京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ラスト・ナイツ』

2015-11-30 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ
□監督 紀里谷和明
□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン
□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス

■鑑賞日 11月15日(日)
■劇 場  TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
大臣への賄賂を断り、反逆罪を勧告されたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)に
 死罪が下された。 最も残忍な処刑方法によるその死罪は、愛弟子ライデン
 (クライブ・オーウェン)の手による斬首だった。 バルトーク卿の首を自身の
 刀で
落とすこととなったライデンと仲間の騎士たちは、無念の思いで復讐の
 ときを待ち続けた。
 そして1年後、ライデン率いる気高い騎士たちは、
 主君バルトーク卿の不当な死に
報復する戦いをはじめる。

 正直、紀里谷和明の監督作品には今までガッカリさせられてきたし、
 だからこの作品も観る気は0%だった。
 ちょうど、TOHOシネマズのマイルが貯まり、1ヵ月フリーパスポートを
 入手したので、ここはタダだったら観ておくかと参戦した次第(笑)

 ところがどっこい、今回の作品はなかなか良かった。
 観てるこちらが、しっかり騙されてしまうほど。
 やはり、クライブ・オーウェンとモーガン・フリーマンという味ある俳優の
 登用で作品にしまりができていたのは事実。
 時代背景はともかく、男臭い映画。
 伊原剛志のイトウはむしろ武士道精神って感じかな(笑) 

 あの逆転劇は実にスカッとさせてもらえたと同時に
 最後の最後はちょっと男泣きさせられてしまった
 この映画、「男は黙って観るべし」かな(笑)
 もちろん、女性も
 
  ちょっと1ヵ月フリーパスポートを使ってもう一度観てみるかな~


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『ミケランジェロ・プロジェ... | トップ | 『犬に名前をつける日』 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2015-12-01 08:16:43
紀里谷監督が一生懸命製作費を集めて、頑張ったキャスティングでしたね。
忠臣蔵ですから、日本人には、また男には響くものがありました。
次作でもう一回頑張ってほしいですが…
TBお願いします。
図に~ (cyaz)
2015-12-01 22:13:00
atts1964さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

紀里谷監督が一生懸命製作費を集めて、頑張ったキャスティングでしたね。
そうでしたね^^

>忠臣蔵ですから、日本人には、また男には響くものがありました。
仰る通りですね!

>次作でもう一回頑張ってほしいですが…
今回の出来で図に乗らないでくれたらいいのですが(汗)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事