京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

祈りをこめて

2005-02-10 | 映画関連
昨年の僕が観た映画の中で邦画のベスト1に上げた作品『父と暮らせば』。
この映画の監督である黒木和雄氏(74)が、10日、広島市中区・平和記念公園に立つ「原爆の子の像」を訪れ、上映館の一つ、岩波ホール(東京)に観客から寄せられていた約8万8000羽の折り鶴をささげたそうです。
 岩波ホールでは、昨年7月~12月までこの映画をを上映し、岩波ホール側が「核兵器のない世界を願って鶴を折りませんか」と観客に呼び掛け、集まった折り鶴をロビーに展示していました。
ホール内で鶴を折っている人、またその千羽鶴がロビーに展示しているのも見ました。

千羽鶴については『父と暮らせば』のHPの「折鶴に願いを託して」で次のように書いてあります。
 折り鶴は日本の伝統的な文化である折り紙の一つですが、今日では平和のシンボルと考えられています。 そのようになったのには、被爆から10年後に亡くなった少女、佐々木禎子さんが大きくかかわっています。 佐々木禎子さん(当時12歳)は、広島で2歳のときに被爆しましたが外傷もなく、その後元気に成長しました。 しかし、小学校6年生の秋(1954年)に突然、病のきざしが現れ、翌年2月に白血病と診断され広島赤十字病院に入院しました。 禎子さんは回復を願って包み紙などで鶴を折り続けましたが、闘病生活の後、1955年10月25日に亡くなりました。 禎子さんの死をきっかけに、原爆で亡くなった子どもたちの霊を慰め平和を築くための像をつくる運動が始まり、全国からの募金で平和記念公園内に「原爆の子の像」が完成しました。 その後この話は世界に広がり、今も「原爆の子の像」には日本国内をはじめ世界各国から折り鶴が捧げられています。
  (参考:広島市HP http://www.city.hiroshima.jp/shimin/heiwa/papercrane.html)

 黒木監督は、慰霊と平和の願いがこもる折り鶴を前に「これほど多くの人が戦争について考え、平和を望んでいる。 戦後60年の曲がり角で不安と危機感を抱いていることが伝わってきた」と話したそうです。

この映画は登場人物も少なく、殆どが宮沢りえちゃんと原田芳雄さんの二人の親子の会話で成り立っている映画です。 多少広島弁が聞き取りにくい部分もありましたが、時代背景、歴史的事実、あらゆる面から日本人が決して忘れてはいけないものを、この映画は語っています。 今更ながら思い出すと涙が出てくる映画です。 宮崎監督がベネチアの「栄誉金獅子賞」をもらったというニュースの影になりましたが、僕にとってはほんの僅かのニュースでしたが、とても心温まるニュースでしたし、できればまた劇場で観たい作品です。 東京では3月5日~4月8日まで同じ岩波ホールで再上映が決まったそうです。 観ていない方は是非観ていただきたい作品です。
コメント (30)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 映画好きにこんなバッグはい... | トップ | 『アレキサンダー』 »
最新の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見に行きます(^^) (kanon)
2005-02-11 04:11:01
cyazさんがお奨めの「父と暮らせば」を是非見たかったんです!

でもDVDはまだ出てないとか???

今回の再上映はラッキー(^:)



岩波ホールと言えば「山の郵便配達」と「おばあちゃんの家」をみました!

どちらも良かったけど、特に「山の郵便配達」はHPを見て泣いて、もち映画を見て泣いて、

帰りにパンフを見て泣いて、ぼろな泣き。。。

山と父子と犬しかでなくって、ただ郵便を配達するだけなのに、めちゃくちゃ良かったです!



主役のお父さんが気に入って「紅いコーリャン」を見て、監督が気に入って「鬼が来た」を見て・・・

中国映画は素晴らしいと感激もひとしお(^^)

なんて、映画の話は尽きないですね(笑)



「父と暮らせば」を見たら感想また書き込みしますね。

(今度は補助椅子じゃないところで見たい←

だって、お尻とっても痛いんです‘‘)

2つ、折ったので… (あかん隊)
2005-02-11 09:55:51
cyazさん、おはようございます。

このところず~っと完徹続きです。



目はドライアイになって、涙がとまらない(泣いているわけぢゃなく…)。

頭もぼ~~~~っとしています。どうなるのだろ~。



そんなことはどうでもいいので、

祝! 『父と暮らせば』再上映!

前回の時は、私も折り鶴をふたつ折ってきたので、それは広島に持って行ってもらえたのだ…と嬉しくなりました。

情報を、本当にありがとうございます。

広島。一度は行かなくちゃ、と思います。
ぜひぜひ~ (cyaz)
2005-02-11 11:22:44
kanonさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



はい、昨年の邦画では一押し作品です。

テーマはテーマとして、殆ど二人の会話で織り成すストーリーに

どっぷり浸ってしまいました。

役者の実力はこういう映画で試されるなぁと

ほんとに思いました。

それぐらい、りえちゃんも芳雄ちゃんも、

最高の演技を見せてくれています。



「あばあちゃんに家」はぼくも観ました^^

やはりオススメの映画です。

シンプル・イズ・ベストな映画です。

岩波ホールで上映される映画は、映画を観る環境としては

あまり良いとは言えないものの、

上質の映画をセレクトしてくれていることには賛辞を贈ります!



是非お尻の痛さは忘れますので(笑) 、

御覧になって、感想お聞かせ下さいませませ^^
お~ (cyaz)
2005-02-11 11:26:10
あかん隊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



徹夜続きで大変ですね^^

体、壊さないでくださいね!



鶴、折られましたか!

ひとりひとりの願いが届けばいいですよね~♪



もっともっとこの映画が、誰でもが観れる環境を

作って欲しいものですね!



広島、二度行きましたが、

原爆ドームには行ったことがないです。。。
TBいただき、ありがとうございます (Tamtarm)
2005-02-12 11:48:32
「父と暮らせば」は、非常に見たかった映画です。

8月5日と6日は、広島ではこの映画の特集番組も組まれていたぐらいなのですが、映画の中の宮沢りえさんのセリフで、心に突き刺さるセリフがあったからです。

結局当時は、色々と都合をつけられなかった為に見る事は出来なかったのですが、特集でかいつまんで見ただけでも、あの2人の演技には力があったと思います。



数年前に広島でオフ会をやった時に、他地方の方々はやはり原爆ドームには特別な物を感じた様です。

広島では、当たり前の様に昼休み等を過ごしたりするスペースでもある平和記念公園。

肝心な地元の人間の意識の方が、鈍くなっているのかも知れません。



こちらからもTB入れさせていただきます。
TBありがとうございます (GAKU)
2005-02-12 12:23:48
初めまして。

実をいうと、「父と暮らせば」は見たい、見たいと思いつつ、見逃してしまった作品です。だから黒木和雄氏の宮崎の講演をインターネットで読んだときは、やっぱり見に行っておけばよかったと思いました。

直接戦争を体験された人だからこその話に、こういう人の体験や思いを僕らがどうやって継承していくか、とても重要な問題だと感じています。
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-02-12 12:46:59
いつもありがとうございます。

このところ忙殺されてblogの更新も

滞りがちでしたが、いよいよ復活の兆し!



またいらしてください。m(_ _)m
TBありがとうございます” (mignon)
2005-02-12 12:58:47
はじめまして。

TBありがとうございました!

映画お好きなんですね。わたしもご覧のとおり、主にフランス映画が好きですが、なかなか日本では上映してくれないので、パリで観ているのはかなり幸せなのかな、と。



「父と暮らせば」はわたしも昨年邦画№1でした。泣けますよね。宮沢りえもいろいろな賞を獲ってくれて嬉しいです。

岩波といえば「眠る男」を観た思い出があります。

またよろしくお願いします!
TB有り難うございます (海音)
2005-02-12 16:03:56
 こちらでもTBさせていただきました。

 戦争を考えるのにとても良い映画でした。どんなことでも、実体験出来ることって殆ど無いので、このように原爆被爆後、一人の生き方の大きな戦争の記録がどんなに新鮮に頭の中に入り込みやすいか。それをこんな形に良い映画に育てて貰って、今見ることが出来るのですから、映画って本当にいいものですね。
Unknown (milou)
2005-02-12 16:56:01
はじめまして。トラックバックありがとうございました。



>これほど多くの人が戦争について考え、平和を望んでいる。 戦>後60年の曲がり角で不安と危機感を抱いていることが伝わって>きた」と話したそうです。



私もその一人でございます。。

是非、観たい。絶対観に行きたいと思います。

コメントを投稿

映画関連」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

父と暮らせば (In My Time)
映画「父と暮らせば」で、観客からよせられた約8万8千羽の折り鶴が、広島平和記念公園の“原爆の子の像”にささげられたと言うニュース。 平和な世の中を守っていく事の大切さを見る人の心に大きく訴えたこの映画の力だろう。 あの大戦後60年と言う節目。 戦争を経験
[IZ]「9条変えたら憲法は死滅する」黒木和雄監督が講演(宮崎) (Internet Zone::Movable TypeでBlog生活)
各地で「九条の会」がつくられ、活動を始めていますが、29日、宮崎で「みやざき9条の会」の発足会で、映画「TOMORROW/明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮らせ...
父と暮らせば (cococo)
秀作でした。 CGに加工されたと思われる画面にも、 違和感はあまりありませんでし
暮しの手帖~「父と暮らせば』 (▼milou)
暮しの手帖から。。。 『暮しの手帖」は、戦争の愚かさ。悲惨さを伝え、平和の、暮しの大切さを願ってきました。 今年は戦後60年。昨年のイラクへの自衛隊派遣をはじめ、沖縄の米軍階上基地の計画など、 わたしたちの暮らしをおびやかす動きが目立ちます。 そこでこの一.
父と暮らせば (海を見ていた)
 凄いお芝居を見せて貰っちゃった。あんなに長いセリフと二人芝居でこんなに宮沢り
「父と暮せば」黒木監督、8万8千羽の折鶴を手に広島へ (tamyレポート)
 昨日11日、日本で最も歴史のある映画賞「第78回(2004年度)キネマ旬報ベス
宮沢りえさんブルーリボン賞主演女優賞  (tamyレポート)
 1日、東京映画記者会(在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)が選出する第47回
力を持つメッセージ (In My Time)
映画「父と暮らせば」がアメリカで初上映されたらしい。 過去にもこの映画の記事を書いた事があるが、僕はこの映画はまだ見ていない。 だが、映画に押し付けがましさがない分、力を持っている映画ではないだろうか、そう思っていた。 もちろん、映画が完成に至るまでは
被爆60年ヒロシマ原爆の日 (黍若日記)
1945年8月6日午前8時15分米軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」により、原子爆弾「リトル ボーイ」が投下されました。 60年前の今日の事です。世界中の人が決して忘れてはならない日です。もう二度と悲劇を繰り返してはならない。そう思い返すためのとても大切な日です。
「サダコの折鶴」 (天上のシンフォニー制作委員会:日記)
ヒロシマの平和公園には、「原爆の子の像」というのがあります そのモデルになったのは、被爆から10年後に白血病になり、千羽鶴の祈りもむなしく12歳で世を去った佐々木禎子(さだこ)さんです ? そのサダコさんのことは、「サダコと折鶴の物語」となって世界に広まってい
今日こそ観たい一本~父と暮らせば (凛大姐&小姐的極楽日記!)
本日は8月6日・・・。そう広島に原爆が投下された日です。 終戦から60年、「還暦」だの、「もう戦後ではない」など という言葉が流れる今こそ観たいのがこの映画。 私は、今年の2月に滋賀会館シネマホールで観たんですけどね。 半年も前なので、細かい部分に間違いがあった
10:44 (アンチ・ハレルヤ♪)
6日後、それは実に晴れた日だった…。 皆がどう教えられたのか知らない。 皮肉にも人工の”雲”があたしらを救ってくれたこと。 皮肉は皮肉を呼ぶ。…それは78分後のこと。 だからあたしには特別な感情がある。 この時期には決まって毎年聞かされた。
「60年目」のわたしたち・・・ (「緑」の基地プロジェクト・運営コミュニティ...?)
被爆から60年を迎えた、日本。 年々温暖化する中、酷暑な夏を迎えています。
初めまして、4∞4(よんよん)です。 (天上のシンフォニー制作委員会:日記)
今回、町田さんたちが広島入りされるという情報は、富士子さんから頂いていました。 本当は、6日にどこかで合流できれば、と誘ってもらってたのですが迷っていて、当日になって 「やっぱり今日は家族や近所の人と過ごそう」と答えが出ました。 私の家族は原爆で7人
日本発、世界に向けて、 (天上のシンフォニー制作委員会:日記)
町田です。東京(自宅:豊春館)に戻りました。 皆さん、いつも、ありがとうございます。     「広島」平和記念公園にて、8月6日午前8時15分、“祈り”を捧げ、 本日、8月9日午前11時02分に「長崎」を“思い”祈念いたしました。    「広島」で出会っ
世界共通の願い、そして 「思い」 (天上のシンフォニー制作委員会:日記)
☆平和を実現したいという願いは世界共通なんですね☆ トラックバックさせていただいたみなさーーん、ありがとうございますm(--)m そして、コメント・TBくださったみなさーーん、ありがとうございますm(--)m また、読者登録してくださった方、ありがとうございますm
 (伯宮幸明コラム)
864と888の祈り、ありがとうございました。広島には多くの人が集まったそうですね。また、その他全国各地で祈りに参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。これだけの人たちが想いを合わせて何かをしたことは、地上のシンフォニー史上初めてのことなので
父と暮せば (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」に続く黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”完結編。 主な登場人物は宮沢りえと幽霊となった原田芳雄だけ。そして2人の演技というよりセリフがよい。 井上ひさし 原作の舞台劇の映