京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『マン・オブ・スティール』

2013-09-07 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール
□監督 ザック・スナイダー 
□脚本 デビッド・S・ゴイヤー
□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン

■鑑賞日 8月31日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

 
 “弾よりも速く”はわかるんだけど、こんなに速いとどこ観ていいのかわからない(笑)
  原案を書いたのがあのクリストファー・ノーランだけに、作りが『ダークナイト』、
  『ダークナイト・ライジング』っぽい色合いは隠せない。
  かつてのスーパンーマンがライトな感じだとすれば、この映画のスーパーマンは
  シックなスーパーマンと言っていいかな~、いいとも

 スーパーマン(クラーク・ケント)のイメージって、やっぱクリストファー・リーブの印象が
 強いんだけど、今回のヘンリ-・カビルはちょっと線が細い感じがするが、この映画に
 必要な正義(責任)感は十分感じれるものだった。
 その正義(責任)感が、逆にバットマンのブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)に
 限りなく近く仕上がっていたようだ。
 クリプト星の本当の父(ラッセル・クロウ)から、そして育ての父(ケビン・コスナー)から、
 スーパンーマンとしての能力を絶対明かさないように言われていたが、ついに自分が
 地球を救わなければという窮地に至って、驕らず地球の救世主となっていく。
 最初は疑っていた周囲の人間も、自然に彼の実力と正義を受け入れるようになった。

 そこには、ポイントとなる新聞記者ロレス・レイン(エイミー・アダムス)との出会いも。
 後に彼女が彼の強力な理解者でもあり、心の拠りどころにも発展していくのだ。
 そもそもこの映画、僕の目的はこのエイミー・アダムスだったので、そういう意味では
 彼女の女優としての存在感が僕としてはOKだった。 前作のイーストウッドとの共演、
 『人生の特等席』は彼女を一回り女優として大きくしたと思うし、その経験が、
 この映画にも 活きてきたのだと思う。
 ただ、冒頭でも書いたが、スーパーマンの動きがあまりにも速すぎて、
 観ている方の目がついていかない(笑) 
 3DならぬスローDなるものがほしかった(笑)
 また、育ての母であるダイアン・レインも、年相応の等身大の演技を魅せてくれた。
 彼女が白髪交じりで、メイクもまるでノーメイクのような変貌ぶりに、嘗ての美形のイメージは
 ことごとく払拭され、役回りに沿うかたちの田舎の素朴な母の姿にはちょっと感動したりして。
 それと、寄せる年波に、ケビン・コスナーも同様だった(笑)
 この人、いつまで経っても上手くなれないなあ・・・。

 その昔、TV版のスーパーマンも観ていたし、クリストファー・リーブのスーパーマンも
 観てきたが、今回はそれらとはちょっと異質のスーパーマン像が出来上がっているようだ。
 見方によれば、ちょっと重い感じもしないではないが、それでも自分の能力を最大限に
 発揮して地球を救う姿に、誰もが彼を肯定するのは当然だ。

 スーパーマンの出で立ちといえば、青いスーツに赤いパンツとマント。
 だけど今回はブラックで引き締めまったスーツが、その速さを演出していた。
 言い方を変えると、これも作り手がバットマンを意識していたせいなのかもしれない。


コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 祝☆ブログ開設満9周年~♪ | トップ | 『劇場版タイムスクープハン... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (タケヤ)
2013-09-07 17:43:16
TBありがとうございます。

今作は僕は期待が大きすぎました。
やっぱりスーパーマンはリーブかなあと。
暗すぎる感じがダークナイトにかなり近い
仕上がりでしたね。

見せ方がちょっと残念でした。。。
リーブですね~ (cyaz)
2013-09-08 08:05:48
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今作は僕は期待が大きすぎました。
やっぱりスーパーマンはリーブかなあと。
ですよねぇ(笑)

>暗すぎる感じがダークナイトにかなり近い仕上がりでしたね。
見せ方がちょっと残念でした。。。
これはノーランの原案のせいでしょうかねぇ・・・。
イチ初見者 (メビウス)
2013-09-09 20:10:48
cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

やはりリーブ版の印象が強いか否かで、この作品も賛否が分かれそうな気がしますね。自分はと言えばそのリーブ版の方は凄く記憶が曖昧で、06年の『リターンズ』くらいしか覚えていない『にわか』だったものですので、イチ初見者として観てた感じですね^^;
ノーランバットマンのようにスーパーマンもついに悩めるヒーローの仲間入りか~なんてちょっと苦笑まじりでもありましたけど、その分ちゃんとドラマ性が向上してて見応えがあったのも確かですし、過剰なアクションも度肝を抜く分には申し分無かったとも思いました♪
速過ぎて~ (cyaz)
2013-09-09 22:12:45
メビウスさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やはりリーブ版の印象が強いか否かで、この作品も賛否が分かれそうな気がしますね。
確かにそうですね~(年代がわかってしまいますが)

>イチ初見者として観てた感じですね^^;
その方が新鮮だったかもしれませんね(笑)

>その分ちゃんとドラマ性が向上してて見応えがあったのも確かですし、過剰なアクションも度肝を抜く分には申し分無かったとも思いました♪
そうですね!
それにしてもあまりに速過ぎて、ちょっと正直疲れましたよ(汗)
こんにちは。 (みぃみ)
2013-09-10 11:01:21
長い迫力あるアクションも良かったですし、ちゃんとした人間ドラマも見せてもらえて楽しめました。

地球側のお父さん、お母さんの大きな優しさにうるうるしました。
進化する事だけが最強ではないですよね。
たぶん、最強なのは無償の愛!なぁんて☆。

赤パン封印は、私的には助かりました。
照れなくていいんですもん♪。
無償の愛~ (cyaz)
2013-09-10 12:33:51
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>長い迫力あるアクションも良かったですし、ちゃんとした人間ドラマも見せてもらえて楽しめました。
そうでしたね^^

>地球側のお父さん、お母さんの大きな優しさにうるうるしました。
あの二人が父と母なんて・・・。

>たぶん、最強なのは無償の愛!なぁんて☆。
お~、美しい^^

>赤パン封印は、私的には助かりました。
照れなくていいんですもん♪。
何で照れるんですか(笑)?
ヒーロにも悩みアリ! (小春)
2013-09-19 14:37:39
こんにちは~♪ cyazさん

トラックバックをいただき有難うございます。

百人いらっしゃるとそれぞれお顔が異なるように

同じ映画をご覧になっても感じ方はそれぞれなの当たり前ですが

最近はヒーローだって24H公明正大・快活な訳では無い的

描き方多くなって来た気がしています。

コメントに取り上げられていたバットマン然り

最近の007然り

多くの面でオチこぼれ~底辺彷徨(さまよ)いの私にはですが

見ていてどこかラクです。

ダークシリーズのバットマン、今の007

そして今回のスーパーマンも好きかな・・・。

ヒーローしてるのだってラクじゃない。

何かしらみんなあるのねーとか思えて。

にしても・・自分出自の星さえ無くなってた(涙)

ヒーローの中でスーパーマンがいちばんハードだと思うわ~

よくグレナカッタァーデアル!

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事