京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『神さまの言うとおり』

2014-11-25 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「神さまの言うとおり
□監督 三池崇史
□脚本 八津弘幸
□キャスト 福士蒼汰、山崎紘菜、神木隆之介、優希美青、染谷将太

■鑑賞日 11月16日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  トラディショナルな遊び方だが(笑)、現代に置き換えて、高校生たちのサバイバル
  生き残りゲームに変化している。 いつもTOHOシネマズの幕間で観ている垢抜け
  ない山崎紘菜チャン。 初めての主役級でしっかりといちかを演じているようだった。
  これはさぞ、三池のオッサンにしごかれたんだろうなぁ(笑)

 高校生の高畑 瞬(福士蒼汰)は、退屈な日常にうんざりしていたが、ある日突然、
 教室にダルマが出現し、命をかけた授業の開始を告げる。 ダルマや招き猫、
 コケシ、シロクマ、マトリョーシカといった物たちが不気味に動き出し、
 彼らが出す課題をクリアできなかった者には、容赦のない死が待ち受けていた。

 予告編にまんまと引っ掛かって観てしまったが、後悔先に立たずの巻~(笑)
 ま、色んな観方は出来るだろうが、こんなものかと思って観ていれば、
 バカバカしいけど、笑って観られる映画だったかも。
 最近、引っ張りだこの福士蒼汰クン、「チュ~」って頑張っていたけれど、
 猫に鈴付けてないやん(笑) なんでバスケのリングなん?

 ま、マトリョーシカは中からいくつも出てくるので不気味は不気味。
 でも、最後のバー・アイスのオチはだだ漏れ(笑)
 やはり見所は、こちらも引っ張りだこの染谷将太クンと、何だか『るろうに剣心
 シリーズを引きずりながらの神木隆之介クンだっただろうか。
 間が抜けているといえば、その一言で終わってしまう映画かもしれないし、
 三池監督だから、まだ何か変化オチを用意しているというちょっとした期待感は、
 残念ながらあとの祭りとなってしまった。

  やっぱ、予告編と監督だけで観たらあきまへんわ(笑)


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「菊花壇展」②/新宿御苑(201... | トップ | 『天才スピヴェット』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事