京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『日輪の遺産』

2011-09-01 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「日輪の遺産
□監督 佐々部 清
□脚本 青島 武
□原作 浅田次郎
□キャスト 堺 雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草 薫、森迫永依、
       土屋太鳳、金児憲史、柴 俊夫、串田和美、山田明郷、野添義弘、麿 赤兒、
       ジョン・サベージ、麻生久美子、塩谷 瞬、北見敏之、ミッキー・カーチス、八名信夫

■鑑賞日 8月27日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  『一枚のハガキ』とは違った切り口をもった敗戦国日本の姿がここにあった。
  この映画はもしかしたら、今年一番涙を流した映画になるかもしれない。

 終戦間近、帝国陸軍の真柴少佐(堺 雅人)は重大な密命を受け、
 山下将軍が奪取した900億円(現在の貨幣価値で約200兆円)ものマッカーサーの
 財宝を、秘密裏に陸軍工場へ移送し隠匿する。
 浅田次郎の原作を基に、佐々部監督が素晴らしい映画に作り上げた。

 赤鬼(望月曹長)が亡くなった後すぐに、金原久枝(八千草 薫)が子供たちに話す。
 それは真柴の日記を基に、小泉中尉(福士誠治)、望月曹長(中村獅童)と
 共に極秘任務を遂行する姿を回想するかたちで描かれる。

 
勤労動員として20名の女学生たちが召集され、国のために任務に就く。
 穢れをしらない純粋な彼女たちは国の勝利のためと一生懸命任務をこなす。
 真柴少佐を中心に彼女たちも忠実に任務をこなしていくなかで、遠からず
 それぞれが心を一つにしていく。
 しかし、そんな健気な女学生たちに軍部上層部は彼女たちに非情極まりない命令を下す。

 
本意ではないことも命令とあれば実行せざるを得ない軍人たちと、
 理由を知らされず女学生たちを引率する野口孝吉(ユースケ・サンタマリア)。
 非常極まりない命令とは理由は知らずとも、関わった全ての事実を消し去ること。
 つまりそれは死を意味する。
 実行する側とされる側、そこには人として断腸の思いが存在する。
 何も知らないと思っていた女学生たちは、真柴やユースケが思っている以上に大人だった。
 毒殺に用意された劇薬はすでに死を覚悟した女学生たちが。
 そして彼女たちを引率し、その責任者である野口先生も
 違う世界で彼女たちを引率するために自ら銃で・・・。
 ただ女学生たちに望まれ一人だけ生き残った女学生久枝。
 彼女はそのご望月曹長の実家で一緒に生活し、そして結婚する。
 それが淡々と語ると久枝(八千草 薫)であった。

 実直な軍人3人と、学徒動員で引率した教師。
 戦争とは別な利害関係の中で、大切な命を無駄にし、
 生き残ったことへの後悔と懺悔と葛藤と、
 人が考えられる全ての悩みと命の尊さを感じずにはいられない。
 もしこれが戦争の後遺症というならば、
 人は既に、人としてあってはならない最悪の事態を礎に
 小説であったことの幸せを感ぜずにはいられない。
 涙はこういう究極の悲しみのときにこそ流すものだと。

 久枝(八千草薫)の女学生時代を演じる森迫永依の表情と語り口が
 なんとも似ていて、そこが一番郷愁を感じさせてくれた映画だった。
 堺雅人はこういう役柄が一番合っているのではないだろうか。
 意外に演技者として良かったのはミッキー・カーチスの語り部だろうか。
 マッカーサー役は最後までグラサンをはずしてほしくなかったなぁ(笑)
 
  またしても・・・佐々部監督に泣かされてしまった。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いただきもの~ | トップ | 「アートアクアリウム展」/日... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画 (サッチー)
2011-09-01 09:38:05
 >この映画はもしかしたら、今年一番涙を流した映画になるかもしれない。

cyazさんの映画評論ですからきっと本当に
涙を流されたことでしょう。

戦争のおろかさと同時に命、死、人生を考えさせられる映画を作製する人々の深い思いを考えさせられますね。
常に映画を通して心の奥底にある深いものを常に感じておられるcyaz様に尊敬の念を持ちました。
私はあまり映画を見ていませんが、いつもcyazさんの鑑賞後の意見を大切にしています。
感謝~ (cyaz)
2011-09-01 12:21:38
サッチーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>戦争のおろかさと同時に命、死、人生を考えさせられる映画を作製する人々の深い思いを考えさせられますね。
どんな形にしても「戦争」という史実を風化させてはいけないと思います。
どんどん戦争体験者がいなくなるなか、
残ったものが伝えるべき重要事項ですね!

>常に映画を通して心の奥底にある深いものを常に感じておられるcyaz様に尊敬の念を持ちました。私はあまり映画を見ていませんが、いつもcyazさんの鑑賞後の意見を大切にしています。
いやいや、最近は上手く言葉を紡げなくて
勘定が先になってダメですね(笑)
いっそのこと「泣けた」の一言でよかったのかも(汗)?!
こんなレビューでも読んでいただけることに、感謝いたしますm(__)m
私も^^ (latifa)
2011-09-09 10:28:50
cyazさん、こんにちは☆
私も、結構泣いてしまいました。
先生のシーンとか、福士君のあのシーンとか、赤鬼にいい男だ、って言うシーンとか・・・。

涙~ (cyaz)
2011-09-09 12:30:43
latifaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私も、結構泣いてしまいました。 先生のシーンとか、福士君のあのシーンとか、赤鬼にいい男だ、って言うシーンとか・・・。
ホント、涙するシーンが結構多かったですね^^

森迫永依チャンも大きくなったし(笑)
泣いた! (愛知女子)
2011-09-12 16:41:18
こんにちは。
今日はauのwimaxケータイを借りているのでこちらから初めてトラバを送る事が出来ました!貸し出し期間が過ぎたら、またなかなか送れないノロマバージョンに戻ります…。のでよろしくお願い致します。m(_ _;)m

日輪の遺産私も泣きましたよ。可憐でしたね。
映画で泣いたあと、ぐしゃぐしゃの顔を拭いて、レンブラントの展覧会に行きました…。
お陰様でメイク全部落ちてましたよ(笑)〓

マッカーサー役、サングラス姿はおお!と思いましたのに(笑)
私は八千草薫の日本語が美しかったので嬉しかったです。

説得力~ (cyaz)
2011-09-12 17:29:47
愛知女子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今日はauのwimaxケータイを借りているのでこちらから初めてトラバを送る事が出来ました!貸し出し期間が過ぎたら、またなかなか送れないノロマバージョンに戻ります…。のでよろしくお願い致します。m(_ _;)m
了解しました(笑)
僕はケータイから見ることは殆どないですね(汗)
京都に帰ったときぐらいでしょうか(笑)

>映画で泣いたあと、ぐしゃぐしゃの顔を拭いて、レンブラントの展覧会に行きました…。
お陰様でメイク全部落ちてましたよ(笑)〓
あらら、それは大変でしたね!
その昔、チャン・ツィーイーの『初恋の来た道』を観た後、
女性が化粧室に超特急で駆け込んでいたのを思い出します(笑)

>私は八千草薫の日本語が美しかったので嬉しかったです。
なるほど、説得力ありますよね~

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事