京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『幸福(しあわせ)のスイッチ』

2006-11-10 00:15:01 | 邦画


家族の絆は
プラスとマイナス。
くっ付いたり、離れたり。

 

 



■監督・原案・脚本 安田真奈
■キャスト 上野樹里、沢田研二、中村静香、本上まなみ、林剛史、笠原秀幸、石坂ちなみ、新屋英子、深浦加奈子

□オフィシャルサイト  『
幸福(しあわせ)のスイッチ

 儲けは二の次という考えで電器店を営む父・誠一郎(沢田研二)に反発し、東京へと飛び出したイラストレーターの卵である次女の怜(上野樹里)だが、上司との衝突で勤務先を自主退社。 骨折で入院した誠一郎の代わりに腰掛で店を手伝うことになるが・・・。


 おススメ度 ⇒★★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★☆


 樹里がジュリーと共演(笑) なんて冗談っぽく、いえいえ真面目に観てみたかった映画です

 14:05の回のチケットで整理番号を取って、新宿は久しぶりだったのでその近辺をフラフラしていたのですが、開場時間が来たので劇場に向かうと、ちょうどそのとき、劇場前の靖国通りを大音量のトラックが通過。 派手やなぁ~と思いつつ振り替えると、ななんとコレが(笑)





 上野樹里は『スウィングガールズ』(その前に『チルソクの夏』も観たなぁ)以来注目している若手女優だが、今回は父と娘の犬猿の二人が、少しずつ互いの間にできた心の溝を少しずつ埋めていくという物語。

 血の繋がった親子だから、なんとなく分かり合えることだけど、父の仕事を手伝ううちに、なぜ父親が儲からないことまでやってのけたのか、自身が経験していく。

 しがない田舎町の電気屋。 大手量販店に苦渋をかせられ、それでも生きていく術はやはりそこに住む人たちとのコミュニケーション。



「電気屋が電気止まられたら、そりゃ商売あがったりや~」

“稲妻坊や”のデザインは次女の怜作



 
 サイズとしてはどうしてもTVサイズの域を出ない感じは否めなかったが、現代に置き換えて考えると、これから益々広がる高齢化の波と、地方の過疎化。 いくら量販店の価格が安くても、アフターを考えたとき、そこは少なからず地元の人の選択は決まってくるのではないか。

 便利な時代に、少しでも具合が悪くなった家電製品は捨ててしまう。 余程高価か、余程想い出があってら簡単に捨てられないが、そこには色んな思い入れを持っているものも存在するだろう。 
 この映画の中にもそういう愛着を持って使っているもの、例えば母から受け継いだ今では交換パーツもなくなってしまったてアイロンだったり、他のものでは操作の出来ないラジカセだったり。 そんなものもまるで御用聞きや便利屋のように、他の部品を代用して修理して使えるようにする父。

 儲けるだけが商売ではないし、綺麗ごとだけでは商売にはならない。
近江商人の教えではないが、たまたまアンテナ修理で屋根から落ち、骨折入院した父に代わり店を切り盛りしていくうちに、彼女は父が何をして来たか、どういう風にお客さんと対峙してきたかを、少しずつ理解し始める。そこには知らなくてもいい父の過去も知ってしまうわけだが、それを過去のものとして許せるぐらい、短期間のうちに大人へと導いたのは、皮肉にも、いやいやながら手伝い始めた父の仕事の中でのふれあいだった。

 父親役の沢田研二は今の若い方にはどんなアイドルだったか知らないだろうが、思えば今のジャニーズなんて足元にも及ばない人気だったろう。 彼の
ザ・タイガース時代やPYG時代を経て、ソロシンガーになり、数々のヒットを送り出し、役者の道へとその広がりを見せている。 家にいい女優(田中裕子)がいるからなのか、最近は味がある演技をしているが、僕にとって役者・沢田研二の代表作といえば『太陽を盗んだ男』だろう

 長女役の本上まなみは『
紙屋悦子の青春』でもいい役を見せてくれたが、今回は地元関西の設定だったので逆にそのよさが上手く活きていないような気がした。 ただ反発娘たちの母代わりとして、一方通行な父と娘の交通整理をし、上手く潤滑油的役割を演じていたように思う。 不思議なほわほわ感のある人だ。 

 大変だったのは末娘役の中村静香ちゃんだろう。 結構セリフが多いし、父の仕事もよく手伝いながら、でも一番揺れる時期の女の子を上手く演じていたように思う。 ただセリフはまだまだ棒読みだったけど(笑) 国民的美少女コンテストがきっかけでこの世界に入ったとか、磨けば宝石になるかな~

 一世代前の家族の絆みたいなものを描いた映画なのだろうが、その小さな世界は本来あるべき姿を、特別な飾り立てもなく、素朴に描き出していた。 
 観終わったときに、この映画のタイトルにあるような小さな“幸福感”を感じた。

 それにしても、二日間で樹里ちゃんの映画を3本も観た(笑)
この映画と、『虹の女神 Rainbow song』と『12月24日通りのクリスマス』です。 それぞれに彼女らしい、そして女優としてどんどん成長していく彼女を見ることができて彼女への幸福のスイッチが入ったみたいです



 そして、
 先日、若くして急性骨髄性白血病で亡くなった僕の若いメル友に、この映画を観せてあげたかった・・・。 スイッチを押せずに逝った君に・・・。




 


コメント (22)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« 『夜のピクニック』 | トップ | 『ただ、君を愛してる』 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (お姐)
2006-11-10 13:21:30
当方のさびれたブログなんぞにトラックバック、ありがとうございます!

安田監督の8mm映画が好きです。
彼女が電器屋を舞台にする映画を撮ると聞いただけで、「こりゃ面白いものになりそうだわい」と期待していました。
期待以上でした。

「そして、」のあとに続く「隠された思い」にしんみり。
そういえば、私もあんな人やこんな人に見てもらいたかったなぁ……。
Unknown (Ageha)
2006-11-10 15:09:11
・・・しんみりしちゃったじゃないですか・・・。

今の自分をつくるのは、
そこまでに出会ったひと、突き当たった出来事、
そんなものが自分を守る鎧になったり
オーラになったりしてるわけで
その友達もまたcyazさんの一部として
きっといつまでも生き続けますって。

普段忘れてるけど、年取るとやっぱり
悲しい別れって妙に身近なものになるのな。
私の場合は両親もそうだし。

トゲトゲしないでうまく人とつきあってく方法って
今でもまだまだ難しいけど、
いくつになっても勉強なんだよな、
自分で考えてクリアしていかなきゃいけなんだよなって
マジに考えちゃったりしました。
・・・あれ、映画の感想はどこ?(ノ*゜▽゜)ノ

TB制限はすべてはずしたんですけどね~。
禁止ワードもないのにおかしいですね~・・・。
おはつです~ (cyaz)
2006-11-10 18:25:14
お姐さん、コメントありがとうございますm(__)m

>安田監督の8mm映画が好きです。
ほう、ちょっとそれ観たいですね^^

>「こりゃ面白いものになりそうだわい」と期待していました。期待以上でした。
そうですか^^ 良かったですね!

>そういえば、私もあんな人やこんな人に見てもらいたかったなぁ……。
自分より若い人が先に逝くのはなんとももっていきようのない哀しさがありますね・・・。
むむむ~ (cyaz)
2006-11-10 18:28:36
Agehaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>その友達もまたcyazさんの一部としてきっといつまでも生き続けますって。
そうですね^^

>普段忘れてるけど、年取るとやっぱり悲しい別れって妙に身近なものになるのな。私の場合は両親もそうだし。
娘のように若い人が先に逝くのは何ともいい難いですよ・・・。

>・・・あれ、映画の感想はどこ?(ノ*゜▽゜)ノ
おいおい(笑)

>禁止ワードもないのにおかしいですね~・・・。
もしかして奥さん、cyazを禁止ワードにしてません(笑)?
年齢相応に (あかん隊)
2006-11-10 22:18:49
こんばんは。TBありがとうございます。
やっぱり、人間、年齢相応の手応えみたいなもの感じられるだけ「生命」があってこそ…と思います。本当に残念です。(彼女についての記事を読んでしまっていて…)。自分など、このくらいの年齢になると、残っている分をトスできたらいいのに…と思うこともあります。(どのくらい残っているか、わかりませんが) この映画、悪くなかったんですけど、主人公には、早く「女の子」から脱皮して「すてきな女性」になって貰いたいと願ってしまいました。
シェア~ (cyaz)
2006-11-11 01:04:43
あかん隊さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>やっぱり、人間、年齢相応の手応えみたいなもの感じられるだけ「生命」があってこそ…と思います。本当に残念です。
そうですね^^

>残っている分をトスできたらいいのに…と思うこともあります。
もしシェアできるものであれば、少し分けてあげたいと普通におもえたのでしょうけどね。

>主人公には、早く「女の子」から脱皮して「すてきな女性」になって貰いたいと願ってしまいました。
一人の男性でもある父を受け入れてあげられる女性の一面もどこかでほしかったような気がします。
おいしいご飯 (にゃんこ)
2006-11-12 00:35:28
この映画観にいったときに、幸福のお米を買いました。
あ、勿論宅配してもらったんだけど
炊き上がって食べたごはんは、ほっこり美味しかった~♪
紀州梅もよーく合います!!
そーいう毎日のちょっとした幸せの積み重ね・・・
亡くなったというお友達も、きっとそういう小さな幸せのスイッチは
周りが気づかなくっても入っていたんじゃないでしょうか?
彼女だけがわかってる幸せのスイッチが・・・
(と、最後はまじめになってしまいました^^;)
おすそ分けは~ (cyaz)
2006-11-12 17:29:08
にゃんこさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この映画観にいったときに、幸福のお米を買いました。あ、勿論宅配してもらったんだけど 炊き上がって食べたごはんは、ほっこり美味しかった~♪ 紀州梅もよーく合います!!
いいですねぇ~♪ 少しのおすそ分けはお受けしますが(笑)?!

>亡くなったというお友達も、きっとそういう小さな幸せのスイッチは周りが気づかなくっても入っていたんじゃないでしょうか?彼女だけがわかってる幸せのスイッチが・・・
好きな人とのスイッチを入れてあげたかったんですよ。
TBありがとうございます (dunkel)
2006-11-17 20:27:59
幸福のスイッチ、よかったですね。
僕は遠出しないと見れないところにすんでいるのですが、そのかいがありました。
おはつです~ (cyaz)
2006-11-17 21:32:12
dunkelさん、コメントありがとうございますm(__)m

>幸福のスイッチ、よかったですね。 僕は遠出しないと見れないところにすんでいるのですが、そのかいがありました。
インディペンデント系は地方ではなかなか上映が限られて大変だと思います。シネコンで上手くかかればいいのですが^^


コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

46 トラックバック

幸福のスイッチ/上野樹里、沢田研ニ (カノンな日々)
この映画、意外と上映してるとこ少ないんですね。上野樹里ちゃん人気を考えればもう少し待遇良くてもよさそうなのにね。というわけで久々にテアトル新宿行ってきました。この前来た時は「時かけ」だったので何だかいい予感。主演が上野樹里と沢田研ニの樹里&ジュ ...
幸福のスイッチ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
脚本・監督=安田真奈。 和歌山県田辺市の小さな電器店を舞台にした地域密着型のストーリー。地域の映画産業を活性化するシネマ・コミッションがサポートして、ローカル映画の佳作となった。 ☆☆☆★★★
力の抜けた感じがナチュラルで好印象の「家族もの」映画 (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「幸福のスイッチ」  友人と最近観た映画の話。どうも男女で「泣き」のポイントが違うようで。女性は「イルマーレ」という映画で、主人公の父親が亡くなるシーンで涙した
ええ仕事したな。~「幸福のスイッチ」~ (ペパーミントの魔術師)
自分がいくら書いても、 クライアントの要望どおりじゃなきゃ通らない、 間に入って交渉する身にもなってくれって言われても プライドが邪魔して譲れない。 ・・・かくして入社1年でけんかして会社やめた。 でも世間はそんなあたしに優しくなかった。 そんな折お ...
「幸福のスイッチ」を見て、マチのおせっかいの重要性を再認識する (マチヅクリ)
もう一ヶ月近くも前になるけれども、テアトル梅田で「幸福のスイッチ」を見た。 http://shiawase-switch.com/ 和歌山県の田辺が舞台。上野樹里とかが出てる。 大型店家電量販店ができても、まごころサービスで頑張るムラの電気屋の話。 まちづくり=おせっ ...
『幸福のスイッチ』舞台挨拶 (仮眠室)
『幸福のスイッチ』封切り初日、テアトル新宿の舞台挨拶の模様をミーハーレポ!
2006年10月の感想記 (「高橋祐太・脚本家ページ(仮)」月刊しねま感想記)
劇場鑑賞本数 27本 『日本以外全部沈没』 いつもの河崎監督のチープでふざけてゆる~い作りなのだが、意外やかなり真面目で毒を持った社会風刺となっている。本家より面白いかも。そして、中国と韓国の人々には絶対に見せられない。 『バックダンサーズ!』 落 ...
幸福(しあわせ)のスイッチ(20061104) (cococo)
思い込みが激しくなっているのに気がつきました。何かこう、違うものを想像していたよ
「幸福のスイッチ」試写会レビュー ベベチオがんばれ(笑) (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
幸福のスイッチ。あらためて映画を思い返すと、数々の幸福のスイッチが、オンになったんやなぁ~と感じられる。そんな映画かな。
「幸福のスイッチ」 (てんびんthe LIFE)
「幸福のスイッチ」東商ホールで鑑賞 和歌山県田辺市での撮影で和歌山県は先行ロードショーしたみたいです。でも、どこが和歌山県田辺市なんだかわからない。景色の説明とかしてほしかったけど、その前にきれいな風景はわかりますが、そういうシーンきわめて少 ...
『幸福(しあわせ)のスイッチ 』 (моя комната ~まやこむなた~)
インディーズ映画界で数々の賞に輝き、脱サラOL監督として注目されている新人、安田真奈監督による心温まる家族の物語。舞台は和歌山県田辺市。”お客様第一””儲けは二の次”をモットーに電器店を営む父と、そんな父の生き方に反発する娘・・性格の違う3人姉妹と ...
幸福(しあわせ)のスイッチ (何を書くんだろー)
「幸福(しあわせ)のスイッチ」評価 ★★★★☆(4.4)『あらすじ』 父親と家業(電気屋)に嫌気が差していた稲田怜は、父親、姉、妹が暮らす和歌山県の田辺市からイラストレーターを目指し、上京。専門学校を卒業し、なんとかデザイン会社に入社するも、思うよ ...
「幸福(しあわせ)のスイッチ」 (Mr.Bation)
このところ濃ゆーい映画ばかり見ていたので口直しに、柄でもない映画を見てみることにしました。{/kaeru_en4/} 高度成長が終わり、世の中、アフターサービスの良し悪しが決め手となる時代と言われ久しい。 しかしまだまだ修理は儲からない物という見方は多い。ア ...
真・映画日記『幸福(しあわせ)のスイッチ』 (CHEAP THRILL)
10月29日(日) (前の日からのつづき) 映画館を出た後はいつものようにマンガ喫茶へ。 ナイトパックで入り、 4時間程寝る。 朝7時頃起き、 日記にとりかかる。 『明日へのチケット』はボクの今年のナンバー1候補なので、 少し力を入れて書く。 おかげ ...
幸福のスイッチ (ミックスランチ2号)
家族の絆はプラスとマイナス、くっついたり、離れたり 小さな町の電気屋さんのお話 映画『幸福のスイッチ』を観てきました。
『幸福のスイッチ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
小さな町の電器屋を支えるガンコ親父と三人姉妹が織りなす、おかしくてじんわりしみる家族の物語。 21歳の稲田怜は、東京のデザイン会社の新人イラストレーター。田舎の電器屋で儲けにもならない仕事ばかりを引き受ける父・誠一郎に反発して都会に出てきたが、満 ...
幸福のスイッチ (my life of my life)
 幸福のスイッチ  家族の絆はプラスとマイナス。  くっ付いたり、離れたり。  監督・原案・脚本 安田真奈  出演 上野樹里 本上まなみ 沢田研二 中村静香 林剛史       笠原秀幸 石坂ちなみ 新屋英子 深浦加奈子 芦屋小雁 ...
幸福(しあわせ)のスイッチ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
東京公開初日に、たまたま上京することができ、そして、たまたま時間がとれたので、初日16:30に駆け込み鑑賞。あとで、判明した・・・すぐそこに映画友達がいたことで世の中は狭いってこと痛感しました。でも、ほんっとすぐそこにいたくせに、気づかないって ...
幸福のスイッチ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  この映画、ネットではかなり好評だし、東京ではテアトル新宿だけの単館上映なので、かなり混雑すると思っていた。ところが意外や意外、館内は約3分の1程度の閑散状態なのだ。  そして観客は中高年ばかりで、若い人の姿が見つからない。そんなにつま ...
幸福のスイッチ (It's a Wonderful Life)
和歌山県・田辺市の町の小さな電気屋さんの物語。 安田真奈監督は10年くらい大手家電メーカーに勤務しながら 映画製作に携わるOL映画監督として話題になった事もあるとか。 映画って、現実に近いドラマを描いていても 別世界を見せてくれるものがほ ...
幸福(しあわせ)のスイッチ(2006日) (WAKOの日常)
(10月3日@東商ホール) 私は1回しかない一般試写に弱いです。もともと内容を予習していくのが好きでないので、吟味せずに飛びついてしまい成功することもあれば、はずれることもあり…。 東京で働くイラストレーターの怜(上野樹里)は営業と意見が合わず、 ...
幸福(しあわせ)のスイッチ (5125年映画の旅)
美術の勉強をする為、実家の電気屋を飛び出して上京した怜。その後、広告会社に就職した怜だったが、自分の思う通りの仕事をさせてもらえない事を理由に会社を飛び出してしまう。再就職の先も見つからず途方にくれている時、実家から父親が入院したという報せが入 ...
幸福のスイッチ (三度の飯より映画好き)
家計を度外視してまで“お客様第一”と言い続ける電器屋の父に反発して田舎の実家を離れ、東京のデザイン会社でイラストレーターとして働く21歳の怜。まだ新人にもかかわらず自己主張は一人前で、ある時、ついに上司と衝突、その勢いで会社を辞めてしまう。そんな ...
幸福のスイッチ (日常の履歴)
りそな銀行大阪本店地下講堂での試写会。 ものものしい建物に合い相応しい、立派なホール。 「そごうホール」と少し感じが似ているけれど、こちらの方が断然豪華で広い。 でも映写機は、ホール後方に無造作に置かれてたけど(笑) 映画は、和歌山県田辺市を ...
「幸福のスイッチ」 (みんなシネマいいのに!)
 アニメを作ったと思ったら、今度は実写だったり大変だなあと思ったが、幸福の科○
映画 「幸福のスイッチ」 (ようこそMr.G)
映画 「幸福のスイッチ」 を観ました。
「幸福(しあわせ)のスイッチ」 それは特別なことじゃなくて (明日へのヒント by シキシマ博士)
最近、邦画しか観ていないシキシマ博士です。 今回も、安田真奈監督の「幸福(しあわせ)のスイッチ」を観て来ました。 この作品、上映館は少ないものの評判が良いですね。 とても喜ばしいことです。 …と言うのには理由がありまして
【劇場鑑賞130】幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
小さな電器屋イネデン。儲かってはいないけれど修理はうまい。 ところが、 父が入院! 長女・瞳・・・妊娠中 三女・香・・・学生 イナデンの危機に東京から次女が帰ってきた。 次女・怜・・・東京在住、父と家業が嫌い 初めて知った 父の大 ...
映画『幸福のスイッチ』 (健康への長い道)
大阪梅田のテアトル梅田2で『幸福(しあわせ)のスイッチ』を観てまいりました。60席の小さな劇場は、立ち見も出る盛況。実は先週の公開日翌日の日曜日にも足を運んだのですが、上映時間を勘違いしていて蓮、到着したのは開始5分前。「立ち見になります ...
『幸福のスイッチ』は、メード・イン関西なのだ。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
樹里とジュリーが、田辺でダバタ゛! 幸福のスイッチ・高校編安田 真奈、石崎 洋司 他 (2006/09)ジャイブ この商品の詳細を見る『硫黄島からの手紙』の試写会ダブル観戦の疲れた心をほっこりさせようと、 1日映画の日に会
幸福のスイッチ (skywave blog)
あなたのこころのスイッチ、オフになっていませんか? 他人を理解しようとしていないくせに、自分を理解してもらうなんて、そんなに世の中甘くない。幸福のスイッチとは、他人の
樹里とジュリーと蒼井優 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2ヶ月くらい前に見たまま書く暇がなかった『幸福のスイッチ』と『亀は意外と速く泳ぐ』。記憶も曖昧なんで簡略レビュー(爆)『亀は意外と速く泳ぐ』三木聡監督の長編作品第二弾。主演は『スウィングガールズ』の上野樹里と『花とアリス』の蒼井優。主婦とスパイ ...
幸福のスイッチ (めそのたわごと)
幸福のスイッチ  {/tv/}予告編{/tv/} 和歌山県田辺市で、電器店を営む父。儲けは二の次だと言ってお客様のために働き続ける頑固オヤジの背中を見てきた怜は、反発し、東京へと出てきていた。イラストレーターとして、デザイン会社に入ったものの、新人の怜に現実 ...
[ 幸福(しあわせ)のスイッチ ]樹里&ジュリーの父娘関係 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 幸福(しあわせ)のスイッチ ]@新宿で鑑賞 タイトルがあまり惹かれなかった。予告も少し凡庸すぎた。 僕の苦手とする映画なので、ふだんなら行かなかっただろう。 安田真奈監督が同郷・同大学出身で、従弟の嫁の友達。 このつながりがなければたぶん観に ...
幸福のスイッチ (ネタバレ映画館)
石川県は雷の日が日本一多い県です・・・ということは電器店さんにとってはいいこと?悪いこと?
「幸福のスイッチ」 (再出発日記)
監督・脚本安田真奈出演上野樹里本上まなみ沢田研二中村静香(関西弁で読んでください)べたべたです。なあんも意外なところはあらへん。けど、意外としっかりつくられてます。95%ふて腐れ顔の上野樹里がなかなかです。こんな女(の子)身の回りにもおるから、よけ ...
幸福のスイッチ(映画館) (ひるめし。)
家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。
(今日の映画)幸福のスイッチ (Kozmic Blues by TM)
幸福のスイッチ (2006/日)
「幸せのスイッチ」昔ながらの電気屋さん・・・(T_T) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
予備知識ゼロ、期待度ゼロで、なにげなく見たのですが、これは予想意外に、かなり良い映画でした。4つ★、後日考えたら、4つ★半でも良いかもしれない。 とにかく、こういう昔ながらの仕事ぶりをしているお父さん(電気
幸福のスイッチ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
樹里とジュリーというのは「ネタ」だw 今日日、個人の電器屋さんも大手の量販店の下請けでエアコン取り付けたりのほうが安定してるそうな。 幸福のスイッチposted with amazlet on 07.04.26東北新社 (2007/04/04)売り
TAKE 55「幸福のスイッチ」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第55回目は「幸福のスイッチ」です。 この映画はとにかく一言、言わせて下さい。 いい意味で裏切られました。 ここまでの映画とははっきり言って思ってませんでした。 甘く見ていました。監督許して下さい! いや~映画を観てこんな...
幸福のスイッチ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★7点(満点10点) 2006年 105min   監督:安田真奈 出演:上野樹里 、本上まなみ 、沢田研二 、中村静香 、林剛史 、笠原秀幸 昔に比べて町の電気屋さんって少なくなったよねぇ~。サービス命の電気屋”イナデン”のほんわかふんわかさ...
mini review 07055「幸福(しあわせ)のスイッチ」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 105分 公開日 : 2006-10-14~2006-12-01 監督 : 安田真奈 出演 : 上野樹里 沢田研二 本上まなみ 中村静香 林剛史 新屋英子 深浦加奈子 石坂ちなみ 笠原秀幸 田中要次 芦屋小雁 父...
DVD『幸福のスイッチ』 (みかんのReading Diary♪)
幸福のスイッチ (2006/日本) 東京で働くイラストレーターの怜は営業と意見が合わず、突然会社を辞めてしまう。そんな時、妹の香から姉の瞳が入院したと手紙が届く。実家に戻ってみると、じつは入院したのは姉ではなくソリの合わない父だった。怜は瞳に頼まれしぶ...
『幸福のスイッチ』 (Sweet* Days**)
幸福のスイッチ上野樹里、本上まなみ 他 (2007/04/04)東北新社 この商品の詳細を見る監督:安田真奈 CAST:上野樹里、沢田研二 他 和歌山県田辺市で電気屋を営む父親(沢田研二)にいつも反発しているその家の次女の怜(
No.59 幸福のスイッチ (気ままな映画生活)
町のでんき屋さんって、品揃えがあまり変わらなくて採算とかどうしているのかなって、ずっと疑問に思っていましたが、この映画を見てその理由が分かりました。大手家電量販店では、激安や処分特価なんてあるけど、購入後のサービスはどうなんでしょうか?町のでんき屋さん...