京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(3D吹替版)』

2014-09-18 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
□監督 ジェームズ・ガン
□脚本 ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン
□キャスト クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、
       ヴィン・ディーゼル(声)、ブラッドリー・クーパー(声)

■鑑賞日 9月14日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

   こりゃ、吹替えの方が面白いかも(笑)

 自らを「スター・ロード」と名乗り、いい加減な性格でプレイボーイなトレジャーハンターの
 ピーター・クイル( 声:山寺宏一)。 ある日、惑星モラグの廃墟で謎の球体「オーブ」を
 見つけ、盗み出すことに成功する。 しかし、そのオーブは銀河を滅亡させるほどの力を
 宿したパワーストーンで、暗躍する「闇の存在」が探し求めていたものだった。
 オーブを狙う者たちに追われ、凶悪犯だけが収容されるという銀河一危険な収容所に
 入れられてしまったピーターは、そこで一緒になったロケット(声: 加藤浩次)、グルート
 (声:遠藤憲一)、ガモーラ(声:朴?美)、ドラックス(声: 楠見尚己) と協力して脱獄。
 たまたま利害関係が一致しただけで信頼関係もない5人は、内輪もめを繰り返しながら
 逃亡を続けるが、そんな彼らに「闇の存在」の魔の手が迫る。

 まさかの都内にアライグマが出没。 大捕物が最近ニュースになったばかりたが、
 この映画の主人公はなにゆえアライグマ(笑)
 当初から、この映画は吹替版にしようと思っていたが、フリーパスで、時間的にも
 都合が良かったし、期待していなかった分、予想以上に面白かった
 でも、何度も言うけど、なんでアライグマ(笑)
 しかも、ロケット=加藤浩次、グルート=遠藤憲一という声のキャスティングが功を奏した。
 あの加藤浩次のダミ声はピッタシ。 また殆ど会話でなく3つの単語しか発しない
 グルートの声を遠憲がやったのも変化球で面白い(ギャラは一緒)。
 3Dの効果があったのかどうかは別にして、動きの早い部分におぴて、吹替版で
 観たことは、正解だったし、会話のキャッチボールも面白かった
 願わくば、グルートのセリフには同じ単語にどんな気持ちを込めているのか、
 その部分は字幕で出す工夫をすれば、もっと楽しめたかも

  大笑いは出来なかったけど、小笑い満載。
  初代ウォークマンから始まり、時代の洋楽は懐かしくて最高でノリノリ~
  もちろん、親子でも楽しめる映画だぁ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「ふなっしートランプ」ゲット! | トップ | 「鳥心」/横浜 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おとぼけ (iina)
2014-10-02 08:23:35
cyazさんとは逆で、意外と期待して、見にいきました。その分、それほどでもなかった作品でした。
なにしろ、ゴチャゴチャして疲れました。

宇宙を股にかけて大暴れするのに、カセットデッキを鳴らすギャップととぼけた仲間たちの、いかにもアチラの映画でした。

アチラの~ (cyaz)
2014-10-02 08:28:51
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>意外と期待して、見にいきました。その分、それほどでもなかった作品でした。
そうでしたか(笑)

>なにしろ、ゴチャゴチャして疲れました。
たしかに、それは言えますね(笑)

>カセットデッキを鳴らすギャップととぼけた仲間たちの、いかにもアチラの映画でした。
こういうの、日本では作れませんね!

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事