京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「追悼 瀬戸内寂聴展」/日本橋高島屋

2022-08-15 | イベント

【2022/8/5撮影】

昨年11月9日に99歳で亡くなられた瀬戸内寂聴さん。
その生き様を様々な資料をもとに、作家として、僧侶として、
精一杯の行いを自らに課し、最後までペンを握り続けた人でした。

「切に生きる」という言葉が好きだと語っていた瀬戸内寂聴さん。
明るい笑顔とは別に、反戦や人権活動にも尽力していました。
生前の代表作や活動、交友関係の記録などを約400点を展示。
人間「瀬戸内寂聴」を回顧し、故人を偲ぶものになっています。

先日、映画も観ました  『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』

寂聴さんの書斎を再現。
ただ、こんなに綺麗には片付いていなかったそうですが(笑)

  

  

その人柄で交友関係の広かった寂聴さん
本展正面玄関にはこんなディスプレーが

  

早速、大学生の頃読んだ小説を思い出し、図書館に予約しました

 

脚本家 黒澤明

   

国立アーガイブで開催中の黒澤明展。今回写真は
当時のある映画ポスター2枚の中でミスプリを発見しました
わざわざ担当の方が来て下さって、「私は気付かなかったです」と。
やったね、ボク(笑)


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「歌枕」/サントリー美術館 | トップ | 「香港ミニチュア展」/KITTE »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
瀬戸内寂聴様 (サッチー)
2022-08-15 09:50:59
cyazさんの教養の深さには恐れ入ります。
あまりにも雲の上の人のようで、興味というより
あこがれ?尊敬?だけでしたが、人間的に出来すぎ
た方のようでしたね。
色々な人との交流もすごいですし、99歳まで現役で活躍されたことも、とびぬけていますね。少し
身近に感じられる気がしますした。
信頼は~ (cyaz)
2022-08-15 15:54:03
サッチーさん、コメントありがとうございますm(__)m

>cyazさんの教養の深さには恐れ入ります。
好奇心だけですよ(笑)

>あまりにも雲の上の人のようで、興味というより
あこがれ?尊敬?だけでしたが、人間的に出来すぎ
た方のようでしたね。
いつも笑顔の裏で苦悩もあったようですが。

>色々な人との交流もすごいですし、99歳まで現役で活躍されたことも、とびぬけていますね。少し
身近に感じられる気がしますした。
やはり助けられて助けてというその相互関係で昇華ねぇ。
一方通行では信頼は得られないということでしょうね。

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事