆生誕76周年にあたる2010年(爆)「時をかける少女」「七瀬ふたたび」が次々と公開される。2,3番館でこの2本立てやったら行こうかと思っていたけど仲里依紗が頗る評判良いようなので行ってしまった。
時をかける少女 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月5日(月) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『時をかける少女』公式サイト 筒井康隆のジュブナイル小説で有名なタイトルだが、原作に則り製作されたのは、大林信彦監督、原田知世主...
時をかける少女 (映画様)
『時をかける少女』 (2010・日本) 2h02 監督 : 谷口正晃 出演 : 仲里依紗、中尾明慶、安田成美、石丸幹二、青木崇高、石橋杏奈 小説は読んだ事が有って、映画も1983年実写版もアニメも観ていて、しかしどれも記憶が曖昧なので...
時をかける少女(2010年) (放浪映画人)
監督:谷口正晃 2010年公開(日本) 筒井康隆原作「時をかける少女」のスピンオフ的な作品です。 はっきり言いますが、私が今までみた同名の作品の中では一番最低な出来の作品です。 殆どアイドル映画に近い出来で、内容の薄い作品です。 主演の仲里依紗さん…映画デビ...
時をかける少女・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
筒井康隆原作の永遠のベストセラー、「時をかける少女」の四度目の映画化。 とは言っても、これは単なるリメイクではなく、原作の続編にあた...
「時をかける少女」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                「時をかける少女」 新宿ピカデリーにて。 原作・筒井康隆 脚本・菅野友恵 監督・谷口正晃 色々用事があってなかなか観に行けなかった本作を、やっと観て参りました。 とっても素敵で、切なくて、本当...
時をかける少女(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、新宿ピカデリーで見てきました。これは2月中旬の監督ティーチイン付き試写会券が来てたのですが、都合合わずどうにも気忙しいし見送っていたのでした。やはりドラマ「タイム・トラベラー」('72)や大林版元祖「時をかける少女」('83)からの愛着+今回いきものがか...
時をかける少女 (5125年映画の旅)
女子高生の芳山あかりは薬学者の和子と二人で暮らしていたが、ある時和子が事故に遭ってしまう。和子はあかりに、自分の代わりに1972年に飛び、深町一夫という男性に会うよう告げる。和子の研究室で時間を飛ぶ薬を見つけるあかりだったが、飛ぶ年代を間違えて19...
「時をかける少女」時代を超えて継承された母から娘への恋の物語 (オールマイティにコメンテート)
3月13日公開の映画「時をかける少女」を観賞した。 この映画は1983年に公開された 原田知世主演の映画「時をかける少女」の続編に当たる作品で、 芳山和子の娘あかりが1972年に出会った深町カズオに 伝えたいメッセージを託して過去へ向かうが、 そこは1...
『時をかける少女』 (みゆみゆの徒然日記)
 「あなたに会いにいく。」  劇団四季時代の石丸さんの舞台を何度か見てきて、彼の甘く優しい歌声に(マスクも・・・かな・笑)感動し、魅了されてきた私にとっては、あなた=石丸幹二なのであります。こういう石丸ファンの人は私以外にもたくさんいると思いますがね~...
時をかける少女 (Memoirs_of_dai)
と~きを かける少女♪ 【Story】 母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事...
時をかける少女 2010年仲里依紗版 (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
80年代の角川映画2トップ女優、薬師丸ひろ子と原田知世。 私は基本原田知世派でしたが、薬師丸作品を見た後には薬師丸派にちょっとなったりする、色々移ろいやすい思春期でした・・・ 中学生の時に見た時をかける少女のリメイクが、これまた私の好きな「純喫茶磯辺」の...
mini review 10496「時をかける少女」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写...
時をかける少女 (銀幕大帝α)
10年/日本/122分/青春ファンタジー・ロマンス/劇場公開 監督:谷口正晃 原作:筒井康隆 主題歌:いきものがかり『ノスタルジア』 挿入歌:いきものがかり『時をかける少女』 出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二 <ストーリー> 高校卒業...
独断的映画感想文:時をかける少女 (なんか飲みたい)
日記:2011年4月某日 映画「時をかける少女」を見る. 2010年.監督:谷口正晃.出演:仲里依紗(芳山あかり)、中尾明慶(溝呂木涼太)、安田成美(芳山和子)、勝村政信(浅倉吾朗)、石丸幹二(深町一
時をかける少女 (いやいやえん)
そういえば「時をかける少女」ってオリジナルもアニメも見てないことに気づいた。内容は同じなんだろうか? 母親が事故で意識不明になり、母の研究実験から間違って72年の2月に飛ぶつもりが1974年の2月にタイムリープすることになったあかり。そこで出会ったのが涼...