京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『アジョシ』

2011-09-25 00:09:25 | 洋画

 

 

□作品オフィサルサイト 「アジョシ
□監督・脚本 イ・ジョンボム
□キャスト ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、ソン・ヨンチャン、キム・テフン、タナヨン・グォングトラクル

■鑑賞日 9月17日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 前作『母なる証明』で無垢で陰のある青年を好演したウォンビンが、
 今回は同じ陰があるものの、少女を救出するために命がけの戦いに挑む元特殊要員を演じている。

 この映画の前に『アンフェア the answer』を観ていたが、
 まさか“痛い”映画が続くなんて(笑)

 この映画、韓国では2010年の年間興収1位を記録した作品だ。
 主役のウォンビンに加え、不遇の少女ソミを演じるキム・セロンの演技が心を打った。
 いっそテシク(ウォンビン)に育てられ、あの名作『レオン』のマチルダみたいだったら、
 なんて心の隅で思いながらも観ていた。

 登場人物の設定も、もしかしたらテシクの隠された過去と同様に、それぞれ心に深い傷を負っているのかもしれない、
 負う側の刑事・キム・チゴン(キム・テフン)や、マンソク兄弟側についたベトナム系の殺し屋
 ラム・ロワン(タナヨン・ウォンタラクン)がそうかも。
 テシクもロワンも状況は違えどもソミからネイルアートをしてもらっていたけれど、
 最後になるかもしれないソミをきっとロワンは助けるだろうなぁと思えたところは、
 冷酷でありながらも片隅に優しい心を仕舞い込んでいたんだから。
 ソミに出会って大人が振り返る瞬間だとも思えた。

 
純真な心のソミに、
 「アジョシを嫌いになったら、わたし、好きな人が一人も居なくなってしまう」と
 言いながら泣かれたら、観てる当アジョシ(おじさん)は涙腺が開きっぱなし(笑)
 年齢は違えども寡黙なテシクと、孤独なソミは唯一無二の友だち。
 ダンサーの母親が組織から盗んだ麻薬が原因でソミは誘拐されてしまう。
 それを知ったテシクは麻薬売買や、臓器売買等々、手段を選ばぬ組織に
 一人で立ち向かう。ここで見せるウォンビンが鍛え上げられた肉体は凄い。
 兵役の現場で鍛えあがられた肉体を今も維持しているのだろうか。
 少し変わった腹筋の付き方が気になったが(笑)

 
それにしてもR-15かなりのバイオレンス・アクションが観られるが、
 相変わらず韓国物ってえげつない感じの描写が多いなぁ・・・。



コメント (10)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« トリック&ユーモア展/横須賀... | トップ | 「カップヌードル ミュージア... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2011-09-26 10:48:49
すみません、間違えてまた送っちゃいました。
削除してくださいね。

アンフェアは観てないんですがあちらもイタイのですか?
ウォンビンのアクションに釘付けでした。
ソミ役の子も泣かせる演技しますよねぇ。
肉体美~ (cyaz)
2011-09-26 12:19:58
yukarinさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>削除してくださいね。
了解しました^^

>アンフェアは観てないんですがあちらもイタイのですか?
凄く痛いです、死体が(笑)

>ウォンビンのアクションに釘付けでした。
凄い肉体でしたよね~

>ソミ役の子も泣かせる演技しますよねぇ。
最近は日本もそうですが、子役の当たり年ですかね^^
イタイ イタイ! (mayumi)
2011-09-27 16:56:47
あまりお好みではありませんでしたか?

もうホント 痛いんですが、個人的には あまり嫌じゃありませんでした。
ウォンビン、キム・セロンは もちろんですが、キム・ソンオが印象的でした。

ソミ、ロワンのおでこに絆創膏を貼っておいて良かった☆
寸前で~ (cyaz)
2011-09-27 17:36:07
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>あまりお好みではありませんでしたか?
痛いのはやはり(笑)

>ウォンビン、キム・セロンは もちろんですが、キム・ソンオが印象的でした。
そうでしたね^^

>ソミ、ロワンのおでこに絆創膏を貼っておいて良かった☆
ですよね~
子供の純真さが消え行く命の火を寸前で食い止められましたからね!
TBありがとうございます。 (しんちゃん)
2011-10-02 14:23:24
TBありがとうございます。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

私のブログにもTBしていただいたのですが
2回来ていましたので、1つは削除させていただきました。
ご了承ください。
こちらこそ~ (cyaz)
2011-10-03 08:20:06
しんちゃんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつもご覧いただき、ありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ^^

>私のブログにもTBしていただいたのですが
2回来ていましたので、1つは削除させていただきました。
それはすみませんでしたm(__)m
お手数お掛けしました。
ご了承ください。
素晴しい作品だー (q 目が感情を表す)
2011-10-03 10:59:25
これまた素晴しい作品だったわ
このアクション すげぇ
ウォン・ビンのアクション
形や一瞬一瞬の動きがびしっっとしてるのがまたイイ
ウォン・ビンが飛び降りると、カメラも一緒に・・・ 
カメラワークも楽しんだわっ
単にアクションだけじゃなくて
演技も良かったわね~
ウォン・ビンの目の演技で感情の動きが現れてたし
ワル好き悪役大好きとしては
悪役が“悪”に徹しているのもツボ
マンシク兄の不気味さは素敵っ
ワイルドボディ~ (cyaz)
2011-10-03 12:34:08
qさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ウォン・ビンのアクション 形や一瞬一瞬の動きがびしっっとしてるのがまたイイ ウォン・ビンが飛び降りると、カメラも一緒・・・
確かにウォンビンの肉体とアクション、楽しませてもらいました^^
 
>ウォン・ビンの目の演技で感情の動きが現れてたし
あれは兵役で何か得たのでしょうか?

>ワル好き悪役大好きとしては悪役が“悪”に徹しているのもツボ マンシク兄の不気味さは素敵っ
そこでしたか^^
でも、あっちの悪役ってパターン似てますねぇ(笑)?!
この映画の (sakurai)
2011-11-16 21:42:19
ために、格闘技とアクションを徹底的に、鍛え、かなりの年月を要したそうですから、あの体型はその賜物だと思います。
韓国の役者さんってのは、取り組み方への姿勢が半端ないと思いますが、それって大事ですよね。
何はともかく、昔から見守ってきたおばちゃんとしてはこんだけ活躍されると、ちょっと複雑・・。でもでもでも、眼福でした!
好きです~ (cyaz)
2011-11-17 12:34:55
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>格闘技とアクションを徹底的に、鍛え、かなりの年月を要したそうですから、あの体型はその賜物だと思います。
まさにそうですよね~
安藤クンもこれぐらいの腹筋は欲しかったですね(笑)

>韓国の役者さんってのは、取り組み方への姿勢が半端ないと思いますが、それって大事ですよね。
仰るとおりだと僕も思います。
みんなハングリーですよね^^

>何はともかく、昔から見守ってきたおばちゃんとしてはこんだけ活躍されると、ちょっと複雑・・。でもでもでも、眼福でした!
そっか^^
少しイケメン路線を斜めに走るウォンビン、
男性ですが・・・好きです!

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

39 トラックバック

アジョシ/??? (LOVE Cinemas 調布)
2010年に公開されナンバー1ヒットを記録した作品。主演のウォンビンは韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞で主演男優賞を受賞した。心に深い傷を負った男がとある少女と心を通わせ、その少女がマフィアに浚われると彼女を救うために完全と立ち向かう。少女役は『冬の小...
「アジョシ」 瞳の演技 (はらやんの映画徒然草)
ウォンビン主演の韓国映画「アジョシ」を観てきました。 社会の片隅で静かにひっそり
劇場鑑賞「アジョシ」 (日々“是”精進! ver.A)
“おじさん”処刑人の誕生・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109200003/ アジョシ オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.09.13 V.A. エイベックス・エンタテインメント...
アジョシ/ウォンビン、キム・セロン (カノンな日々)
公開されるのが待ち遠しかったですよ。やっと日本でも公開を迎えましたね。『冬の小鳥』での大人顔負けの熱演で脚光を浴びたキム・セロンちゃんが、大スターのウォンビンと共演し ...
『アジョシ』 ('11初鑑賞125・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:30の回を鑑賞。
アジョシ (to Heart)
原題 THE MAN FROM NOWHERE 製作年度 2010年 製作国・地域 韓国 上映時間 119分 監督 脚本 イ・ジョンボム 出演 ウォンビン/キム・セロン/キム・ヒウォン/キム・ソンオ/キム・テフン/ソン・ヨンチャン/タナヨン・ウォンタラクン 2010年に韓国で公開され、その年のナンバ...
アジョシ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 16:25~ 丸の内TOEI? 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『アジョシ』公式サイト 「グロリア」みたいに子供と逃避行をしながら守り続けるのかと思っていたのだが、悪の組織に角膜提供要員として攫われ...
「アジョシ おじさん」感想! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
日本上映まで待ちきれなかったので、DVD+シナリオをコツコツ翻訳しながら見てしまいました。
「アジョシ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ウォンビン、かっこいい。キム・セロン、いじらしい。 その通り。残念ながらそれ以上の深みはなかった。 また、出た。いつものあまのじゃく。 おじさんと少女の組み合わせといえば、「シベールの日曜日」の昔からジャン・レノとナタリー・ポートマンの「レオン」に至るま...
映画レビュー「アジョシ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アジョシ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆ウォンビンがアクションスターとして新しい魅力を見せる。孤独な男と少女の心のふれあいが切ない。 【65点】 都会の片 ...
■『アジョシ』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:韓国映画、イ・ジョンボム監督、ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、 ソン・ヨンチャン、キム・テフン出演。
アジョシ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ウォンビンが元暗殺専門特殊部隊員で、芸術的といっていいアクションシーンを見せる。物語の内容は非常にハードで、麻薬取引や臓器売買までなんでもありの犯罪組織は冷徹だ。そんな組織にさらわれた少女(キム・セロン)を救うために、とても人間業と思えないウォンビンの...
アジョシ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE MAN FROM NOWHERE】2011/09/17公開韓国 R15+ 119分監督:イ・ジョンボム出演:ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、キム・ソンオ、キム・テフン、ソン・ヨンチャン、タナヨン・ウォンタラクン 『母なる証明』に続いて復帰2作目となるウォンビン主演のサ....
アジョシ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 雰囲気ある作品世界をデフォルメされた脇役陣がパロディに?
アジョシ (とりあえず、コメントです)
昨年、韓国で大ヒットしたウォンビン主演のサスペンスアクションです。 予告編を観た時から、凄そうな映画だな…観たいなと思っていました。 予想以上に凄いアクションと子供たちを取り巻くハードな展開にスクリーンから目が離せませんでした。
アジョシ (ともやの映画大好きっ!)
(英題:THE MAN FROM NOWHERE) 【2010年・韓国】試写で鑑賞(★★★★☆) 第47回韓国アカデミー賞(大鐘賞)、主演男優賞・視覚技術賞・編集賞・人気俳優賞の4部門を受賞。 第8回大韓民国映画大賞、主演男優賞・主演女優賞・撮影賞・照明賞・作曲賞・視覚技術賞・編...
「アジョシ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・韓国/配給: 東映TRY△NGLE 原題:???  (英題: The Man from Nowhere)監督:イ・ジョンボム 脚本:イ・ジョンボム 武術監督:パク・ジョンリュル 2010年
アジョシ (心のままに映画の風景)
孤独な少女ソミ(キム・セロン)は、隣で質屋を営むテシク(ウォンビン)を“アジョシ”と慕い、何かと店に入り浸っていた。 ある日、麻薬中毒の母親とソミが何者かに誘拐されてしまう。 ソミを救い出すた...
イ・ジョンボム監督 「アジョシ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
かなり前から劇場にかかる予告編で気になってた作品 私自身、韓国映画を劇場で観るのは初めて どんなんだろ? 韓国で2010年、数々の映画賞を受賞 台風一過の今日、公休、そして明日から連休のため、給料が早めに入ったので、女房から小遣いも貰えたので観てきまし...
隣の家のおじさん/または、ウォンビンがカッコよすぎる件について~『アジョシ』 (真紅のthinkingdays)
 THE MAN FROM NOWHERE  ソウルの古いビルで質屋を営むテシク(ウォンビン)は、隣の部屋に住む少女 ソミ(キム・セロン)に「アジョシ(おじさん)」と呼ばれ慕われていた。  2010年、韓国...
『アジョシ』 (こねたみっくす)
韓国のダークナイト、隣の家のおじさん、それがチャ・テシクことウォンビン。 もはや韓流四天王と持ち上げられていたのは過去の話。黒服に包まれた細く引き締まった肉体で繰り広 ...
アジョシ(2010)☆★THE MAN FROM NOWHERE (銅版画制作の日々)
 隣のおじさんというより隣のお兄さん。 評価:+5点→85点 ウォンビン大好き いやあウォンビン、格好良すぎ私はファンになりました!! 正直言って私、キム・セロンちゃんになりたいです。 母なる証明でのウォンビのあのキャラが強く残っているので、今....
■アジョシ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第239回「彼は役者として一皮も二皮も剥けたのではないか?」 今日は2本の映画でどちらを観ようか悩みました。その作品とは「アンフェア」と「アジョシ」の2本です。かたや「アンフェア」は1作目の時に痛い目を見た作品。かたや「アジョシ」は当たりはずれが予想で...
アジョシ/ The Man from Nowhere  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 韓国で去年大ヒットしたサスペンスアクション。 公開前から気になっててやっと時間が合ったので観て来た☆ 「母なる証明」で俳優復帰したウォンビンは本作で韓国のアカデミー賞・大鐘賞 主演男優賞を受賞。 ...
アジョシ (Memoirs_of_dai)
魅せるウォンビン 【Story】 過去が原因で心に闇を抱え、街の片隅で質屋を営んで生きる男テシク(ウォンビン)を隣に住む孤独な少女ソミ(キム・セロン)はただ一人の友達として慕っていた。そんなあ...
「アジョシ」  (俺の明日はどっちだ)
都会の片隅で質屋を営み、世間を避けるように生きている男、テシク。過去のある事件が、彼から夢も希望も、未来すらも奪ってしまった。テシクの隣に住む少女ソミも、いつも一人ぼっちだ。クラブダンサーの母は、娘の世話よりも自分の人生に忙しい。ソミはテシクを“アジ...
アジョシ (C note)
ウォンビン、いい男すぎ!! (アジョシ 公式サイト)
No.262 アジョシ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「母なる証明」のウォンビンと「冬の小鳥」で絶賛された子役キム・セロンが共演し、2010年韓国で630万人を動員したサスペンスアクション。過去のある事件をきっかけ ...
『アジョシ』を銀座シネパトス3で観て、直線な映画だなあふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆今時こんな単純なアクション映画をよくぞ作った】 今時、珍しいくらい単純なアクション映画。 近親者を拉致された男が、その特異な能力によって、 拉致 ...
アジョシ (迷宮映画館)
これだけカッコよくされたら、文句なし!それがまた似合っちゃうのがニクい。
アジョシ (がらくた新館)
韓国のイケメン、ウォンビン主演のサスペンス・アクション。『ブリッツ』を観た翌朝に
アジョシ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アジョシ '10:韓国◆原題:THE MAN FROM NOWHERE◆監督:イ・ジョンボム「熱血男児」◆出演:ウォンビン、キム・セロン、キム・ヒウォン、ソン・ヨンチャン、キム・テフン◆STORY◆町の片隅で ...
アジョシ (食はすべての源なり。)
アジョシ ★★★★★(★満点!) 2010年韓国No.1ヒット作。 元祖、韓流四天王の一人ウォンビンが、隣に住む少女を救うために、犯罪組織との戦いに一人で挑む元特殊要員テシクを演じています。 やばい今年No1映画かも。 ...
映画「アジョシ」批評! 昨年度韓国NO.1ヒット作(◎´∀`)ノ (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
昨年度韓国NO.1ヒット作となった 「アジョシ」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 2月
アジョシ (銀幕大帝α)
THE MAN FROM NOWHERE/10年/韓国/119分/サスペンス・アクション/R15+/劇場公開 監督:イ・ジョンボム 脚本:イ・ジョンボム 出演: ◆ウォンビン…チャ・テシク 過去出演作:『母なる証明』 ◆キム・セロン…ソミ ◆キム・ヒウォン…マンソク(兄) ◆キム・...
アジョシ (いやいやえん)
ウォンビンが激しく格好いい、これには惚れる! 心に闇を抱えた男と、家庭に問題を抱えた少女との交流を軸に、韓国の暗い裏組織との関連性をもバイオレンスに描き出す。 銃撃戦、肉弾戦、ナイフとどれも堪能できて
アジョシ (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 2010年に韓国で公開され、その年のナンバーワンヒット作となり、韓国の アカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞を受賞したほか、計8部門に ノミネートされたアクションムービー。 心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女の...
映画 『アジョシ』 (向う岸)
アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]ウォンビン,キム・セロン,キム・ヒウォン,キム・ソンオ,キム・テフンHappinet(SB)(D) allcinema 『アジョシ』 なついてくる近所の少女が、母親と共にさらわれた。 男は彼女らを取り戻すため、麻薬組織を追う。 ....
映画評「アジョシ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年韓国映画 監督イム・ジョンボム ネタバレあり